« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

ブルーステル(その3)-完成♪

Brewster B239 Finnish Air Force flown by Ens L. Nissinen

ほい、最速自己記録!

ブルーステル完成です。

以前に1/48タミヤの米海軍バージョンを作っているので2階級制覇です(←なんのこっちゃ)

このキット、WEBの完成品は機番号4のユーティライネン曹長機ばかりなのですが、へそ曲がりとしては機番号3のNissinen機(ニッシネンでいいのかな?ニッカネンみたいw)にしてみました。

1

空のビヤ樽

いやいや

空飛ぶカモ

失礼!

空の真珠と讃えられたブルーステルです。

フィンランドは野村再生工場(←古っ)だったのか?w

2_2

ちょっと短めの胴体は縦安定に不安を感じます。

輸出するにあたりエンジンもダウングレードされてるのにね。

3

はうっ、排気管塗り忘れたww

まあ、いいか(こら!)

4

白状しますと塗装図をごっちゃにして見てしまったので胴体の黄帯の幅が違ってます。

まあ、いいか(よくねーぞ)

| | コメント (14) | トラックバック (1)

宝塚記念

競馬バトルも最終戦、

トップを取るためには持ちポイント残22,000を50,800以上にする必要が(汗)

初めてオッズから確認・・・

2000ポイントで10点買うとして30倍以上の中穴狙いか

う~む、無理だ。

どうしよ・・・

単勝はエイシンフラッシュに2000ポイント

これじゃ足りないので

馬連④-⑧に8000ポイント

残り12,000ポイントで

①-④

④-⑨

④-⑩

④-⑭

⑧-⑩

⑨-⑭

に各2000ポイント

く、くるし~

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ブルーステル(その2)

さて・・・と

合宿のお題のブルーステル。

やると宣言したからには完成させなければ男がすたる?

このまま蜜柑山にいくと100%完成しないので続けます。

イエローの帯と下面色までは現地で塗ったので上面色の塗り分けでいっ!

1

下面色のマスキングをしたらまずはグリーンを吹きます。

小池画伯の箱絵が格好いいので色をカーキ系に振りました・・・

あとは地道にマスキング三昧

ブラックは真っ黒だとアレなのでブラックグリーン+タイヤブラック

マスキングをはがします。

2

ちょっとグリーンが色褪せすぎですかね・・・

3

タミヤアクリルと水性ホビーカラーをごっちゃにしてますんでつやの具合が変なことになってますが最後にクリアーを吹きますので気にしない~

4

さ~てデカール貼るぞ(*^ω^*)ノ彡 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

模型ビンゴ-別名ロシアンルーレット(笑)

さて、

前回記事アップからもれたビンゴ景品&宿題キット・・・

ビンゴに当たるとお宝がもらえる・・・というコンセプトのはずですが、おおむねお宝5%、通常品45%、地雷50%の割合になってきており、さらにご指名キットが加わるので人によっては地雷原で爆死とあいなります(笑)

さらに欠席者からも送られてくるためお楽しみビンゴ→チキンレースまたはロシアンルーレット化するのが通例(笑)

というわけで今回の私の地雷達戦利品です。

1

↑正真正銘の地雷・・・これのためにわざわざ地雷を仕込む輩がいるんですよ。

ブログネタ専用キットですな(笑)

2

⊥閣下よりのご指名宿題キット・・・

これは地雷ではなくお宝なんですが全部使うようにとの厳命付き(汗)

これをやったら一年中フィギュア作り続けになりますなぁ、人形師免許皆伝は間違いないでしょうが・・・

3

ICMのLuchs・・・微妙だけど地雷です(笑)標識に『チェルノブイリ5km』とあるのが象徴的なキット・・・メルトダウン必至キット

4

HAWK75とモホーク・・・下のキットは私持ってますって笑)

このキット達、世界のマイナー空軍デカールがついてますので私的にはお宝です。

5

・・・私がこういうのが好きだとバレてますなぁ(笑)

って言うか自分で選んだんじゃないんですけど~

このほかには自分で選んだICMのI-15があります・・・

今年の宿題は鉄火ちゃんの指定で『変な偵察機』に決まりました(笑)

ブルーステルの仕上げのあと作ります・・・

・・・ホントはアレが欲しかったのに(ブツブツ)

**************************

皆様のアップ記事を見てたんですが塾長様のラプター押さえそこなった方がいるようなので大きめの画像を上げときましょう

10

*クリックすると別窓で大きくなります

集合写真もね

6

目線を入れるのが勿体無い、みんないい笑顔なんです。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

模型合宿&テキサン完成

年に一度の模型合宿だす。

早いもので私も今年で三回目の参加であります。

今年は様々な事情で不参加を余儀なくされた方が多く、そういう意味ではちょっと残念なことになりましたが、内容は例年通り(ある意味例年以上に?)に盛り上がりました。

今回はSAIUN料理長の下で炊事班として働きました。

手馴れた手順で品数を増やしていく様はまさに歴戦のつわものですな(尊敬)

女子高生ももちゃんのヘルプも入り、わたしはイモの皮むきと皿洗いの刑(笑)

和気あいあいの宴のあとは花火&恒例のビンゴ・・・

人数は減ったはずなのに親切にも箱詰めキットを送ってくれる常連様のおかげでビンゴキットは凶暴さをさらに増したような気がする(笑)

私は今回逆ビンゴだけしか当たらなかったのにビンゴキット倍返しの刑にあってしまいました・・・

どうも喜んで貰っている輩と思われているらしく(←否定はできない)外国の古いキットが集中的に回ってきます(汗)

数が多すぎるので何を作るかも含めアップは次回(爆)

肝心の模型制作に関してははまあ、つわもの揃いなので完成、(あえて)未完成も含め無事に終了したと報告しておきます(笑)

1

コテージのデッキで列線を敷く模型群

2

懐かしの『ベルリンの黒騎士』♪

↓完成品ギャラリー

7

8

9   

それでは皆様、また来年お会いしましょう!

*******************************

おまけ

さて、二機持ち込んだ私のお題キットですが、予想通り一機しか完成しませんでした(笑)

3

細かい塗り分けはオミットしたのでご容赦を!

4

短い脚ですねぇ(笑)

げっ!ウインドシールドが浮いてるじゃんdownwardright

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ブルーステル

週末は恒例の模型合宿になるのですが、

今回は諸般の事情で出席者が少なくなってしまいました・・・

まじり先輩が盛り上げるため自発的に自分に4機のノルマを課しておりますので私も景気付けに合宿お題の1/72AIRをもうひと箱開けていきたいと思います。

ブルーステルB-239

本当はビンゴに出すつもりだったのですが保存が悪くデカールが死んでいて申し訳ないので自分で作ることにしました。

1

なかなか神経質な分割で合わせが気になったんですが思いのほか合わせはいいですね・・・

2

空の真珠と称えられたブルーステル・・・

空戦方法の違いなのか、運用思想の違いなのか・・・・

はたまた相手がナニ過ぎたのか(笑)

メッサーのグスタフに更新されるまで頑張り続けたということですが性能的には大戦間後期機の仲間・・・

3

P-36やハリケーンや96艦戦と大差ないはずなんですがね。

不思議な機体です・・・

この状態で持って行きます。

はて・・・作れるかな

| | コメント (12) | トラックバック (0)

赤とんぼ

さて・・・と

誰がなんと言おうと日本の練習機は黄橙色です(笑)

私の近辺ではいま黄橙色がプチブームですね・・・

所沢の展示機のT-6はだいぶ黄色に寄ったオレンジですが実際のところ当時の自衛隊の練習機はどんな色だったんでしょうかねえ。

というわけで旧軍の赤みの強い黄橙とは少し違うオレンジにして見ました。

画像だと色味が変わるのでアレですが・・・

1

なんかクリーム色に見えますが私の目にはオレンジです(笑)

どういう色補正が入るんでしょうか?

2

オレンジ一色だとすぐ塗り終わりますね♪

あとは防眩色のブラックを吹いておしまいです。

めっちゃストレスフリーモデリング。

これがプラモですね・・・

6/14補足

ネットで調べたところ再建当時の自衛隊の練習機の色は『日本通運』の色だったらしい(航空自衛隊のOBのお話)

アメちゃんの黄色ではなかったようですね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

T-6 テキサン

塗装前のこまごまとした準備

胴体下の着陸灯(信号?)は整形の邪魔になるのでモールドを削り、整形後ポンチで打ち抜いたアルミテープを貼ってみました。

1

集合排気管は前回の画像でもお分かりの通り浅かったので浦和工業のミニルーターで掘り込みます。

相手がプラパーツならばこの程度のトルクでも充分使えます。

2 

そして主翼の着陸灯、

面一にするため瞬着で固めてから整形→磨きのいつもの方式なんですが内側が曇ってしまいました・・・

3

こちらにもポンチで打ち抜いたアルミテープを使用しています。

さて・・・あとはキャノピーをマスキングすれば塗装できます。

4

できのいいキットだなこれ・・・

○○製とは思えない(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

合宿お題

フィギュアが決まらないので脇道にそれます(笑)

合宿用のお題キットを進めてみました。

今回のお題は1/72AIR

この前ちょっと画像を上げたテキサンの続き。

コクピの中身は良く出来てます。

塗り分けてシートベルトを追加しただけでいい感じ。

1

1/72なので迂闊にDUPするより塗装に集中した方が見栄えがいいかも(笑)

しかし、お題だからいきますがもう1/72のレシプロ単発機はヤバイです・・・

目が付いていきませんわ。

2

1/32専モデラーになろうかな(笑)

しかし、ハリウッド映画で零戦に化けたテキサンですが平面形は全く似てませんね(笑)

・・・M48パットンのタイガーよりは似てますけど(笑)

3

などととりとめのないことを考えながら無事士の字。

3時間で完成させるので塗装終了までいっちまいます。

塗装は赤とんぼオレンジ・・・

4

自衛隊機はスピナーが付かないのでカウンターウェイトをでっちあげ~

それでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DAK’S HQその10-進まぬフィギュア

フィギュア続いてます。

シュビムの運転手君、彼をキューベルの運転手に・・・と思ったんですがあまりにも格好がラフなのでお役御免にしましたw

整備兵にコンバートします。

1

ちょっと不自然なポーズですがなんとかします。

キューベル付属の立フィギュア・・・かれは作業の進捗を促す役ということで

2

『おらおら、さぼるんじゃね~ぞ』

そして汗拭きポーズのでくの坊・・・

3

あと一人いたんですが、どうしてもいい感じにならないので引退してもらいました・・・

代わりにトライスターのアフリカ軍団から一人リクルート

4

新しいキューベルの運転手・・・

将軍の従兵にふさわしい端整なポーズ(笑)

この項つづく・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

俺はロンメルだ!

というわけで

このタイトルでかんべむさし氏に繋がったあなたは立派なおやぢです。

将軍の仕上げをしています。

英軍からの分捕りもののゴーグル・・・

その辺にあった透明な板(コンビニ弁当のふた的なもの)を適当に切り出して使用しています。

1/35としては形にこだわりを出したくてもなかなかうまくいきません。

バージョン3で妥協しました(笑)

2

色を塗ると顔にいまいち鋭さが無いのが目立ちますね・・・

本当は贅肉の無い皮膚の薄い感じの顔立ちなんですけど。

騎士鉄十字章・・・

柏葉が付いてるはずですがモールドがないのでそのまま塗っておしまい。

1

真っ黒なのでハイライトをつけるためドライブラシと影付けを控えめに施してあります。

やっとこ一人おしまい・・・

進みませんねぇ~

| | コメント (13) | トラックバック (0)

眠い・・・

眠いです・・・

大体構想は纏まったのであとはしこしこと進めるだけなんすけど。

トシを感じる今日この頃。

やっと昨日の夜からフィギュアを塗りだしました・・・

タミヤのインストだとダークイエロー一色なんですが、

ダークイエローとデザートイエローをベースに退色感をだして行きます。

また、ジャケットは中途半端なグリーン・・・

もともとはグリーン系とライトカーキ系ということですが、

デニム地がまさにリアルサンドウォッシュで退色していく感じを表現できたらと思います。

1

おっと、将軍様だけはあつらえもののコートだった・・・

元々の指定では黒なんですが退色した黒にしてみます、

はっきりしないんですけどこのコートは皮製なんでしょうか?

それともウールかキャンバス製?

2

まだまだ、塗り込まなくちゃいけませんね。

中途半端な状態で申し訳なし・・・(←誰に)

3

予定ですとキューベルはジャーマングレーの上にサンド系の応急迷彩

シュトルヒはサンドの上にRLM65の蛇行迷彩です。

ううっ、想像するだに格好いい・・・

(想像するだけにしておいたほうが良かったりして 笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

安田記念

これは好きなレースですね♪

もしかしてドービルサミットはこっちに係るのか(笑)

どっちにしろ前回好みで行っていい結果だったから今週も個人的好み全開で

◎⑬ダノンヨーヨーを本命に押します。

理由は名前がかわいいからw

○⑯ジョーカプチーノ

そして押さえとして

⑩リディル

⑭リアルインパクト

⑰エイシンフォーワード

外枠攻めだぜぃ(笑)

5頭の馬連BOXに各300Pで~す。

計3,000P使用なのだ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »