« 合宿お題 | トップページ | 赤とんぼ »

T-6 テキサン

塗装前のこまごまとした準備

胴体下の着陸灯(信号?)は整形の邪魔になるのでモールドを削り、整形後ポンチで打ち抜いたアルミテープを貼ってみました。

1

集合排気管は前回の画像でもお分かりの通り浅かったので浦和工業のミニルーターで掘り込みます。

相手がプラパーツならばこの程度のトルクでも充分使えます。

2 

そして主翼の着陸灯、

面一にするため瞬着で固めてから整形→磨きのいつもの方式なんですが内側が曇ってしまいました・・・

3

こちらにもポンチで打ち抜いたアルミテープを使用しています。

さて・・・あとはキャノピーをマスキングすれば塗装できます。

4

できのいいキットだなこれ・・・

○○製とは思えない(笑)

|

« 合宿お題 | トップページ | 赤とんぼ »

模型-AIR」カテゴリの記事

コメント

ペース速ぇーぞ!!。 サクりんちょ。
テキサン、意外といいなぁ。アカデミの手放さなきゃよかったか?。
コレ 不細工だけど図面から漂うコンセプトがいいのよね。
30年代の構想だけど練習機としては質実堅固
未来の重戦闘機乗りの養成には最適カモ。
ヨミウリランドのテキサンの顛末はいいとして、、。
映画、何てったっけ。グレートエアレース?
Gee Beeの設定でテキサン出たときにや殺意をおぼえたぞ。w

投稿: apuro | 2011年6月11日 (土) 18時25分

apuro様、高等練習機の適性ってなんなんしょ?
初等練習機→失速特性のよさや操舵の安定性とか思いつきますけど…
スタントができて離着陸性能良好?
だったらゼロの練戦が一番だったりしてw

投稿: シロイルカ | 2011年6月11日 (土) 20時11分

各翼面からの気流の相互作用の有無。後退翼?=失速特性。
舵の面積、パワーウェイトレシオ。=安定性。
短いけども たしかな脚。
(下方視界が悪いからかも、、)
どっしりしてて頑丈。
バランス良さそじゃん。w

投稿: apuro | 2011年6月11日 (土) 22時04分

>テキサン...
製作お疲れさまです。

>着陸灯...
皇軍機でも陸軍機にはつきものの着陸灯ですが、やはりクリアパーツで作り替えると断然リアルさが違ってきますね〜(羨)。

48飛燕のあとくらいに挑戦してみようかな...♪

投稿: XJunで〜す | 2011年6月11日 (土) 22時10分

apuro様、各舵の面積が適切…はありそうですね、ゼロはエルロンの利きが良くないもんな。
あとはエンジンの信頼性か…
確か小福田氏の著作だったと思うんですがテキサンは地上滑走が難しかったと書いてありました…
短足のせい?w

投稿: シロイルカ | 2011年6月11日 (土) 22時44分

XJunで~す様、>着陸灯
セロテープ二枚重ねという手もあります。
簡単で見栄えが良いのでお勧め。

投稿: シロイルカ | 2011年6月11日 (土) 22時46分

これに日の丸となれば納得するしかありませね(笑)

隣町にあるやつは無塗装銀にカウリングがブルーでした。
多分普通仕様(笑)

投稿: ハヤテ | 2011年6月12日 (日) 00時11分

ハヤテ様、こいつときさらぎ号(キ-36)は似てるんですよ(笑)
現地で確認しましょう♪
ところで、きさらぎ号の塗装は灰緑ではなく銀ドープとしている製作例もあります。

投稿: シロイルカ | 2011年6月12日 (日) 07時08分

翼灯はまじめに作ったことがありませんので・・いつかしてみたいと思いますww

クリアパーツ苦手意識を何とかしなきゃ(涙;

投稿: SAIUN | 2011年6月12日 (日) 10時23分

SAIUN様、1/72をさくっと作るのもいいもんです。
気分次第でいきっまっしょ~(*^ω^*)ノ彡

投稿: シロイルカ | 2011年6月12日 (日) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/51914960

この記事へのトラックバック一覧です: T-6 テキサン:

« 合宿お題 | トップページ | 赤とんぼ »