« ブルーステル(その3)-完成♪ | トップページ | フィールドワーク&変な偵察機 »

変な偵察機(その1)-仮組み

変な偵察機です(笑)

もともとは⊥閣下の去年の(おととしだっけ)宿題キットのHiPM(だと思う)の1/48から始まったこと・・・

いつぞやのオフ会での会話

シロイルカ『あのキット、私が続きを作りましょうか?』

⊥閣下『あのキットは後は色を塗るだけだからつまらんので却下w』

シロイルカ『あれ、案外すきなんですよね~』

鉄火巻どん『私が次のビンゴで持って行きますよ♪』

*********************

というわけで、ちゃんと覚えていた鉄火様が私にビンゴでくれました(笑)

あれ?エアフィックスの1/72だったんだ・・・ふ~ん

箱を開けてしげしげと・・・

・・・・・・・・・・・・

Blohm und Voss Bv141

変な偵察機です(笑)

自然界で空を飛ぶものに左右非対称なものはありません(多分)

変態チックなドイツ兵器の中でも1、2を争う変態兵器です・・・

仮組みして見ましょう。

表面のモールドやパーツ割を見ると少なくとも30年以上は前のキットだろうと思います。

前面のキャノピーなんかは内も外も傷だらけなので磨き倒しました

どうせ合いなんていう概念はないんだろう・・・と思いながら組み立てていきますと意外や以外致命的に合いの悪い部分はありませんでした。

なかなかやるのうえあひっくす(笑)

じゃ~ん

1

サの字・・・もとい逆サの字になりました(爆)

2

1/72単発にしては大きな機体ですな・・・

3

お後がよろしいようで(テケテケテン)

|

« ブルーステル(その3)-完成♪ | トップページ | フィールドワーク&変な偵察機 »

模型」カテゴリの記事

コメント

>変な偵察機...
何を目的としたかわからんデザインですね。
左側(胴体側)が死角になるとわかっていて作るんだから、ホントドイツ人って恐ろしい。「力づく」っていう言葉はドイツ人のためにあるのではないかと思う昨今。

変態兵器を作っても本当に動かしちゃうところがなおコワイ。
閑話休題。

磨き倒したキャノピー(?)が模型映えしそうですね。

投稿: XJunで〜す | 2011年7月 2日 (土) 22時27分

どう考えればこういう発想になるのか?

う~ん、独逸人恐ろしや!
どう見ても理解出来ない形ですね(笑)

投稿: ハヤテ | 2011年7月 2日 (土) 23時50分

これを開発するドイツも凄いですが
キット化する当時のエアフィックスの開発担当者も
凄いというか相当な好き者と見ました(笑)

B&Vってジェット計画機でもやらかしませんでしたっけ?
幸い図面だけだったようですが(爆)

投稿: シミヤン | 2011年7月 3日 (日) 08時53分

最近ね、ドルニエを2日間連続で弄っていたら、多少モチベが回復してきますた、梅雨が明けるまでが勝負かもw
変な偵察機はキャノピーマスクがメンドーですな。
うーむ、先を越されるのは高速道路並みにロックオンしたくなるなぁ(笑)

投稿: ⊥TT | 2011年7月 3日 (日) 11時22分

これ、、アンバランスのバランスw。
定点観測にやもってこいなデザインだよね。
バンクしての右旋回なら下方視界はほぼフリー。
乗りたかねーけどw。

投稿: apuro | 2011年7月 3日 (日) 18時18分

XJunで~す様、理論的には説明できてもこの違和感は払拭できませんね。
飛ぶと言うことを証明したいがための試作品にしか見えません。

投稿: シロイルカ | 2011年7月 3日 (日) 20時34分

ハヤテ様、確かに…後世のウケ狙い?プラモデルメーカーへのサービス?だったりして(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年7月 3日 (日) 20時36分

シミヤン様、そういえばキャノピ位置が変なところに付いてる変なジェットを見たことあります…
エアフィックスのラインナップは大戦初期に重点が置かれてるような…やはりバトルオブブリテンですかね…
エアとマッチボックスで英独大抵の物は揃いますね。

投稿: シロイルカ | 2011年7月 3日 (日) 20時40分

おおっ!⊥TT様…プチ祭り宣言ですか(*^ω^*)ノ彡
私はイタレリの1/72ドルニエ持ってます(去年のビンゴ 笑)

投稿: シロイルカ | 2011年7月 3日 (日) 20時43分

apuro様、そうそう、逆に言うと左旋回は凄いGがかかって振り回されますね…
さらにバンクを取り過ぎると右翼端が失速してスピンに入りそうです。
戦闘機としては右側を押さえれば逃げられないカモでしょうかね~

投稿: シロイルカ | 2011年7月 3日 (日) 20時48分

日独ともに、大戦末期になると試作機の「ヤケクソ度合い」が桁ハズレになっていったような気がします。

でも、ドイツは一応「飛ぶモノ」であったり、「実戦化」したものもあったりするのは尊敬に値しますが、「そんないろいろやってる場合じゃないんじゃないの? Me262に絞ったら?」と誰も言い出せなかったのがもっとコワい。

投稿: XJunで〜す | 2011年7月 3日 (日) 23時01分

XJunで~す様、まあアメフトで言うと3rdダウンロング(いや4thダウンギャンブルか…)の局面ですから一発逆転しかなかったんでしょうね~
ウラニウム235セパレーションは日独も研究してたわけですから…
見事にターンオーバーされたわけですね。

投稿: シロイルカ | 2011年7月 4日 (月) 19時26分

やっぱりこれでしたか 空軍省の仕様が単発で
周囲の視角、射界が双発機なみという仕様に
忠実に作った機体ですね フォッケウルフFw189は双発にして採用されたのに比べると
頭が固いのか技術に自信があったのか ブロム アンド フォス は変わった会社です
エァーフィックスも自社ではこんな機体もキット化しますと広告を上げていました
楽しみですな。 

投稿: あきみず | 2011年7月 4日 (月) 22時29分

あきみず様、>要求仕様
ああ、そういうことだったんですね(納得)
三式艦上戦闘機の浮泛装置の話を思い出しました。
仕様に忠実かよりも絶対性能のほうが優先順位は高いっていうやつですかね…
正直者が馬鹿を見たパターンなんですね(複雑)

投稿: シロイルカ | 2011年7月 4日 (月) 22時48分

だんだんと形になってきましたね~!!

こういう飛行機に乗ってると体の片側だけ筋肉痛になったのではないか・・と思われますが・・♪

投稿: SAIUN | 2011年7月 8日 (金) 20時40分

SAIUN様、こいつは実施部隊に供されたらいろいろと問題が出たでしょうね(笑)
以外にも飛行特性は良好だったと言う記録ですが…絶対嘘だと思いますね(爆)

投稿: シロイルカ | 2011年7月 8日 (金) 21時34分

確かドイツの航空機メーカーは党というか、デッチドンとの付き合いで採用・不採用が決まったというか、政治的な要素が強かった様なので、B&V とか ハインケル等々、主流派から外れたところは「一発逆転」の新機軸・プレゼンに訴えようとしたんですかね。

陸モノと違って、飛行機は本当に設計がおかしいと飛ばない分、運用側にはちょっとはマシかも。
でもコメートの例があるしなぁ...。

投稿: XJunで〜す | 2011年7月 8日 (金) 23時04分

XJunで~す様、こいつエンジンも非力だしフォッケのように双発にするべきだったでしょうね…
フォッケには『双発でもいいんじゃね?』なんてサジェスチョンあったりして…
うがちすぎですか。

投稿: シロイルカ | 2011年7月 9日 (土) 20時09分

暑気払いのネタにいいんですが、先になりそうなので....

>サジェスチョン...
御意。
日本語で「阿吽の呼吸」というヤツでしょうか。
またの名を「大きな独り言...」

証拠が残らない形で、かつ情報漏洩スレスレで、「いかにも偶然、失言」を装った「何か」が「世の中を円滑にまわしている」と思うのは日本人だけのものでしょうかネ。

投稿: XJunで〜す | 2011年7月 9日 (土) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/52103849

この記事へのトラックバック一覧です: 変な偵察機(その1)-仮組み:

« ブルーステル(その3)-完成♪ | トップページ | フィールドワーク&変な偵察機 »