« Fi-156cシュトルヒ(その5)-縫い目 | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その6)-繊細な・・・ »

小さな郵便飛行機 (その2)

以前にも、『小さな郵便飛行機』をネタにしたんですが、

管理画面のログを見てると意外とこのキーワードで来てくれてる人が多いんです。

みんな記憶を頼りに探しているんでしょうね。

私はというと再発売されたダイジェスト版の絵本を持ってるんですが

自分が昔読んでいた本と絵柄が違う気がしてたんです。

今回ようつべで動画を発見して気が付きました。

私が読んでたのはアニメのセル画をもとにした絵本だったようです・・・

動画の中に見覚えのある絵がいっぱいありました(笑)

なんかすっきりしたなぁ。

ついでに自分が持っていた絵本も画像で探してみました。

Pedro2_2

これっだったか・・・

Pedro 

それともこっちだったか・・・

多分上の絵柄だったような気がするんですが、どっちも違う気もする。うむむ・・・

50年生きると子供のころの記憶が薄れてくるなぁ(笑)

まあ、いいか。

このアニメは著作権切れなので合法的に動画が見れます。

英語版ですがど~ぞ

|

« Fi-156cシュトルヒ(その5)-縫い目 | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その6)-繊細な・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「郵便飛行機」ってタイトルを見て、サン・テグチュペリの事かと思ってしまいますた。

確かあの人、北アフリカで撃墜されたんじゃなかったかなぁ?

投稿: XJunで〜す | 2011年7月30日 (土) 18時19分

ペドロってペトロールからの命名なんだろね・。
アンデス越えは郵便飛行士の悪夢。テグジュべりも言ってる。
アンデス→大西洋横断→北アフリカ(モロッコ)→ジブラルタル。
「まだ 陸にも海にも 空にだって冒険という言葉があったころ、
そんなに昔のはなしじゃない。」
  ↑私のマンガのコピー。w

投稿: apuro | 2011年7月30日 (土) 18時41分

XJunで~す様、サン=テグジュペリは地中海で撃墜されたみたいです。
ただトゥールーズ-北アフリカ-ダカールあたりの描写が作品に良く出てきますね。
不時着してサハラを彷徨ってたり…

投稿: シロイルカ | 2011年7月30日 (土) 19時32分

apuro様、>pedro
初めて気が付きました…『ガソ吉』みたいな感じ?w
サン=テグジュペリはシムーンに乗ってたんでしたっけ?
このアニメは1942年…空の神兵と比べると牧歌的ともいえる内容ですねぇ
訂正
×空の神兵 ○海の神兵

投稿: シロイルカ | 2011年7月30日 (土) 19時40分

二枚目の画像の本はずっと我が家にありました。
懐かしいですわ(笑)

それと、この飛行機物ってもしかしてシリーズ物なんでしょうか?
他にも数冊あったような記憶があるのですが?

投稿: ハヤテ | 2011年7月30日 (土) 20時41分

スペイン語だとペドロになるんだろうか?
ペドロ&カプリシャスw。
動画中の高度計、アルチメーターがアルチメトロになってる。 オートマチコ
ちいさな家、青い自動車、と共にディズ〇ーの3大マボロシの作品だね。

投稿: apuro | 2011年7月30日 (土) 21時18分

このキャラクターの玩具を見たような持っていたような?

手押しで鼻のプロペラが回るのじゃなかったでしょうか。
ブリキだったか、プラスチックだったか
今となっては定かではありません。

投稿: シミヤン | 2011年7月30日 (土) 21時46分

ハヤテ様、やっぱりお持ちでしたか♪
飛行機のキャラクターの絵本って案外種類が少ないのかもしれませんね。
今は絶版らしいです。

投稿: シロイルカ | 2011年7月30日 (土) 22時04分

apuro様、私の記憶の中ではコンドルと鉢合わせする場面が残ってました。
今で言うキャプチャー画像の絵本だったんですね。
この作品『ラテン・アメリカの旅』という4話オムニバスの作品のなかの一話らしいです。
スペイン語で異国情緒を演出してたんでしょうね。

投稿: シロイルカ | 2011年7月30日 (土) 22時13分

シミヤン様、この作品とキャラクターは私たち世代以外にはあまり馴染みがないのかもしれませんね。
子供のとき以降は数年前にネズミーランドでフィギュアを見るまで見かけたことありませんでした。
(泡沫キャラあつかいですけどw)

投稿: シロイルカ | 2011年7月30日 (土) 22時17分

こんな絵本は読んでもらった記憶もありません
それでも飛行機が好きになりました。
三沢から飛んだミス・ビードル号に似ています

投稿: あきみず | 2011年7月31日 (日) 20時46分

あきみず様、この絵本初版が昭和30年代です…
私達の年代がジャストのようです。
昭和の40年代後半には絶版なので知っている人がむしろ限られている?
あきみず先輩の飛行機好きは筋金入りです。

投稿: シロイルカ | 2011年7月31日 (日) 21時01分

ウチは父の仕事の関係でものごころついた頃からディズニーとかは丸で無視。ひたすら「プラレール」の子供だったので、実はこのキャラはお初なんです。

皆さん、子供の頃から「飛行機萌え」だったんですね(感心)
プラレール→無限軌道...やはり無理がある(苦笑)。

しかし...、やっぱり1942年にこれをカラーアニメで作る国と戦争しちゃぁいかんわな。

投稿: XJunで〜す | 2011年7月31日 (日) 21時32分

XJunで~す様、ダンボ1941年、バンビ1942年…やれやれ…

投稿: シロイルカ | 2011年8月 1日 (月) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな郵便飛行機 (その2):

« Fi-156cシュトルヒ(その5)-縫い目 | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その6)-繊細な・・・ »