« フィールドワーク&変な偵察機 | トップページ | 変な偵察機(その4)-モールド再生&組み立て »

変な偵察機(その3)-マスキング

マスキング

いつものマスキングゾル二度塗り、直接切り出しです。

もともと曖昧なキャノピーフレームのラインが殆ど消えているので自分の感覚でフレームを切り出しました(笑)

1

良く見ると幅やラインがバラバラなのがわかっちまいますね(笑)

マスキングテープ貼りこみが苦手でギャンブル好きなかたにお勧めしておきます。

お次は整形の邪魔なので削り取った排気管の再生・・・

排気棒はいやなので真鍮パイプを曲げてつぶして・・・

結構きれいに潰れてくれないので苦労しました。

2

潰れてヒケちまった真鍮パイプの排気管にパテを盛るの図(笑)

倒錯した方法ではありますね(笑)

3_2

自己満足の世界だぜい・・・

次回は組み立て&モールド再生の予定

|

« フィールドワーク&変な偵察機 | トップページ | 変な偵察機(その4)-モールド再生&組み立て »

模型」カテゴリの記事

コメント

何はともあれ、お疲れさまです。
>キャノピー
マスキングゾルの青が鮮やかでありますねぇ。まさに夏向きの作業???

>マスキング
やっぱり続けて、数をこなすことで手で憶えることみたいですねぇ。

>機体...
こないだから、何か引っかかってたんですが、「ユリイカ!」
P-38 の偵察型だか爆撃型で機種に照準窓のついたタイプがありませんでしたっけ?
あの形だと、双発だけど、平面形がシンメトリックになるので安定感を感じるんですが、(多分視界は似たようなものと思います。乗りたくはありませんが)
こちらはその形を片方だけにしたような不安定感を感じてしまうんです...。

投稿: XJunで〜す | 2011年7月10日 (日) 21時01分

マスキングゾルで成功した試しが無いヘタレです(爆)
ゾルが青いという事は昔ながらの物ですか?

実機写真を見ると排気管って結構ボロボロ。
かえって味があったりしてると思うのですが(笑)

投稿: ハヤテ | 2011年7月10日 (日) 21時03分

うわ~、キャノピーを見ているだけで鳥肌が…(笑)
これは絶対に完成機を見たいです。

この機体に対抗して
変な形の飛行機キットを探しましたが
この機体に勝るものはなかったです。

投稿: シミヤン | 2011年7月10日 (日) 22時23分

XJunで~す様、>不安定感
まじめに書くと二つあると思うんです。
◎機体の重心線上に操縦位置がない
◎推力線が一本なのに機体の中心を外している

まっすぐ飛ぶだけならともかく操縦性を理解してある程度のスタントをこなすのはどえらい大変だと思いますね。

投稿: シロイルカ | 2011年7月10日 (日) 22時34分

ハヤテ様、そう絶版の先代ゾルです(笑)
あと数機作ればなくなりそうな量になりました…

単排気管は多少不揃いでも穴が開いてたほうがいいですよね~
うんうん(安堵)
ドイツも日本も耐熱合金はなくなって代用鋼だったはずですもんね

投稿: シロイルカ | 2011年7月10日 (日) 22時39分

シミヤン様、このキャノピですが合わせを取るか透明度を取るかでした。

このゴンドラキャビンのラインをきれいに作れば多少の粗は隠せると見ましたが如何(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年7月10日 (日) 22時43分

愉しんでますねぇー。 ウラヤマシ・w
不安定感。 アンバランスノバランス。
こいつ慣れないと盲目飛行で死ぬね。
右ロールで-G、左ロールで+G。これにピッチが加わると、、。
つーか安定したピッチすら期待薄!。
フル装備の乗員配置でゼロゼロツリムなんだろうケド、、。

投稿: apuro | 2011年7月11日 (月) 18時59分

apuro様、そうか乗員が減ったらバランス変わるわけですね…
右旋回は軽くバンクを取るだけで簡単に回りそうですが左はかなりバンクを取って機首を突っ込まないと回らないような気がする…
ピッチはどうかな~
推力線を中心にピッチロールするとゴンドラ部分はゲロ必至w

>愉しんで
1/72はマイサイズじゃないのを3個連続で作ってみて実感w

投稿: シロイルカ | 2011年7月11日 (月) 22時15分

マスキングゾルは さらのカッターを使っても
きれいに切れなかったので 以来よう使いません
機内色や黒 迷彩と何回も塗るのにはこの窓枠には必要でしょう この前のボンバル片肺での
着陸を見てもなんとなく不安でしたが
両側に偵察と操縦席を分けて乗せてはダメなんでしょうか

投稿: あきみず | 2011年7月11日 (月) 22時20分

あきみず様、私はこのキャノピのフレームを手塗りする度胸はありませんね…
結局自分に慣れた方法が一番確実なんでしょうね。
>偵察と操縦席を分けて
確かに操縦席だけでも胴体側にしても良かった気がします、この操縦席で操縦索がどういう仕組みになっていたのかなぁ?
きっと変態的な機構なんでしょうね(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年7月11日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/52171668

この記事へのトラックバック一覧です: 変な偵察機(その3)-マスキング:

« フィールドワーク&変な偵察機 | トップページ | 変な偵察機(その4)-モールド再生&組み立て »