« キューベルヴァーゲン(その2?)-素組み~ | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その5)-縫い目 »

キューベルヴァーゲン(その3)-いまいち決まらん・・・

塗装です。

ジャーマングレーの上に応急迷彩の砂漠色を塗った状態を再現したかったのでまずはジャーマングレーのベタ塗り

1

2

このグレー一色はメリハリの無いことこのうえありません・・・

今回は下地色なのでそのままスルー

その上から砂漠色(今回はタミヤアクリルのデザートイエローを基本に適当にあれこれ混ぜた色)をオーバースプレーしつつグレーでレタッチしていきました。

イメージとしてはタミヤの箱絵の色味です。

3

こんなん出ましたけど~

シートはこれからまた塗りなおしますがボディはこんなもんでしょうか。

4

もうちょい派手に下地色を出すべきだったかな・・・

シュトルヒとあわせるので最後にまた微調整しましょう(←先延ばし)

というわけで今日はおしまい

|

« キューベルヴァーゲン(その2?)-素組み~ | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その5)-縫い目 »

模型」カテゴリの記事

模型-AFV・ソフトスキン」カテゴリの記事

コメント

あっ これはカンシャク!!。
シャドーしやがったナ。w
つーか、、 クーベル祭り。  ヨロw。

投稿: apuro | 2011年7月24日 (日) 18時29分

apuro様、本当は応急迷彩がハゲハゲの状態にしたかったんですけど…
これはシャドーじゃなくて最初はジャーマングレーが透けてるつもりだったんですよ…(苦笑)
中途半端な残し方がいかんかったですかね。
なかなか加減がムズいです。

投稿: シロイルカ | 2011年7月24日 (日) 18時52分

いかにも箱絵からそのまま出て来た様ないい雰囲気に塗れてますね。(尊敬)

σ(・_・)は剥げ表現の時は面倒いときはアクリルで塗った後に角の部分にエナメルのジャーマングレーでドライブラシしてごまかしたりしてます。

最近気づいたんですが、タミヤの水性アクリルって、けっこう下地が透けるんですねぇ。それが悪いばかりじゃなくて、いろいろと下地の色を加減してやると表の色もコントロールできるのがわかってきて塗るのが面白くなってきてます(w)。

投稿: XJunで〜す | 2011年7月24日 (日) 19時38分

XJunで~す様、私はタミヤの箱絵画家さんはモデラーになってもかなりのウデだと踏んでます。
(全て同一人物なのかは知りませんが)
今回は楊枝でこすって見たりもしましたがいまいちうまく剥がれませんでした。
下地をクレオスのラッカーにしたらもっとうまくいったかな…

>水性アクリル
オリーブドラブなんかは塗膜が薄いときは茶系で塗りこんでいくとだんだんグリーンが濃くなります。
97艦攻の上面色に使えそうだと思ってます。

投稿: シロイルカ | 2011年7月24日 (日) 20時03分

塗装の目論見は判りましたが、
こちらの仕様の方が個人的には好きですね♪

投稿: ハヤテ | 2011年7月24日 (日) 21時25分

ハヤテ様、お好みの加減でありましたか♪
戦車や軍用車だとハゲハゲやくたびれた表現は当たり前ですが、ヒコーキだとなかなか勇気がいるのはなぜだろう??
などと考えながら塗ってました(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年7月24日 (日) 22時01分

赤っぽいイエローで良い色ですね。
下地のグレーも効果ありと見ました。

下地の出しかたも私好みです。
あまり強く出すと逆に車体のダメージ表現が無いと違和感が出るように思います。
いやこれは私感ではありますが。

大きな剥げよりも擦れやチッピングを入れていって調整していけば面白いと思いますよ。
埃っぽさは出ていると思いますが
記事にはありませんがなにかされました?

投稿: シミヤン | 2011年7月24日 (日) 22時47分

シミヤン様、>車体のダメージ表現
確かに、塗りあがりを見ながらリューターで少し削ろうかなぁと思ったりもしてました…
シュトルヒとのからみがあるので最後に判断します。
>埃っぽさ
パステルをアクリル溶剤で溶いたもので全体をウォッシングしてます。
さらに白っぽい粉を軽く叩きました。

投稿: シロイルカ | 2011年7月25日 (月) 05時50分

アフリカ仕様の色を上手く表現してしています
グレーの下地の上に塗るのが 正解の手法でしょう
シュトルヒとの絡みに注目します

投稿: あきみず | 2011年7月25日 (月) 11時47分

フェンダーのすれ具合がええなあぁと感じました。
色の剥げ具合とダメージのバランス・・・確かにうまくバランスが取れていないと?かもしれもしれませんね。
私自身その辺は凄く下手・・・ってゆーか何も考えてないのですが(爆)

投稿: @daigo | 2011年7月25日 (月) 16時44分

あきみず様、シュトルヒのお腹の羽布の縫い目をどうするか思案中…
次回をお楽しみに(汗;)

投稿: シロイルカ | 2011年7月25日 (月) 21時30分

@daigo様、ありがとうございます。
筆目を出さないよう息を止めてガンバりました(笑)
>ダメージ
写真どおりにやるとやりすぎなんですよね…
多分アイコンなんだと思います。

投稿: シロイルカ | 2011年7月25日 (月) 21時35分

スレ違い、失礼です。
>フィーゼラー・シュトルヒ...
今日いつもの厚木のお店に寄ったら、シュトルヒの箱違いキットで「グラン・サッソ」が並んでまして、買おか止めよか音頭を踊りましたが、自宅の現実に鑑み、思いとどまりました。

(現在1/32が寝室に4機有り、寝る場所を圧迫しております。)

投稿: XJunで〜す | 2011年7月26日 (火) 22時44分

XJunで~す様、私のは30年前のほぼ発売当時の版でありますが価格は2,000円になっております。
グラン・サッソは定番外で3,990円…
案外安いなあ…というのが実感ですね、
最近の1/48の方がよっぽど高い(汗)

投稿: シロイルカ | 2011年7月27日 (水) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/52294261

この記事へのトラックバック一覧です: キューベルヴァーゲン(その3)-いまいち決まらん・・・:

« キューベルヴァーゲン(その2?)-素組み~ | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その5)-縫い目 »