« Fi-156cシュトルヒ(その9)-うねうねと | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その11)-とりいそぎ完成なのだ »

Fi-156cシュトルヒ(その10)-デカール生きてます

さてと・・・

基本塗装が終了してマーキングに入ります。

そこで大問題・・・30年前のデカールは果たして生きてるのか???

試しに胴体のバルケンクロイツをおそるおそる貼ってみました。

こ、これは・・・

生きてる(*≧m≦*)

ヤター!

2

多少黄ばんどりますが手書きマーキングをすることを考えると天国であります。

あとは何も考えず30年前のハセガワの考証に敬意を表してキット指定の通りに仕上げます。

1

主翼をつけると置き場所がなくなるなぁ・・・

どうしたもんだろう・・・

まあ、どうしようもないのでとにかく士の字にすることにします(笑)

3

次回は組み上げ&汚し塗装の巻

お楽しみに(*^ω^*)ノ彡

|

« Fi-156cシュトルヒ(その9)-うねうねと | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その11)-とりいそぎ完成なのだ »

模型製作記 Fi156シュトルヒ」カテゴリの記事

コメント

>デカール生存...
おめでとうございます。やはり、飛行機キットにはデカールは命ですよね。(保存状態がよかったんでしょうね。多少の黄ばみは塗面に貼っちゃえば殆ど判らないと高をくくっています)

FMからバルカンクロイツのエッチングのステンシルプレートが出ていますが、サイズが基本的にAFV用になっています。

>手描き...
コードレターの文字の角をシャープに描くのが難しいんですが、やはり、筆の質も半分くらいあるんですかねぇ。

ちなみに、ウチの夫婦は揃って親に似ず悪筆なので、ワープロ、PCで年賀状その他をこさえるのはかなり早かったです(自爆)

投稿: XJunで〜す | 2011年8月15日 (月) 22時50分

30年前のデカールが使えるとは、
やはりヒトラーの執念・・・・

恐ろしや~(爆)

投稿: ハヤテ | 2011年8月15日 (月) 23時32分

XJunで~す様、水に入れたら粉々になるかと心配してました。
このバルケンクロイツをマスキングで塗るのはめんどくさい…と憂鬱だったんですね。

投稿: シロイルカ | 2011年8月16日 (火) 07時08分

ハヤテ様、う~ん、ヒトラーに自殺を強要されたロンメル将軍の怨念かも…
それはそれで恐ろしや~

投稿: シロイルカ | 2011年8月16日 (火) 07時12分

30年前ってすごい話だ・・・
さすがハセガワ様ってところでしょうか。
>黄ばんで
自然なウェザリングということで。

投稿: @daigo | 2011年8月16日 (火) 08時37分

@daigo様、二千円で30年遊べる趣味って他にありますかねぇ???
>自然なウェザリング
こうなると胴体の白帯がキレイすぎ(笑)

投稿: シロイルカ | 2011年8月16日 (火) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fi-156cシュトルヒ(その10)-デカール生きてます:

« Fi-156cシュトルヒ(その9)-うねうねと | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その11)-とりいそぎ完成なのだ »