« Fi-156cシュトルヒ(その10)-デカール生きてます | トップページ | 息抜き »

Fi-156cシュトルヒ(その11)-とりいそぎ完成なのだ

Fieseler Fi 156c Storch, E. Rommel North Africa 1941

暑い!!!!

集中力の切れるのをだましだましウェザリングと組み上げを完了・・・

あとは、翼端灯と燃料ゲージ・・・と思ったんですがこんな暑いのに細かいことやってられ~ん

ということでめでたく機体完成といたします。

燃料ゲージは透明ランナーで作ろうと思うんですがまだ手順を詰め切れてないのでキューベルとあわせるまでの宿題にします。

完成、完成!

1

まずは平面形・・・WWⅠの飛行機か?と突っ込みを入れたくなるクラシックなシルエットでやんすね・・・

2

高翼を支える支柱と脚柱が複雑に交差するこの角度はシュトルヒのベストアングル

あっ!ランディングライトのマスキング外し忘れたw

3

エンジンはオイルクーラー修理中という設定でカバーとっぱずし。

4

今日は調子に乗って画像いっぱい撮ったのでロングヴァージョンでいっw

ウェザリングはチッピングと足回り中心ににパステル・・・

スミ入れは申し訳程度に軽く施して、最後に極薄の砂漠色をエアブラシです。

5

はい、着陸灯キラリ(笑)

いつものアルミテープをポンチで打ち抜いてクリアパーツの裏に貼ってます。

簡単で実感の高い方法です、おためしあれ。

6

スリット式のフラップはちょい下げ状態、

チラッと見える隙間をお楽しみください(笑)

7

ほぼ全周にわたる下面視界が確保されたコックピット・・・

ロンメルが指揮連絡に愛用したのももっともな話ですね。

8

あとはキューベル&フィギュアとからめましょう・・・

9

最後はエンジンフェチの数名様にサービスw

|

« Fi-156cシュトルヒ(その10)-デカール生きてます | トップページ | 息抜き »

模型-AIR」カテゴリの記事

模型製作記 Fi156シュトルヒ」カテゴリの記事

コメント

完成オメデトーゴザイマス!
>チラッと見える隙間
チラリフェチの私にはタマランデス
>エンジンフェチ
向う側が見えるのもタマランデス

投稿: @daigo | 2011年8月16日 (火) 16時02分

ナンダ?このラッシュは!。 8ラウンド突然のKOみたいな。w
うう、イニシヱのキットが今甦る!。
びみょーなニュロニョロ迷彩&ウェザリング。
ラージスケールをカンバス代わりに目一杯表現しましたね!。
オミゴトであります!。
おつかれさま!!。
お次はクーベルなんざんしょ。 ううう野心家ナリ。w

投稿: apuro | 2011年8月16日 (火) 18時22分

完成しましたか~!おめでとうございます。

エンジンカバーなしやドアの開状態がなかなかエエですね。
フラップも微妙な下がり具合がGJですね。

そういえば1/35の整備兵が合宿土産でありませんでしたっけ?(記憶違い?)
オーバーオールを黒く塗ると…
あ、アフリカじゃ駄目か。

投稿: シミヤン | 2011年8月16日 (火) 20時12分

@daigo様、>チラリフェチ
模型では見せるほうも見るほうも必須ですねw
模型の真髄はチラ見せと見つけたり…

投稿: シロイルカ | 2011年8月16日 (火) 20時22分

apuro様、もう最近デカ専が定着しつつありますw
ニョロニョロ迷彩は箱絵にやられましていつか物にしてやろうと狙ってました、丸30年掛かったわけであります。

改めて良く見るとこの箱絵小池繁夫氏のサインなので氏の初期の作品なのですね。

投稿: シロイルカ | 2011年8月16日 (火) 20時32分

シミヤン様、まずロンメル将軍ありきなのでシチュエーションだけは出来上がってます。
このキット、動翼やドア、エンジンカバーすべて曖昧な接着位置です(笑)
閉で固定するほうが大変だったりします(爆)

>整備兵
ティーガーⅠの整備兵セット貰ってます。

投稿: シロイルカ | 2011年8月16日 (火) 20時40分

完成おめでとうございます
唐草迷彩されているのが素敵です 大スケールの
魅力が存分に表されています 支柱と脚柱の
複雑な組み合わせも、複葉機並みです

投稿: あきみず | 2011年8月16日 (火) 22時10分

あきみず様、大スケールなので唐草迷彩もフリーハンドで吹けます。
今回は車両とあわせるので空物にしてはキズハゲを大げさに強調してみました(陸物としては控えめなレベルですが)

投稿: シロイルカ | 2011年8月16日 (火) 23時12分

>シュトルヒ...
完成お疲れさまでした。
作品の実物を拝見できるのは、来年の所沢でせうか???
関東軍「デカ専」は間違いないでしょう。
大スケールキットって、大きい分手を入れ易い反面、どこまでやるかのバランスとか、対象が大きく、面積・容積があるので、つい塗装とかチッピングとかでやりすぎるリスクがありますが、「良い按配」に仕上げられていますね(尊敬)

不謹慎ですが、主翼を取付けた様子を画像で見ると、漫画じゃないけど、フレームが傘の骨に見えてきます(w)。

投稿: XJunで〜す | 2011年8月16日 (火) 23時30分

エンジンオイルが垂れてきそうでいい感じ♪
涎が落ちそうですw

フラップ部の微妙な隙間も動きがあってそそります(笑)

何より丁寧な製作に眼福、
完成おめでとうございます。

投稿: ハヤテ | 2011年8月16日 (火) 23時46分

XJunで~す様、ありがとうございます。
1/32ぐらいになるとAFV的な技法を持ち込んでもいいんじゃないかと個人的には思ってます。
たしかにやりすぎ注意ですが純空物モデラーさんに見せるのでなければそれもありかなぁと・・・

>傘の骨
メリーポピンズですねw

投稿: シロイルカ | 2011年8月17日 (水) 00時04分

ハヤテ様、オイルクーラー故障・・・の設定なので下にバケツでも置きましょうかね(笑)
1/32なので自分のイメージに近いつくり込みが出来ますねぇ・・・
もう1/72は無理かも(爆)

投稿: シロイルカ | 2011年8月17日 (水) 00時08分

完成おめでとうございます。
大戦期間中全戦線で使われているシュトルヒですが、やはりどういうわけか砂漠迷彩が一番似合う気がします。……ロンメル効果?

投稿: かば◎ | 2011年8月17日 (水) 13時04分

かば◎様、燃料ゲージの節はありがとうございます。透明ランナーを削りだして作ろうと思ってますが現在手順を検討中です。
>砂漠迷彩
やっぱりそうでしょ!
北アフリカの『フェアな戦争』の刷り込みでしょうかねぇ・・・

投稿: シロイルカ | 2011年8月17日 (水) 18時29分

迷彩がエエ感じだなぁ、前にライトブルーそのまま吹いたら、エライ変な感じになって、あとで後悔した覚えがあるよw
しかしここ最近暑くて嫌になるね、1ヵ月位休みたいよ(笑)

投稿: ⊥TT | 2011年8月17日 (水) 21時52分

⊥TT様、>ライトブルー
お褒めに預かり光栄であります。
本物の画像は知らないのですが、ハセ1/32の箱絵がこんな塩梅の色目であります。
機体下面のライトブルーとは微妙に色目を変えて明度差をなくしてあります。

私の休みは今日でおしまいです(嗚呼w)

投稿: シロイルカ | 2011年8月17日 (水) 22時21分

>磐梯
最近、奥でも見かけませんが、出品をみつけたらお知らせしますね〜。

何だか日本海海戦前夜の索的みたくなってきましたね。

投稿: XJunで〜す | 2011年8月19日 (金) 07時58分

XJunで~す様、私もヤフオクにアラート掛けました。
半年掛ければ見つかるでしょうw

投稿: シロイルカ | 2011年8月19日 (金) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/52489768

この記事へのトラックバック一覧です: Fi-156cシュトルヒ(その11)-とりいそぎ完成なのだ:

« Fi-156cシュトルヒ(その10)-デカール生きてます | トップページ | 息抜き »