« Fi-156cシュトルヒ(その6)-繊細な・・・ | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その8)-アルグスエンジン »

Fi-156cシュトルヒ(その7)-いまさら・・・

今週は水曜日に模型おやぢどもの楽しいオフ会が挙行されました。

基本大食いのんべえの私ですが、今回はみんな食べるモードのスイッチが入ってなかなか壮観でした・・・

画像撮り忘れたなあ。

現地で⊥閣下より私に新たなネタが振られました(笑)

1

DAKのフィギュアと小動物セットです・・・

小動物セットのほうは何気に捜していたものなのでこれはまことにありがたいであります。

後は酔いに任せて次回の合宿ネタを揉んでおりました。

私自身はどうも『縛り』があるほうが楽しいと思ってしまう傾向があります・・・

もっと自分の好きなように楽しみたいという方も当然いらっしゃるわけで、

ちょっと反省(意味不明の方はスルーでお願いします)

あ、個人的には応えられる限りネタ振りには乗ろうと思ってますのでご心配なきよう(笑)

どうやってキットを入手するのかだけが問題です・・・(プレミア価格は勘弁して欲しいところだなぁ 笑)

****************************

閑話休題

シュトルヒです。

いまさらですがアルグスエンジンをいじり始めました・・・

オイルクーラーのパーツがただの棒だったもんで作り直そうと画像を見ていたらピカピカのプッシュロッドが目に入り・・・

気付けばプッシュロッドを切り飛ばしておりました(笑)

プッシュロッドをギター弦でぴかぴかにしようと思ったのが運の尽き

2

やっと6本加工完了・・・8気筒なのであと10本orz

不揃いな部分はご愛嬌とはいかないですね、なかなか難しくてやらなきゃ良かった状態(笑)

オイルクーラーはタミヤのプラパイプでちゃんと開口しました

しばらくエンジン周りで停滞しそうな予感。

|

« Fi-156cシュトルヒ(その6)-繊細な・・・ | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その8)-アルグスエンジン »

模型製作記 Fi156シュトルヒ」カテゴリの記事

コメント

「えっ」という言葉はJ隊には無い。といわれそうですが、例のキットをお持ちぢゃ無かったんですか(驚)。

まさかキット探しから応援が必要とか‥。

投稿: XJunで〜す | 2011年8月 6日 (土) 12時08分

今日は広島の悪夢の日でありますが・・いろいろ特集がTVであったりして涙な一日であります!

やっぱじゃじゃ馬は鹵獲仕様にしようと心に決めた一日でした(あっ!まだ合宿の宣言ではありません・・笑)

投稿: SAIUN | 2011年8月 6日 (土) 18時31分

XJunで~す様、持ってたら振られた時点で乗りますがな(笑)

10年ぐらい前はトイ○らス何かで見かけたんですけどね…
どんな物好きが買うんだろう?と思ってましたがw

投稿: シロイルカ | 2011年8月 6日 (土) 21時22分

SAIUN様、フクシマ後の今としては広島、長崎の被爆直後の残留放射能がどの程度のレベルだったのがとても気になってます…
確か『100年草木も生えない』だったですよね。
どうにか日本人の叡智を結集できませんかねぇ。

投稿: シロイルカ | 2011年8月 6日 (土) 21時31分

ご存じの通り、フィギュアは売るほどありますから、次は親衛隊の迷彩服でノルマンディ戦線と行きますかね、来年用ですが用意しておきます(笑)
なんならオープントップのAFVもありますぜ(OTの戦車は中が見えるのでメンドーなのだ)

投稿: ⊥TT | 2011年8月 6日 (土) 23時42分

⊥TT様、>オープントップのAFV
私もマーダー系列やヴェスペは買い込んであります。
私はオープントップの脆弱感が好きなんです(笑)
M10やM18、アキリーズもありますぜ(汗爆)

投稿: シロイルカ | 2011年8月 7日 (日) 09時25分

家畜セット!。 
死んだウサギがベリグッドw!。
ギターの弦ってピアノ線でしょ。 チャレンジャーっすね。

投稿: apuro | 2011年8月 7日 (日) 19時23分

>エンジン...
しつこいですが(汗;)、当時の欧州機の場合、全般に星形空冷エンジンよりもV型直列エンジンの方が実績があったので、実は確実なエンジン開発だったのかもしれません。
(星形は下半分のオイルや吸気の濃度、吸い込み量が難しい)

空冷はエンジンを軽くするため、倒立は機体全体の重量バランスとプロペラ軸の位置をコンパクトに収めるのに役立っており、系全体として「スリム」「ライト」「ウェルバランス」を成立させる見事な設計のように思えます。

>例のブツ
オークションで見かけたので(1/32飛行機よりまだ廉かったです)メール送っておきました。

投稿: XJunで〜す | 2011年8月 7日 (日) 19時50分

apuro様、ウチのムスメがコレを見て『死んだウサギ無いわ~~』と言ってましたw
昔ウサギの耳を握ってぶら下げているドイツ兵のフィギュアを見た気がするんですが、ムスメがなんと言うか聞いてみたい。

そういえば驢馬だと思ってたら騾馬だったんですねムスメに言われて気が付いた…新発見

投稿: シロイルカ | 2011年8月 7日 (日) 20時56分

XJunで~す様、工作精度と部品供給に問題が無ければそれでも良かった?
日本で作るとポンプやパッキンあたりに問題が集中しそうです。

>オークション
その手がありましたね(←気付けよw)
私の場合美品である必要は無いのでじく~りと待って落としてみます。

投稿: シロイルカ | 2011年8月 7日 (日) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fi-156cシュトルヒ(その7)-いまさら・・・:

« Fi-156cシュトルヒ(その6)-繊細な・・・ | トップページ | Fi-156cシュトルヒ(その8)-アルグスエンジン »