« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

小国空軍機コン-HAWK75(その1)

Profile

小国空軍機コン始めました♪

やっと涼しくなって模型部屋環境もベストなこの時期、

どんどん進めたいと思ってます。

キットはホビクラの1/48・・・

大甘なデティールと適当な表面処理、見にくいインストという要素が揃ってます(笑)

私流の解釈だと『カナダのオータキ(笑)』でしょうか・・・

さて、

まずは手始めにエンジンからです。

星型単列9気筒、ライト・サイクロンエンジンであります。

キットパーツはホントに70年代後半のオータキレベル(いやむしろそれ以下・・・)です。

というわけでベースにできる9気筒エンジンを物色・・・

96艦戦についていたメタルの寿は大きすぎて収まりませんでした。

なんかないかな~と捜していたらホビクラの(え?)ベアキャットについていた大甘のダブルワスプの前半分が少し大きいけど使えるということになりました(笑)

モールドされているプッシュロッドを削り取りシリンダーとシリンダーヘッドだけにしてから金属線でちまちまデティールアップ。

1

左側がキットパーツのエンジン本体

右側がホビクラベアキャットのダブルワスプ前半分改であります。

(クランクケースはキットパーツ)

社名にカナダとは入ってますが企画だけで中身は韓国製、

ひどすぎるぞホビークラフト!

キットがあるだけでありがたいと思えるタイプの人にしか奨められないぞ。

というわけで次回は(おそらく)コクピット廻りになる予定。

でわでわノシ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

TWILIGHT- NORTH AFRICA 1941

簡易情景完成です。

ハセのシュトルヒにタミヤのロンメル将軍とキューベルを合わせようと思い立ったのはずいぶん昔になります(笑)

構想十○年や~っとモノにすることができました。

飛行機を配すると散漫な画面になってしまうのは私の力量不足か・・・

突っ込みどころ満載ですがご笑覧ください。

注)この情景はフィクションであり史実とは全く関係ありませんので念のためw

*********NORDEN AFRIKA 1941(薄暮)***********

『軍曹殿お腹すきましたね』

『日も暮れたことだし、もうすぐ中隊本部から配食があるだろうよ』

『だといいすけどねぇ・・・昨日なんか真っ暗になってからセメントみたいなソーセージと豆の全然入って無い豆スープが届いたじゃだけないすか。

たまには分捕り物のコーンビーフを喰ってコニャックをやりたいでありますね』

8

******************************

『進捗状況を報告せよ!軍曹』

『進捗も何もありませんよ中尉殿・・・オイルクーラーは役立たずだし、コンパスもイカレちまってますよ、あと丸一日はもらわないと空を飛ぶどころか扇風機代わりにもなりませんぜ』

1

『駄目だ・・・今夜中に整備を完了して明日の早朝には連絡飛行に使用できるようにせよ!

これはDAK司令部からの命令だ』

『明日の朝ですと?もうすぐ真っ暗になっちまうのに、・・・陸軍のお偉方は何を考えてるやら・・・誰が連絡飛行に飛ぶか知りませんが捜索隊を今から準備しておくようにお勧めしますぜ・・・まったく』

『飛ぶのは私だ、そんなこと言わずに明日の朝までに整備してくれたまえ』

『し・・・将軍?・・・・・・』『・・・』

4

**********************************

『軍曹、あすは何が何でもこの目で前線の様子を確認したいのだ』

『親父殿・・・いえ、閣下・・・今夜は徹夜で整備いたします!』

『中尉殿・・・こんなちんけな明かりじゃなんもできません、中隊本部から照明を手配願いますぜ』

『完璧に頼む!明日の夜には司令部からコニャックを届けるように副官に伝えておくからな(笑)』

5

3

*********************************

『軍曹殿・・・びっくりしましたねぇ・・・金ベタの階級章なんて初めてこんなに近くでお目にかかりました・・・』

『わしらの親父殿がわざわざ来るなんて全く・・・』

7

『そういえば軍曹殿・・・腹減りましたねぇ・・・』

『・・・・・・・』

おしまい

おまけ-燃料ゲージは結局こうなりました(笑)

0

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ジャジャジャ・ジャンガリア~ン♪

小さな恋人・・・

70年代初頭に現れたハムスターの当時のキャッチフレーズですね。

今はペットショップでももっとも手軽に購入できる哺乳類だったりします。

うちにもここ数年ずっと飼われている訳ですが、

こいつら(ジャンガリアンハムスター)は一匹飼いが基本で二匹以上だと喧嘩やいぢめが始まります(と聞いてます)

寿命も約二年なのでいままではすべて一匹飼いしてました。

しかし今回、末息子がやらかしました・・・

ノーマル♂とパールホワイト♀を同居させ相性が良かったらしく10日前にベビーが誕生。

1

赤裸でこんなんが育つんかい!と心配してたんですが、心配をよそにすくすく育ってます。

10日後

2

メンデルの法則(笑)

みごとに二匹づつ毛色が分かれました。

********************************

いっぽうこちらは難産の北アフリカ情景

3

ちょっとづつですが完成に近づいてます。

5

次回は完成かな・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

低空飛行

この三連休も暑うございました。

もう、暑さに負けてグダグダです・・・

三連休も三日目の夕方から模型をいじり始めました。

ブログをご覧になればわかるとおりここ二週間ほとんど何もしていないんですね(笑)

仕事もそこそこ忙しかったりするんですが気力の低下が著しく・・・

先週、気合を入れなおしてなどと書きましたが全然であります。

今日の作業。

一応宣言どおりシュトルヒ&キューベル最終仕上げ中

○シュトルヒのピトー管付け忘れ!

パーツを見るに型ずれがひどいので作り直しました。

1

こんなことやってるから進まないw

○翼内タンクの燃料ゲージ

やはり画像を提供していただいた手前クリアパーツで作り変えなきゃね・・・

と思ったのはいいんですが予想通り試行錯誤・・・

Ver.3で妥協しています(これ以上いい考えが浮かばないので・・・)

2

キットパーツのゲージ部分を切り取ってクリア伸ばしランナーに差し替え

↑試行錯誤してこれかいな・・・

3

クリアオレンジで燃料残を表示(画像は転地天地逆ね)

この後マスキングしてライトブルーで塗ります(←ホントにできるのか?)

○フィギュア最終仕上げ

なんかいつも同じ画像っぽいですが

肩章やバッジ類を塗り分けただけなのでほぼ同じ画像ですね(笑)

4

半端な記事だなぁ・・・

   

| | コメント (22) | トラックバック (0)

気合を入れなおして(笑)

手に入れたバンダイ零戦にショックを受けてモチベダウン中のシロイルカです(笑)

この土日は子供と遊び呆けてあとは寝てました。

このままでは模型鬱に突入しそうなので計画変更しようとおもいます(笑)

気合を入れなおして製作予定を立て直します。

1、まずシュトルヒ+キューベルを終わらせる。

2、シミヤン様主催の小国空軍コン軽巡コンにエントリーする。

3、バンダイ零戦のことはしばらく忘れる(笑)

です。

まずは軽巡コン・・・長期放置中の天龍をご指名して引っ張り出してきました。

他にも作りたかったもの(香取やら大淀竣工時やら)はあるんですがここは他の人と被りそうにもない天龍が良かろうと思います(笑)

1

現状・・・最終時でありますがわたしのブロ友らびQ様よりいただいた情報で独自の考証を加えてあります。

○前檣の短縮

○連装機銃増設

○ボートダビッドを2組減らして艦載艇も減らす。

というわけでハセガワのキットにかなり手を入れてあります。

とにかくこのコンペを機会に完工を目指します。

お次の小国空軍コン

迷った末にカーチスホーク75Oアルゼンチン空軍でエントリーしました。

(750じゃなくて75のO型です)

2

箱絵のタイ空軍にも惹かれるものがありますが、どうせタイ空軍ならば象のマークのほうがよかろうと思いアルゼンチン空軍にしました。

3

晴天白日マークも入ってるので中華民国軍にもできます。

キットはホビクラお得意のぬるいモールドが全開です(笑)

資料には事欠かないアメリカ機なので楽しめそうです。

というわけで時間稼ぎのつなぎ記事でした。

・・・・・・いくら寝てもまだ寝足りない

季節の変わり目はきらいじゃ

| | コメント (16) | トラックバック (0)

フィールドワーク

今日は二回目の親と子の自然環境調査

とにかく暑かった・・・

今回私達親子は鳥班

午前9時から11時まで歩き回ったんですが鳥なんかあんまりいませんでした・・・

本来バードウォッチングは早朝が適しているのですが、市の主催する子供のための企画なので仕方がないでしょうね・・・

とはいえ野生の雉なんてのもはじめて見ました・・・コレは収穫だな(笑)

1

例によって観察結果の発表。

ウチの息子はジモティの兄ちゃんと仲良くなってクワガタのいる場所を教えてもらってました。

このあたりはうちの市でも残り少なくなってきた開発されていない地域

2

9月いっぱいはクワガタが採れるようです(カブトムシのオスはもういないとジモティのお兄ちゃんが言ってました)。

午後一時に帰宅・・・暑さにやられたので冷水シャワーを浴びて横になってました。

*************************

というわけで模型は進んでません。

さっきからちょっとだけバンダイゼロのペラとスピナーを修正してました。

3

径が短いようにも見えるんですがとりあえず根元が太すぎと判断して削り込んでます。

スピナーも丸みのつきすぎで太く見える?と推理して少し直線的に削り込んでスリムにしました。

道のりは遠いぜ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

現状品

さて、経緯を話すとめんどくさいので説明はしませんが、

とにかくバンダイの1/24零戦をつくることになりますた。

まずはキットを調達・・・というわけで人生初のオク体験をして見ました(笑)

ヤフオクにアラートを掛け網を張ること三週間・・・

現状品(作りかけ)がでてたのでめでたく最低価格でゲットできました。

未開封ならば競争相手が出てめんどくさいことになりそうだったのでまずはめでたい(笑)

本日届いたので早速チェックしてみました。

1

私は子供の頃見たレベル1/32の零戦の箱絵にしびれた記憶がありますがこの箱絵はあまり記憶がありません。小松崎センセなんですね。

2

現状品たるゆえんのエンジンパーツ・・・瞬着で組んだらしく粉吹いてますがこのぐらいはノープロブレムですな。

まずまずの雰囲気です。

3

問題は別なところにいっぱいあります(笑)

スピナーはデカ過ぎの気がするしペラは幅がありすぎで寸足らずに見えます・・・

4

まるで五四型のような巨大なスピナーw

5

ともあれ一番気になるのは機銃カバー部分の造形・・・

ゼロの鼻筋はこんなんじゃないよ~

6

運河彫り・・・じゃなくて用水路彫りの筋彫り(笑)

デススターじゃないんだから・・・ねぇ

7

胴体は太めで寸足らず(測ったわけではないのでイメージですが・・・)の気がするなぁ。

胴体上部も直線的で猫背な感じに乏しい・・・

萎えるな(爆)

何から手をつけたらよいやら

ホントにこれ作るの?

| | コメント (16) | トラックバック (0)

キューベルヴァーゲン(その4)-完成

VW Type 82 Kübelwagen Deutsche Afrika Korps

ふ え~時間掛かった・・・

といって凝ったことをして訳ではなくてただ単に怠けてただけなんですけど。

シュトルヒと並べるために塗り方の調整とか色目の再調整とかはしてます。

1

大した変わり映えはしないんですけどね、

ほんとはもっと明るめに塗った方が並べたときにバランスが良いのですが後の祭りということで(笑)

2

トライスターのキューベル用ドライバーはシフトノブとステアリングにちょうど手が掛かる姿勢で着座します。

純正のフィギュアみたいだな

3

一部つやが出てしまったのでつや消しクリアを吹いたんですが

かえって全体的にそこはかとないツヤが出てしまいました・・・

5

遊びとして飛び出し式の方向指示器をオレンジ色で表現してアクセントとしました。

まあ、半分フィクションですが・・・

というわけでキューベルも完成とします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »