« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

秋のGⅠバトル-天皇賞 秋

う~~

正直これは見て楽しむレースですね~

なかなか力関係が難しいなぁ・・・

今回は軽く流します。

④エイシンフラッシュ

⑦ダークシャドウ

⑧ペルーサ

⑪ローズキングダム

⑰トゥーザグローリー

5頭の馬連BOX 各200P

合計2,000P

本当に4歳が強いのか

楽しみです・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小国空軍機コン-HAWK75(その7)打つべし!

  脇を締め、やや内角をえぐりこむようにして打つべし、打つべし、打つべし!

さらに打つべし!

・・・・

リベット中であります。

ので、あまりネタにすることがありません(笑)

1

水平尾翼ですが見事にパネルラインのモールドがありませんねぇ(笑)

他の箇所はとりあえずそれなりにパネルラインが入っているのになぜだろう?

予算が途中で尽きたのか(笑)

意味不明な手抜きです。

2

ところで私のリベット用ガイドはダイモテープです。

本体が絶滅してしまったのに消耗品だけが残っている珍しいケースですね(笑)

今持っている人でダイモ用に買っている人がどのぐらいいるんだろう?

っていうかダイモ知ってる?(笑)

30歳以下の人は知らんだろうな・・・

アナログ版テプラだよん

カセットテープのウォークマンとフラッシュメモリーのウォークマンの関係かな

・・・ちょっと違うかな?

え?どうでもいいですか(笑)

閑話休題

6_2

表面左側だけ打ち終わりました(笑)

まだ全工程の1/3強ぐらいですね・・・

仮組みして様子を見ます。

4

何かリベットをいっぱい打つと日本機っぽくなるのはなぜだろう?

5_2

というわけで今日はおしまい。

内容の無い記事だ・・・

りべっと続く。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

小国空軍機コン-HAWK75(その6)

ひきつづき地味に進めていますw

固定脚・・・

この時代まだ引き込み脚機構の重量と相殺できるほどエンジン出力が高くなかったのですね。

96艦戦や97戦と同じような理由でKAWK75も固定脚です。

わずかな速度増よりも軽快性を重視したんでしょうね(多分)

1

スパッツの一部を切り取るようインストに指示があります。

これはこれでなかなか味がある主脚です。

コクピ内の仕上げ・・・

後部隔壁の仕上げをしてインテリアグリーンを塗りなおし、

シートベルトのショルダーハーネスを取り付けました。

2

この状態でシートベルトを塗装してからシートに密着させます。

3

昨日の画像の状態はシートと隔壁の位置関係が気に入らなかったので、

結局付け直ししました。

やっぱりこれぐらいのほうが違和感がありません。

4

以上でコクピは終了・・・

あ、照準器がまだだw

そして、お次は機首の整形・・・

このキットHAWK75、P-36、P-40初期型のコンパチなので(←全て持ってる私、しかもP-36は2個も 笑)

挿げ替え部分が例によって合いません。

ホビクラらしさ炸裂(笑)

5

ポリパテは苦手なのでタミヤパテで整形。

さて・・・お次はリベット打ちだ・・・

↑リベット無いと間が持たないあっさり風味なんですねぇ。

つづく

| | コメント (10) | トラックバック (0)

秋のGⅠバトル-菊花賞

さて・・・

秋華賞をみごとにおっぱずして絶好調のシロイルカです。

今週は菊花賞か・・・

このレースはもうオルフェーブルが三冠獲れるのかだけが焦点ですね。

順当に勝ってほしいですが、予想はどうしよう(笑)

個人的に好きな

①トーセンラー

⑬ウインバリアシオン

この二頭に

⑭オルフェーブル

⑧ペルシャザール

⑰フレールジャック

5頭のボックスで

①⑧⑬⑭⑰の馬連BOXに各300Pで3,000ポイント

単賞は①⑬⑭の各100P

トータル3,300P

全然つかねえじゃん(笑)

まあ、いいか

| | コメント (8) | トラックバック (0)

小国空軍機コン-HAWK75(その5)

地道に進めてますw

今日は本当は工事の立会いで休日出勤のはずだったのですが、天気が悪くて延期・・・

なので少し進めることができました。

1

エンジン・・・

積み替えでマウント位置が曖昧になってしまったので微調整、

これ以上奥まるとペラが回らなくなるのでこれでぎりぎりです。

案外開口部がデカいのでびっくり。

2

シートベルト・・・こちらは手作りです、エッチングもあることはあるんですが年代が?なのでエッチングを資料にぺぺっと適当に造作しました。

ショルダーハーネスは整形の関係でまだ付けてません

(後ろの隔壁から生えてるのね)

4

ちょっと気になるのがシートと隔壁の離れ具合・・・

少々離れ気味かしらんとも思いますが確たる資料がなし

隔壁にもっと密着するとは思うんですが、

直すか(´・ω・`)ショボーン

3

計器板とスロットル・・・

画像で見てもこんな感じだから位置関係はおけ~

ということにしておきます。

このあとはおまちかね菊花賞の予想だよ(笑)

お楽しみに♪

つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小国空軍機コン-HAWK75(その4)

模型記事ご無沙汰しております。

模型には絶好の季節ですが、体調はどん底です(笑)

家に帰っても模型を広げようという気にならないです。

先週から一週間何もせず、さすがにこれではイカンだろうと思い直して

ちょっとだけ進めました。

1

計器板はモールド表現ですが立体感が微妙です・・・

メーターは最初にアクリルの白を塗ってからエナメルのブラックを落とし、乾いてからエナメルシンナーでこするように拭き取ってみました。

ちょっと色に変化を付けたブラックで計器板を塗ってメーターにクリアを落として最後にシルバーで軽くドライブラシです。

微妙な仕上がりですな(笑)

2

経験則から言うとこういうときは地道に進めるしかありません

下手に違うものに手を出すとますますモチベが下がるだろうな。

やる気スイッチ捜索中w

なのだ・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

秋のGⅠバトル-秋華賞

秋華賞・・・

わたしシロイルカ的にはオークスで推したホエールキャプチャでひねりもなく行きたいと思います。

シロイルカだけにホエールキャプチャ(安直)

相手ですが、今回は逃げ馬でピュアブリーゼを推したいと思います。

⑫ホエールキャプチャから馬連の流し

⑥ピュアブリーゼ

⑨エリンコート

⑮マイネイサベル

⑯カルマート

⑰レッドエレンシア

⑱マルセリーナ

各500Pで合計3,000P

さらに特別ルール1着予想

⑫⑥⑱に各100P

連勝狙います( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

マイルチャンピオンシップ南部杯

またまたわからんレースだな。

とにかくいえるのは東京開催で今までのデータは一切関係なくなるということぐらい・・・

東京ダートの1600は他所とちょっと違いますからねぇ。

フェブラリーステークスリプライズ・・・というところか?

考えてもしょうがないので

⑥ダノンカモン

⑦エスポワールシチー

⑪トランセンド

3頭の馬連ボックスだいっ!

各500Pで1500P使用です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

小国空軍機コン-HAWK75(その3)

ハムスター順調に育ってます(笑)

0

この画像はケージ清掃中で一箇所に勢ぞろいしたところ

普段は3個のケージで別れて暮らしてます。

通常父親(左中・・・ノーマル)は一人暮らしです。

身につまされますなあ・・・

************************

というわけで進まないHAWK75であります。

平日の夜は材料や工具を広げるのが億劫でついついサボり気味

本日久しぶりに時間を取って作業いたしました。

1

左スロットル側側壁

最近話題になったトリム調整用のレバーと思わしきものがあります。

これを誤操作したぐらいで90度を超えるようなバンクをしてしまうもんなんでしょうかね?

一度旅客機でロールを打ってみたかったのかなぁ?などと勘ぐってしまいました(笑)

さておき。

資料画像を見て位置関係を決めたのですがこのままだと計器板と干渉(汗)

ただし仮組みして位置関係を確かめると正しく見えるので、おそらく計器版がもう少し奥まってセットされるのが正しいのだろうと自分に都合よく解釈しました(笑)

2

おおむねこんな感じ

左手の位置関係を考えるとこんなもんでしょう。

お次は右側ですが、

こちらは操縦に関わる補器類はなさそうなんですが画像ではよく判らない大きめのモジュール的なものがあります。

気休めのためにデッチアップしました。

ただし右側は導入した国によって全然違ってると思いますね。

3

シートベルトをセットしたいんですが後ろの隔壁のタオルバーハンガーから垂れ下がっているので、まずは隔壁の継ぎ目消しが必要です。

面倒だな・・・

まずは一度塗装して胴体を接着しなきゃですね。

ああ、面倒くさい

気合不足著しいなぁ

ではではノシ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

小国空軍機コン-HAWK75(その2)

ごめんなさい全然進んでません(笑)

ですが一応コクピの製作に突入です。

胴体の内側にモールドされている胴体フレームやスロットル等の補器類のモールドが立体感がなく甘い

(これはホビクラだけに限ったことではありませんが)

ので、どうしようか思案してたのですが、コンペに参加している他の皆様を覗くとちゃんと胴体フレーム等を作りなおされていたりするわけで、ここはバッくれるわけにもいかんだろうと思い、まずは側壁のモールドをすべて削り落しました。

1

他のみなさんも迷ったらやっちまいましょうね(笑)

というわけで心おきなく側壁のDUP(デッチアップね)をやろうと思います。

まずは胴体フレームと補器類の再現・・・

ホーク75の画像は山ほどあるんですが輸出仕様の故か、みんな微妙に差異がありますね~

相手の注文に合わせて作るんだから当たり前ですが・・・

なので、一番見やすい画像を元にデッチアップです。

2

半端な画像で申し訳なし・・・

本日は途中にて力尽きました(笑)

時間が無いわけではないのですがなかなか作業に時間が割けません。

微妙にモチベ低下中

3

シートもとりあえずうすうす攻撃です。

次回は気を取り直して(←こんなのばっかり)頑張る予定!

ただし予定・・・

| | コメント (18) | トラックバック (0)

秋のGⅠバトルースプリンターズステークス

始まりました。

御用とお急ぎの方はこのページすっ飛ばしてください(笑)

最初から苦手な短距離レース・・・

むずかしいなぁ

とはいえ大本命がいるので逆らわずにここは素直に。

⑤ロケットマン

⑦フィフスペトル

⑧ダッシャーゴーゴー

⑪トウカイミステリー

⑭エイシンヴァーゴゥ

以上5頭のボックスに各300P

合計3,000ポイントです。

⑪が私のダークホース

いざいざノシ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »