« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

小国空軍機コン-HAWK75完成!

CURTIS HAWK75O ARGENTINE AIR FORCE

完成しました。

HAWK75というのはカーチス社内名称なんですね、P-36として米陸軍に採用されたものと基本的には同じ機体です。

今回作ったのはHAWK75O、エンジンはサイクロンに換装され固定脚になってます。

ウィキによると輸出用廉価版・・・となってます。

1

この水色と白のラウンデルが貼りたくて作ったようなもんですわ(笑)

キットはホビクラらしく最低限のモールドしか入っていないもの。

手を入れたい方はご自由にといういつものパターン。

ううう、まさにキットが廉価版(安くないけど)

2

プロポーションの雰囲気は悪くないのであちこち手を入れればそれなりに見栄えがします。

パーツの差し替えでP-40まで出ている関係であわせの良くないのが難点ですね。(特に機首周り)

3

とはいえ、この派手派手塗装はなかなかすごいです、練習機なのかパレード用の機体なのか?

インストによると1947年となってますのでもうすでに退役寸前でやりたい放題なのかもしれません。

4

単調にならないようにリベットを打ってみましたが、リベットラインはあちこち間違えてますので検証なさらぬ様くれぐれもお願いします(笑)

5

はぁ、楽しかった。

今回は小国空軍機コンという素敵なお題に感謝して終わりとさせていただきます。

| | コメント (27) | トラックバック (0)

秋のGⅠバトル-有馬記念

きましたね~有馬記念

レースとしては見所いっぱいでわくわくしますが予想は・・・

現在ダントツ最下位としては穴狙いで行きたいけど、人気馬がコケそうな気がしないなぁ。

というわけで、

①ブエナビスタ

⑧ローズキングダム

⑩トーセンジョーダン

⑫アーネストリー

以上4頭の馬連ボックスに各2000P

単賞もこの4頭に各1000P

勝負!

********************************

そして今朝のHAWK75

2_2

| | コメント (13) | トラックバック (0)

小国空軍機コン-HAWK75(その12)塗装の巻

寒い・・・めちゃ寒い

さて、遅々として進まなかったHAWK75もやっと塗装です。

まずはアンチグレアのブラックと窓枠の機内色胴体の赤帯を適当に吹きました。

1

そして、シルバー塗装。こいつは資料画像で見た感じ無塗装銀のように見えますが 、なにしろアルゼンチンなので全くわかりません。

もしかしたら銀塗装なのかもしれません。

クレオス8番!君に決めた!

というわけで今回はクレオスのシルバーで塗ってみます。

2

吹き重ねてはウエスで磨きを繰り返し・・・

3

都合3回ほど塗り重ねて終了といたしました(笑)

リベットを打っておいたので塗装面が単調にならなくていい塩梅です。

4

マスキングを外した状態・・・

派手だなぁ(笑)

平時のラテンアメリカの空軍なんて思いっきりラテン系なんでしょうね(←意味不明)

しかしフォークランドで見せた冒険的な手腕は侮れません。

とにかくやっとデカールが貼れるのだ。

5

だってあなた、国章もスカイブルーですよ(笑)

ノシ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

秋のGⅠバトル-朝日杯フューチュリティステークス

当たりません・・・

あと二回何とか連勝して溜飲を下げたいなぁ

ところでこのレースいつからこんなわけのわかんない名前になったやら・・・

まあ、いいや

早速いきましょう。

③アルフレード

④マイネルロブスト

⑤ネオヴァンクル

⑥スノードン

⑮レオアクティブ

⑱ダローネガ

6頭の馬連ボックスに各200P

3000Pでおねがいします(神妙)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

小国空軍機コン-HAWK75(その11)塗装準備

今日は関東らしく乾燥した晴天で寒いという冬の日であります。

サンペを持つ手も震えがちです(笑)

塗装に入る前にあちこち細かい段取りがあって全然前回と見た目が変わってないのが悲しい・・・

特徴のあるカバー付きループアンテナ(?)

1

排気管と排気管カバー・・・

できるだけパーツを活かしてうすうす攻撃で仕上げました。

2_2

わざわざ排気管のためにこんなフェアリングをつけるのもなんか不思議です。

剥き出しでも大して変わらんだろうとと思うのはシロート考えか?

3

キャノピーマスキング

いつもながらのマスキングゾル切り出しですが、このファストバック部分の第三風防?がホークシリーズの特徴ですね・・・

これは後方視界確保のためなの?

ここを透明にして得られる後方視界はたいしたことないんじゃね?

などと突っ込みながらマスキングして接着、

ここの処理がめんどくさくて手が止まってたというのもあるんですが、結局は普通にマスキングしてタミヤセメントで付けちゃいました。

なんのために悩んだやら(笑)

4

本日の作業終了・・・

塗装直前状態です。

こうやって見ると輸出用の廉価版(メンテナンス負荷の少ない版)という雰囲気が良くわかります。

当時はいっちょウチでも戦闘機を揃えてみるかい、みたいな競争意識が世界中の準列強国にあったんでしょうね。

そしてこの手の機体が最後はみんなフィンランドへ流れ着いたみたいな(笑)

フィンランドすげ~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

小国空軍機コン-HAWK75(その10)再度士の字

寒いですね。

今日はサフを吹いたりエンジン塗装したりしたので窓を開放してるのですが、手がかじかみます・・・

昨晩の月食のときよりはあったかいですけど(笑)

さて、計器板が外れて主翼を引っぺがしたHAWK75です。

計器板と床板を再度つけ直して再度士の字。

さすがに2回同じことを繰り返すと凹みます。

無理やりひっぺがしたので接着ラインもガタガタになってしまいました。

と言うわけで胴体と主翼の付け根を中心にサフ吹き&サンペ磨き

1

とくに↑のあたりがきちゃなくなってしまいました。

銀塗装なのでどこまで磨けばよいのやら・・・

2

エンジンとプロペラハブも塗装してきりっとなりました(`・∞・´)

あとは納得いくまで磨いて銀塗装かな。

この機体で越年はいやだ!がんばろう~

と、自分に言い聞かせてますがどうでしょう。

3

ところどころ消えかかった筋彫り&リベットも打ち直し

来週こそは塗装するぞ~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

秋のGⅠバトル-阪神ジュベナイルフィリーズ

さてさて、

得点争いから完全に脱落してしまい一発逆転を夢見てます(笑)

今回も高配当を狙いたいとこですがなかなか上位人気が消せないなぁ。

と言うわけで人気馬と穴を織り交ぜて狙いましょう。

③アラフネ

⑤ファインチョイス

⑥スイートスズラン

⑬ジョワドヴィーブル

⑱サウンドオブハート

5頭の馬連ボックスに各200P

合計2000Pです。

2歳馬はよくわかんないし(ぶつぶつ・・・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

天龍(その8)-軽巡コンにむけ再開!

HAWK75停滞中・・・

いろいろあるんですが、ここまで停滞するのも久しぶりだわん、

というわけで作りかけの天龍を引っ張り出しました。

すでにエントリーは済ませてあるんですが放置期間が長かった為、あちこちやり直す羽目に・・・

手すりは瞬着が外れてしまっている部分が見られてしまってるんですが甲板のモールド削りを忘れていた部分があるのでこれ幸いと1回外してやり直し。

1

かなり逆戻りした感がありますが、自分をだましだましもういちどリノリウム色を塗装し直し。

マスキングちまちま地獄にもめげず軍艦色を塗装。

2

最近、模型記事より他の記事のほうが多いのを自覚しておりますが、今日の私は一味違うのだ(笑)

なんとか意地でここまで進めました。

3

塗装してみるとあちこちに瞬着のあとやら仕上げミスやらが目立つ・・・

レタッチと再仕上げ必至ですがまずは組み上げて自己満足に浸りましょう(笑)

4

ひさびさにまともに進んだ感のある画像だ・・・

さてと・・・また明日は仕事じゃ

やれやれ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

秋のGⅠバトル-ジャパンカップダート

GⅠ バトルもあと4レース・・・

大きく離されてしまったので一発逆転と行きたいですがどうもこのレースは堅そうです。

穴馬はいるのかな?

いないかな・・・

というわけで

④ラヴェリ-タ

⑥エスポワールシチー

⑦ダイショウジェット

⑬ダノンカモン

⑭ヤマニンキングリー

⑯トランセンド

6頭の馬連ボックスに各300P

特別レースなので単賞⑭ヤマニンキングリーに500P 

合計5,000P

勝負じゃ! 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »