« 一年の計 | トップページ | Ⅰ号対戦車自走砲-(その3ぐらい?) »

複葉機じゃ~!

年末に久々にスケビを買いました。

確か横山宏センセが編集やめた頃から読まなくなったので5年ぶりくらいか・・・

あの意味のわからんノーズアートクィーンなるものに拒絶反応あり。

おにゃごは好きですがおにゃごのグラビアが見たかったらそれ用の雑誌を買いますから!

理由は久々に複葉機特集・・・とくにウィングナットウィングスのキット特集ですよ。やっぱり飛行機の模型誌なんだからもっと特集にちゃんと力を入れて見ごたえのある紙面を(以下主観が入りまくっているので略)

でも、この意見は少数派ではないと思うので大日本絵画さんには熟慮願いたいところです。

というわけで、前回記事の答えあわせです。

答え:ニューポール17(注:センター試験には出ません)

はい、かば◎くんは列外・・・あとの諸君は前にささえ100回始め!

そして、すぐに雑誌に影響されるシロイルカ君は200回やるよ~に

(↑コメで突っ込まれるまえに自発的に)

1

胴体内の再現が中途半端なので削ってから構造材の再現から、

画像はWEB上にごろごろしているので問題なしですが、このキット、計器の類のパーツが一切ありません(笑)

実機も申し訳程度にcompte toursなるメーターがついているだけだったりします。

compte toursを翻訳すると回転計か・・・

回転計だけで戦場をとべるのかなぁ?

などと疑問は深まりつつ次回へ

2

ではまた。

|

« 一年の計 | トップページ | Ⅰ号対戦車自走砲-(その3ぐらい?) »

模型」カテゴリの記事

コメント

複葉機は門外漢なのですが今回のスケビは
ワタシにも面白かったデス。
でもやはり張り線は敷居が高いなぁ・・・。
おねーちゃんは別に有ってもいいのですが
記事の中で一番コストが掛かってそうなので
無くしてその分値下げしてくれた方がベターっすね。
それとすぐ影響を受けるのはワタシもデスw

投稿: やひち | 2012年1月 3日 (火) 22時52分

おお~ニ式24型戦闘機でありましたか!

最近、というかかなろスケアビは読んでませんねぇ。
昨年トムキャットか何かの特集は買った・・・・かも?

投稿: シミヤン | 2012年1月 3日 (火) 23時33分

あ、ニ式24型戦闘機はこの後の機体だ…

投稿: シミヤン | 2012年1月 3日 (火) 23時35分

やひち様、私も複葉機は初めてではないもののWWⅠの機体は初めてです。
ニューポール17は幸いあまり張り線が複雑ではないのでムキー!とならない(?)と思ってるんですが・・・甘いかな。

投稿: シロイルカ | 2012年1月 4日 (水) 07時14分

シミヤン様、そうそうニューポール24なら日の丸仕様にできたんですが・・・
胴体や尾翼がリファインされているようですが画像で見る限りにはそんなに違いませんねぇ。

私の周りでは今月のスケビは久々に買った・・・ちう人たちが多いです。

投稿: シロイルカ | 2012年1月 4日 (水) 07時19分

やっぱり飛行機で正解ですね♪

構造材~いいですねぇ、これから計器類 操作レバーに
ロッドなどを作っていくんですね♪

投稿: ハヤテ | 2012年1月 4日 (水) 10時38分

>>はい、かば◎くんは列外

はっ、光栄です。
ニューポール17c1は、昔々のレベル72複葉機シリーズの中でも非常に出来がよく(エンジンはカウリングと一体でしたが)、その頃から大好きな機体です。

しかしエデュ48かと思ったら、アカデミー/ホビクラ32でしたか。

スケビのおねーさんの件は激しく同意です。その分、飛行機の記事を載せてほしい……。

投稿: かば◎ | 2012年1月 4日 (水) 16時12分

ニューポール!。 かんしゃく!!。
あやつのシートは合板じゃぁ!!。ちきしょーw。
おのれ、連鎖タコツボ掘りゆくぞー。

投稿: apuro | 2012年1月 4日 (水) 18時24分

ハヤテ様、それがですねぇたいしたものが付いてないんですよ・・・私もびっくりです。
計器が回転計だけなんです、ほんとうかなぁ。

投稿: シロイルカ | 2012年1月 4日 (水) 21時18分

かば◎様、へい、アカデミー版です。あまりの安さについ買い込んでずっと積んでたんです。
最近は目が悪くなってきたんで1/32でちょうどいいです(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年1月 4日 (水) 21時30分

apuro様、ああ、合板製ですか。まるで曲げわっぱの様な高等テクですね。
籐編みの椅子もなかなかですが、合板製穴あきシートなんて作るのが大変なだけでたいした重量軽減にもならない気がする。

投稿: シロイルカ | 2012年1月 4日 (水) 21時35分

当時は回転計だけってのはポピュラーだ。
その後、気泡式水準器や乾式コンパスが加わり、
速度計、高度計が付く。
お椀型速度計、ロビンソン速度計はあったがコクピ内じゃなく、翼の支持桁にあったし、回転計すらエンジンカウル直上にあるのが普通。
双発機では左右にわかれて困ったことになる。
回転空冷エンジンは逆トルクがでかいのが特徴。
ブリップスィッチってエンジンカット装置があるのよ。
離着陸時の微妙なエンコンはスロットルよりブリップオンオフで調整してた。
ベベベベ・ブリッ・ブリッ・ベベベベって。
空戦時の急旋回もわざとエンストさせて逆トルクでひねるのサ。

投稿: apuro | 2012年1月 4日 (水) 21時38分

合板・
アルバトロスなんかの胴体。短冊の合板をぐるぐるスパイラルに巻いて成型してたハズ。セミモノコック。
おそるべし!。

投稿: apuro | 2012年1月 4日 (水) 21時43分

そうか、回転計だけでいいのか・・・
空冷ロータリーはかなりのじゃじゃ馬だったようですね。
特性を熟知すればかなりの激しい機動ができたんでしょう・・・あんまり乗りたくは無いけど(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年1月 4日 (水) 22時27分

ずいぶんと御無沙汰してしまいました(陳謝;)
明けましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願致します。

旧軍であらば、回転計がなくとも爆音とスロットルレバーの位置からおよその回転数を計り、旋回計が故障したならフットバーの踏み加減や体感Gでおよそのすべりを感じ、昇降計が脱落したならば風防枠と地平線の位置からおよその機位を・・
知り得たかどうかは定かではありませんが、要は技量が大事という・・(支離滅裂なので以下、略w)
シャープな造作、惹かれます♪

投稿: hagu | 2012年1月 5日 (木) 03時16分

hagu様、さらに整備の達人『寿光様』がエンジン音だけで故障箇所を特定『3番のピストンリング!』新入りの整備兵はマフラーに耳を当て・・・
つまり熟練の技量=日本軍の誇り
はっ!hagu様お久しぶりです、久々にhagu様のコメ振りにレス出来てうれしい限りです。
本年もよろしくお願いいたします。

投稿: シロイルカ | 2012年1月 5日 (木) 20時15分

複葉機に挑戦される 新しい境地に突入ですか
しばらくは資料と首っ引きになるんでしょうか
木目模様を見せてください。

投稿: あきみず | 2012年1月 5日 (木) 20時52分

あきみず様、複葉機は前から作りたかったんです、作左さんのところやスケビの影響で思い切りました(笑)
なんか大人になった気持ち(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年1月 5日 (木) 21時13分

エンジンで一番気になるのが回転数ですよね。

パワーバンドはもとよりオーバーレブするとガスケットが飛んだり、バルブサージングおこしたり、がありますから。

因みに二輪のレーサーはタコと水温計くらいしかありません(w)。

投稿: XJunで〜す | 2012年1月 5日 (木) 21時44分

XJunで~す様、なるほど、ブローして壊れないための装備なのか、そう考えると納得・・・

>二輪のレーサーはタコと水温計くらい
そうなんですか・・・速度はライダーの感覚に依存してるんですね。

投稿: シロイルカ | 2012年1月 5日 (木) 23時43分

米失業率8.5%に低下 約3年ぶりの低水準
138946

投稿: 米失業率8.5%に低下 約3年ぶりの低水準_127822 | 2012年1月 7日 (土) 16時03分

またまた おじゃまムシ。
ピッチ固定のプロペラ時代、エンジン回転数でおおよその速度が分かるよね。
ただ、この時代の回転計は今みたいな、なめらかにリアルタイムで表示出来るモノじゃなかったハズ。15秒程度毎のピークメーター。 ピキン ピキンと動く。 レースカーの回転計&SLの速度計も同様だった。
航空機エンジンに必要不可欠なのはブースト計。過給器やタービンブーストが無いので基本負圧計になるのだが、アネロイド気圧計流用程度で充分。気化器内部の負圧変化を把握出来ることによってリアルタイムで高度(酸素濃度)&回転数による燃焼具合を知る・コントロール出来るんだ。
後に過給器などが登場すると、低、高高度如何にもかかわらずでもオーバーレブの危険性が生じるようになる。フルスロットル=オーバーブースト。 となる。


投稿: apuro | 2012年1月 7日 (土) 18時50分

apuro様、むずかしいな・・・自然吸気に限定すればスロットル開度は回転数と加速のコントロールでいいのかな?ああ、高度の気圧変化もあるのか。

ピッチ固定だから巡航時の負圧管理が燃費(=巡航時間)に直結する・・・んですよね?

投稿: シロイルカ | 2012年1月 7日 (土) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/53645659

この記事へのトラックバック一覧です: 複葉機じゃ~!:

« 一年の計 | トップページ | Ⅰ号対戦車自走砲-(その3ぐらい?) »