« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

ワイルドウィリスJr.(その4)-完成

月末ですね・・・

東京は雪です。数センチでも積もろうものなら右往左往する首都圏住民ですが、今日は五十日(ごとおび)で月末で大雪・・・

どうなることやらですね。

さて、

ワイルドウイリスJr.も完成しました。

本日が画像の応募期限です。

昨日は自宅のネット回線が不調で自宅ではネット接続できずでした。

しょうがないので会社のPCで画像加工等の作業をして無事納品(?)しました。

やれやれ・・・と。

本来ならば画像をアップするところなんですが、映りの良いやつは応募に使用してしまったのでボツの画像をアップしておきますね(笑)

1

この前から追加になったのはピザの箱だけですね(笑)

あと、もふもふも多少調整してあります。

この角度の画像だと○つじの○ョーンに似てないにも程がありますw

あうあう・・・

というわけで三次元キャラクターを上手に作れる方をあらためて尊敬した次第。

多少なりとも似ている画像は応募に使ったということもあるんですが、それにしても・・・

2

もう一枚さらしておきませう。

**********************

今日の結論!

二度とキャラクターフィギュアの自作はしないであろう(キリッ)

( ´・ω・`)

追伸:自宅のADSL回線が死にかけているのでWEB徘徊とレスに支障をきたしてます・・・(涙)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

ワイルドウィリスJr.(その3)-いまいちかな・・・

ワイルドウィリスJr.

大塚康生センセの監修によるこのキット、さすがJEEPの第一人者のセンセだけあって模型としての姿がいいであります。

(とくに斜め前から見た感じ)

今日、ちょうどツイッターで吉祥寺怪人氏が先生の人柄についてツイートされてました。

リツィート感覚で引用

********************

私の体の九割くらいは、十代の始めより大塚さんから影響を受けたアニメ、模型、軍用車両の情報で形成されていると言ってよい(残りの一割は中性脂肪…泣)。アニメーターとしての偉大さはもちろん、趣味人としての生き方が見事過ぎ。「格好いいとは大塚さんのことさ」と、心から思っている。

「ルパンが40年、僕が40の時の仕事だねぇ」と大塚さん。あれは「自分の手元に引き寄せ」ることができたのが良かった、好きな銃や車を出していいんだと。今では若手の手が挙がらないとおっしゃる。「今の人達にはルパンに活かせる趣味がないんだね…」。自分も耳が痛い…。

大塚「趣味を持ってて作品に活かせる時に勢いが出るんだよ。宮さんもルパンをやって、好きなことを入れていいんだと思ったんだろうね、コナンで飛行機出したり」

怪人「雑想ノートをはさんで、紅の豚やったりして、ぐるっと回って今では堀越二郎ですもんね」

*****************

私も無駄に歳だけはとってしまいましたが趣味人としての生き方についてもっと考えなきゃ・・・と思います。

とはいえ絶対に言えるのはこの趣味はふつーの仕事に活かすのはかなりきつい(笑)

何に活かせばいいのやら(自嘲)

また、個人的な知り合い(元同僚、元アニメーターの女性)の方からも大塚先生の素晴らしさについて聞かされてるので今回は氏へのリスペクトを(←この言葉ちょっとと使うのがハズイ)もとい尊敬の念をこめて製作してます。

前置きはこのぐらい。

さて・・・と、だいたい主だった部分は出来上がりました。

なんか・・・いまいちかな(笑)

後は演出用の小物を仕上げて出来上がりなんですが、採寸をミスったのでやり直しとなります。

1

完成は月末ギリギリというところでしょうか。

あ、でもたいした作業が残ってるわけではありません、

下作業の関係でやるのが週明けになってしまうんですね。

2

シフトレバーがなかったので真鍮線とBB弾で造作

ちょっとシフトノブでかすぎだろ(笑)

はい、先に自分でつっこんでおきます。

明日は違うことやろっとノシ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ワイルドウィリスJr.(その2)-オンボロ化

さて、すっかり人気のないワイルドウィリスJr.

ウェブコンの締め切りまであと一週間とうかうかしてられません。

もう、構想は完了しているので車体を仕上げます。

とりあえず農場の乗用・貨物兼用車両なので、キズ、ヘコミはもとより泥汚れもMAXの状態を目指します。

現役の『生きている』実用車・・・特に農家の軽トラが一番の参考になりそうです。

1

エナメルの黒+こげ茶でチッピング・・・単調にならないようにバランスに気を付けてます。

その後『じぬんの素』をアクリルシンナーで溶いたものを全体に塗ったくりました。

全体の様子を見ながら、布で少しずつ拭き取っていきます。

加減がなかなか難しいところです。

まだまだ修行中といったところであります。

2

車体の汚しは最終段階でまた調整だな。

この記事・・・誰もついてきてない予感(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ワイルドウィリスJr.(その1)-初キャラもの

寒い寒いさむい~

こんな状況で模型なんぞ作れません・・・と思っていたのですが、棒WEBコンペの期限もあまりないのでワイルドウィリスJr.を作り始めました。

居間でも作業可能なのでさくっと組み立ては完了・・・

次はそれに合わせるフィギュアを作らなければ。

とはいえフィギュアスクラッチは苦手科目というか初挑戦。

石粉ファンドなるものを使って粗々の外形を作成、エポパテとタミヤパテで整える算段。

1

ネタばれしても別にかまわないので出しておきますが、これですでに判る人には判ってしまいますね(笑)

判らなくても気にしないでください・・・ヒントはあえて出しません。

後はサンペで成型とパテ盛を繰り返すことになります。

ノンスケール+キャラ物なのでバランスがとり難い・・・融通の聞かないスケールモデラーの悲しさであります(笑)

まあ、末っ子が乗り乗りで手伝ってくれるので良しとします。

2

さて、ウィリスはイギリスっぽくスモーキーなライトブルーに塗ります、実際のアニメはランドローバー(寄り目)なんですが同じ四駆なので違和感はそんなにありません。

このブルーで塗るとRAF のJEEPのようでありますねぇ。

というわけで、いろんなことをいっぺんに始めて消化不良の筆者であります。

次回をお楽しみに(本当か?)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

鉄牛(其の弐)ボギーボギー

今日は留守番の引きこもり。

長男の飯を作る以外はPCと模型に明け暮れました・・・ってそれでいいのか俺

引き続き鉄牛です。上部転輪はそれほど手間が掛かりません・・・真鍮線を打って強度を上げてるぐらいです。ただ八個もあるんで時間はそれなりに掛かります。

0

さて、問題はボギーです・・・

メタルパーツとインジェクションパーツとエッチングで作るんですが位置決めがあいまいで板ばねと転輪は本来間が開くはずなんですがどこを支点に接着するやら解りません。

アホ程失敗した後、基本に戻り真鍮線を打ち転輪パーツを板ばねに仮止めしてからエッチングパーツを合わせて接着するという方法で何とかクリアー。

むっきーですわ・・・

1

たかがこれだけに二時間以上掛かったわい・・・

これをあと三つつくるんかと、げんなりしましたが、残りの三個は三個で二時間ぐらいで済みました・・・やれやれ。

2

今日の最終状態、鉄牛だけに牛歩の歩みだす(笑)

ここから先はエッチング地獄とカステン地獄なのだ・・・

そろそろミニ四駆も作らないと~

それにしても車高たけ~

********************

今日の豆知識

チハ車はチ(中戦車)のハ(イロハのハ=三番目の試作)ということになってますが、

チ(小さくて)ハ(ハァハァ・・・)が本当だそうです(`・∞・´)

ではノシ

| | コメント (15) | トラックバック (0)

鉄牛(その1)

鉄牛始めました(笑)

今年に入ってから一個も完成してないくせに箱だけはどんどん開きます。訂正:一個完成してました(汗)・・・自分でも印象薄っ

グリフォンスピットはスロットルのパーツを異次元に飛ばしてしまって一頓挫(笑)

もう少し探すかあきらめて自作するかの二者択一を迫られてます。

ニューポールは回転計の工作でこれまた頓挫・・・画像検索→形状把握→作業手順シミュレート→めんどくさいので先延ばし(←イマココ)

さらにはWEBイベント参加のためキットを購入(笑)

6

ミニ四駆です。解る人は、ははぁ~あれだな・・・と(笑)

そう、これにエントリーしました。

ちなみにエントリー期限はもう終わっていますのでご注意を。

2月末が製作、画像送付期限なのでこれも作らなきゃです。

あ、皆さんチャンネルはそのまま、全部ちゃんと作りますんで・・・

放棄したのはバンダイのアレだけですから。

*********************************

というわけで八九式中戦車。

5

2001年のアマモ6月号に工作ガイドが載ってます。

まさかこれを読んでた頃にこれを作ることになるとは思わなかったな~

当時は出戻り3~4年目でガレージキットなるものは高い、臭い、組めない・・・シロートが手を出すと返り討ち必至・・・と認識していました。

まずはパーツを切り出し・・・う~んやっぱりゆがんでるパーツがある。

ということで画像はありませんが一部パーツを湯がいてみました。

そして仮組み。

1

一番めんどくさいボギーは後回しにして車体と起動輪、誘導輪を一体化。

砲塔には機銃と砲身をつけて全体形を確認しました。

ボギー上部パーツにあたる部分がゆがんでいたので真鍮線で矯正しながら接着しましたがちょっと隙間が開いてますね~。

強度確保と仮組み状態で形状把握したいので他にもあちこち真鍮線入れてあります。

2

それでもできる隙間はタミヤパテ攻撃。

フェンダーやスカートもつくので目立たなくなるところも多いですが気休めということで。

3

成型状態はそれほど悪くないですが、ところどころエッジが欠けたりバリ(というか型の変形?)がありますので地道に修正。

一番気になるのはゆず肌ですね~・・・リベットだらけなのでサンペを当てるわけにも行かず悩むところです(つ~かこのままで行くしかないだろ)

4

さて、この後はボギーと上部転輪とカステンキャタです。

ってこれからが本番じゃ~ん。

頑張れ、俺 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

グリフォンスピットだす(その2)

前回の八九式中戦車の記事ではいろいろなご意見を賜りまして感謝です。

やる気はMAXですが寒さのせいで体が言うことを聞いてくれません。

なので今日はルーチンでできる作業を進めました。

グリフォンスピット・・・カメラ窓を面一にするために微調整後エポキシ系接着剤で接着します。

1

カメラのパーツもあるのですがクリアパーツが牛乳瓶の底状態なのでよく見えませんね。

2

主翼下にもランディングライトの窓があります、こちらは裏にポンチで打ち抜いたアルミテープを貼ってから接着

3

そして仮組みマニアとしては恒例の仮組みをします。

合わせの悪いところはほとんどありませんね・・・

パテの仕様は最小限ですみそうです。

4

仮士の字。

かなり押し出しの強い外観になってますね。

なんつ~かDQNの改造した族車を彷彿とさせます・・・

とってつけたようなオバフェン、スポイラーな感じです。

あ、格好悪いという意味ではないです・・・念のため

グリフォンのせいで燃料消費が増えて航続距離が短くなったようですので、それも族車っぽい(笑)

5

裏返し・・・

こちらも各パーツの合いは良好。

水平尾翼が小さいままなのはアンバランスで面白いです。

マーリン→グリフォンはペラの回転が逆なので操縦特性はかなり変わったんでしょうね。

なんとなくベテラン受けの悪そうな感じがします。

さて、しばらくは本気の三角食いが続きます。

目が離せませんよ・・・

(いやウソです)

 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

オフ会と鉄牛

関東以外は軒並み雪大雪に見舞われているようですが皆様大丈夫でしょうか?

昨夜は定期的に開催される関東軍オフ会という名の飲み会でした。

今回は新年会という名目で新宿の『戦艦大和一号店』で決行されました。

(名前の割にはノーマルな居酒屋で拍子抜け 笑)

席上かねてより関東軍の重鎮、垂直閣下から『作る気があるならやるよ』といわれていたモノを渡されました。

1_2

グムカの八旧式中戦車ぢゃない『八九式中戦車』であります。

おまけにドラゴン降下猟兵のフィギュアつきで渡されました。

さすがに元値二マソ越えのキットをタダで頂くわけにはいかず格安価格にて譲っていただいた次第です。

ただし条件が一つだけ、『完成させること』となってます。

厳しい条件のようなトーゼンのような・・・

2_2

さてオープン・ザ・ボックス

プ~ンと溶剤臭が鼻を突き例のレジンキット独特のわくわくする香りが広がります。

う~、これはまずマジックリンを買ってこなくちゃ(笑)

メタルパーツの小物にエッチングのスキッド・・・

インジェクションが出てしまった今としてはプレミアアイテムといってもいいのですが

私はコレクターではないので容赦なく作るのだ。

仕掛かりがまた増えるが気にしないぞ!

手をつけまくるのだ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »