« グリフォンスピットだす(その2) | トップページ | 鉄牛(其の弐)ボギーボギー »

鉄牛(その1)

鉄牛始めました(笑)

今年に入ってから一個も完成してないくせに箱だけはどんどん開きます。訂正:一個完成してました(汗)・・・自分でも印象薄っ

グリフォンスピットはスロットルのパーツを異次元に飛ばしてしまって一頓挫(笑)

もう少し探すかあきらめて自作するかの二者択一を迫られてます。

ニューポールは回転計の工作でこれまた頓挫・・・画像検索→形状把握→作業手順シミュレート→めんどくさいので先延ばし(←イマココ)

さらにはWEBイベント参加のためキットを購入(笑)

6

ミニ四駆です。解る人は、ははぁ~あれだな・・・と(笑)

そう、これにエントリーしました。

ちなみにエントリー期限はもう終わっていますのでご注意を。

2月末が製作、画像送付期限なのでこれも作らなきゃです。

あ、皆さんチャンネルはそのまま、全部ちゃんと作りますんで・・・

放棄したのはバンダイのアレだけですから。

*********************************

というわけで八九式中戦車。

5

2001年のアマモ6月号に工作ガイドが載ってます。

まさかこれを読んでた頃にこれを作ることになるとは思わなかったな~

当時は出戻り3~4年目でガレージキットなるものは高い、臭い、組めない・・・シロートが手を出すと返り討ち必至・・・と認識していました。

まずはパーツを切り出し・・・う~んやっぱりゆがんでるパーツがある。

ということで画像はありませんが一部パーツを湯がいてみました。

そして仮組み。

1

一番めんどくさいボギーは後回しにして車体と起動輪、誘導輪を一体化。

砲塔には機銃と砲身をつけて全体形を確認しました。

ボギー上部パーツにあたる部分がゆがんでいたので真鍮線で矯正しながら接着しましたがちょっと隙間が開いてますね~。

強度確保と仮組み状態で形状把握したいので他にもあちこち真鍮線入れてあります。

2

それでもできる隙間はタミヤパテ攻撃。

フェンダーやスカートもつくので目立たなくなるところも多いですが気休めということで。

3

成型状態はそれほど悪くないですが、ところどころエッジが欠けたりバリ(というか型の変形?)がありますので地道に修正。

一番気になるのはゆず肌ですね~・・・リベットだらけなのでサンペを当てるわけにも行かず悩むところです(つ~かこのままで行くしかないだろ)

4

さて、この後はボギーと上部転輪とカステンキャタです。

ってこれからが本番じゃ~ん。

頑張れ、俺 

|

« グリフォンスピットだす(その2) | トップページ | 鉄牛(其の弐)ボギーボギー »

模型」カテゴリの記事

コメント

レジンキットはパーツの切り出し、整形、気泡埋めができたら七割方できた様なものといいますね。

σ(^_^)も10年くらいまえにヴァーリンデンの15榴で鍛えられました。

まさか香港龍からスマートキットが出るとも夢にも思いませんでしたorz。

投稿: XJunで〜す | 2012年2月11日 (土) 19時19分

四駆、いいっすね~♪
サファリなんて言いません、
かっこ良く仕上げて下さいませ。

やっぱりモーター仕込むんですか?

投稿: ハヤテ | 2012年2月11日 (土) 21時30分

レジンとメタルの混合キットですか!!
こりゃまた接着にひと苦労ですね(笑)

パテが食い付いているということは
パーツ洗浄済なんですか?
箱組みや接着面処理が必要ない分
歪み修正に手間がかかりますね。

ただ重いので組立て時はもちろん
塗装にひと苦労でしょう(笑)

投稿: シミヤン | 2012年2月11日 (土) 21時52分

次々に箱を開けていく、、気持ちわかるなーー
気持ちが乗ってる証拠ですよ。
反省はあとからやるもんですから、考えずに
どんどん開けましょ(笑)
小生も次の箱を開ける予定です。塗装は暖かくなって
からで良いでしょ。。

投稿: | 2012年2月11日 (土) 23時49分

また、名前書くの忘れた。。イッコーでした。

投稿: イッコー | 2012年2月11日 (土) 23時50分

なんかこの状態でガシャコーン!と足が生えて立ち上がり、歯車(起動輪)の腕を振り回して暴れだしそうな雰囲気がありますね。

私は89式に関しては、例のマガジンキット3巻をとりあえず買いはしたのですが、そのまま後生大事に箱を本棚に並べたままです。作る時がくるのやら。

投稿: かば◎ | 2012年2月12日 (日) 00時35分

……しまった、八九式で前にあるのは起動輪じゃなくて誘導輪だった。><

投稿: かば◎ | 2012年2月12日 (日) 01時02分

XJunで~す様、組み立て精度は良好なので案外さくさくです。最初にいいのに当たるとガレキマニアになったりするのかもですね。
私的な進捗度35%(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年2月12日 (日) 08時22分

ハヤテ様、ミニ四はもう構想はできてます。
モーターはせっかくついてるので仕込みますが走らせたりはしないでしょう(多分 笑)

投稿: シロイルカ | 2012年2月12日 (日) 08時23分

シミヤン様、レジンパーツは軽く洗っただけです。一回ばらしてオレンジオイル系の洗剤でもう一度洗おうと思ってます。
本体レジン製は初めてなので手順が適当ですわ(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年2月12日 (日) 08時28分

イッコー様、今は塗装ではなくて工作の季節なんでしょう(笑)基本、塗装より工作のほうが好きなのでどうしてもこうなりますね。
うん、暖かくなってから塗ろうっと。

投稿: シロイルカ | 2012年2月12日 (日) 08時31分

かば◎様、確かにスチームパンクの世界だと、戦車型トランスフォーマーモビルスーツが実用化されていそうです。
妄想をそそる形状をしているんですよね~
>例のマガジンキット
私は一冊目を買い損ねたので買いませんでした(ほっ)
重機のときみたいに一冊完了だったら買ったでしょうけど(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年2月12日 (日) 08時36分

なんと多数のメタルパーツ!。
うひうひぞなもし。
カステンキャタは、、小さいブツはめんどだね。
最高峰はウニバw。 あれは死ねたぞよw。
と 云う事で、、一回死んでこーい!!。けけ。

投稿: apuro | 2012年2月12日 (日) 19時35分

apuro様、ウヒウヒじゃなくてウシウシぞなもし。
もうすでにかなりの重さです・・・これ下手すると完成数年後に自然崩壊するやもしれんw
このキャタもユニバーサルキャリアほどじゃないにせよ死ぬる細かさだよ・・・

投稿: シロイルカ | 2012年2月12日 (日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/53956474

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄牛(その1):

« グリフォンスピットだす(その2) | トップページ | 鉄牛(其の弐)ボギーボギー »