« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

マルヨン(その3)仮組み

昨日に引き続きいじくり回してます。

主翼のリベットは何とか見られる程度まで改善しました。

50cm離れて見ると中々いい感じです。

ただしデジカメで撮るといかんですな~解像度良過ぎなんだよ(笑)

1

気を取り直して胴体とチップタンクのナビゲーションライトをクリアー化、

これはキットオプションの工作でちゃんとクリアーパーツが付いてます。

内側からちょっと飛び出す程度に瞬着で接着して乾燥後整形→磨きの手順です。

2

左タンクなので内側からクリアーレッドを仕込んでますがほとんど判りませんねぃ。

チップタンクが付くと私の好きな空自のマルヨン感がぐっと漂ってきます。

3

胴体のナビゲーションライトは3箇所・・・

コチラはまだ整形前なので瞬着固めになってます。

さて、気分も盛り上がって来たんで仮組みましょうか(笑)

5

主翼のリベットラインはここまで改善・・・

っていうかこれ以上やると泥沼化が懸念されます。

6

っしゃ~、格好エエ(笑)

ウルトラホークとかマットアローとかと同じジャンルの格好良さを感じます。

あれ、間違ってます?

とはいえコイツの爆音は小学生の頃よく聞きました。

小学校の窓からも見えたし(笑)

好きにならない理由がないんですね~

ではまた次回ノシ

| | コメント (20) | トラックバック (0)

マルヨン崖っぷち(笑)

マルヨン続いてます。

模型誌でもひそやかに物議をかもしたこのリベット表現をどう料理するかが当面の課題となりました。

方向性として、500番のサフを吹いてからリベットを増量するというやりかたでトライしてみます。

ざっと概観していやだなぁと思ったのはリベットの大きさ深さが場所によってまちまち(同じラインのリベットでも大きさ深さが微妙に違うんです・・・いったいどんなツールを使ったんでしょうか?)

まずはなぜかリベットが割と目立たない水平尾翼から・・・

1

なんとなく上手くいったかな・・・

このくらいの雰囲気で全体をリカバリーすればいい感じになりそう。

と、思いながら一番違和感のある主翼も同様の処理を。

2

これ、あかんですわ・・・

リベットが広範囲に等間隔で打たれているので

違和感バリバリです・・・

モールドを無視して完全に埋めてしまうか迷うところだなぁ。

そして、広範囲に修正が必要な胴体後半部。

3_2

左がサフの吹きっぱなし、そして右がリベット追加バージョン

遠目だとまあまあだけど近くで見ると案外気になるなぁ・・・

4

もうすこし足掻いて見ませうかね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

春のGⅠ競馬バトル(その3)天皇賞春

さあて、春天

面白いメンバー構成で中々楽しそうなレースですが、

オルフェーブルがぶっちぎりの一番人気なんですね。

私の一押しは⑪ウインバリアシオン

ずっと応援してるのでなんとか勝って欲しいですね~。

3レース目にして個人的趣味丸出しで

⑪ウインバリアシオン流し

相手は

⑤ジャガーメール

⑧ギュスターヴクライ

⑭ローズキングダム

⑮ヒルノダムール

⑯トーセンジョーダン

⑱オルフェーブル

6点流し

⑪⑱だけ1000P、あとは各500Pで合計3,500ポイントでいっ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

親と子の模型教室

末の息子に何度目かの恐竜ブームがやってきまして。

今回は多分モンハン経由だと思うのですが、

恐竜のフィギュアが欲しいとうるさいので『自分で作れ』ということにして、

新宿のヨドバカでキットを買ってきました。

1

ほんとはパラサウロフス(合ってるか?)の方が良かったらしいのですが、とりあえず在庫があった物の中からティラノをピックして買って帰りました。

そこから、やれ作り方を・・・だの、色が塗りたい・・・だの

色の作り方が・・・、いや目の色が・・・え~い

自分の模型を作る暇がねえじゃん(←いや、当然だろ 笑)

先ほどめでたく完成したので画像を押さえておきました。

自分の経験から言って原形を保つのは数日~1ヶ月と見ています。

2

グリーンと茶系のまだら迷彩ですな。

名づけて九七式三号ティラノ(笑)

3

本人は大満足のようでした。

めでたし、めでたし・・・

いや、今度は地面が・・・などと(汗)

続くのか?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

マルヨン開始

更新が滞りまして申し訳ありません。

平日は会社から帰って、晩ご飯食べてPCに向かった時点で眠気に襲われる毎日です(泣笑)

次に何を作ろうかは生き行き帰りの電車の中や仕事中(え?)に考え続けてはいるのですけどね。

現在のモチベでは作りかけの八九式やニューポールに行くにはいまいち勢いが足りず・・・

かといってまた新たに仕掛かりを増やすのもはばかられる。

と言うわけで昨日は蜜柑山を漁ってました(笑)

出戻り始めてもう15年経つのでそれなりに作りかけも溜まってますな~、あ~でもないこ~でもない見てるうちに一個モチベにヒットしました。

F-104J『栄光』ことスターファイターです。

私にとってはこいつとT-33が子供の頃の『格好いいジェット機』なんですわ。

子供の頃の落書きを見るとチップタンクとデルタ翼が私にとってのジェット機アイコンだったらしい(笑)

まあ、それはそれとしてマルヨン。

仮組みだけして放り出してありましたんで、新規みたいなもんですがこれ行って見ましょう。

<資料>

1

旧版(1973年)の世傑とモデルアート2000年10月号

私的にはこれで十分かな。

まずはコクピから、

仮組み時には中身をいじってないのでほぼ最初からスタート・・・

シートベルトとハーネスのモールドが中途半端なのでまずはモールドの削り取りから始めました。

このキット、ハセガワ入魂の作品でやや過剰にモールドが入ってるんですがシートベルトとショルダーハーネスは部品割の関係でモールドが半端に入ってしまってるんですね。

あ、素組み派の方にはこれで充分という意見もあろうかと思います、好みの問題ですね。

モールドを削り取ったあと焼きなましたギターのラウンド弦で酸素用のホースを付けます(キットパーツでも良いんですが見栄え重視ということで)。

2

シートベルトはファインの米軍現用機用(AC-44)を使ってます。

ほんとはもっと細かいハーネスも付くのですがどうしようかな・・・で保留中

パーツはまだつけてませんが股間にあたる部分にイジェクション用(?)のリングが付きます。

3

お次は計器板・・・精密にモールドが入ってますがさすがに塗り分けるのはきついかな。

と、いうことでデカールを貼りこんでデカールフィットでなじませてみました。

4

うまいことモールドに馴染んでくれました。

これで一度フラットクリアーを吹いてさらにメーターにグロスクリアーを落としてみます。

というわけで本日はここまで・・・

このままマルヨンで続くのか???

本人にも解からないところでさようならノシ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

春のGⅠ競馬バトル(2)皐月賞

今年の皐月賞は絶対的な本命がいないですな・・・

出馬表を見ながら気になる馬をピックアップ

⑥ディープブリランテ

⑨ワールドエース

⑭ゴールドシップ

⑱グランデッツァ

やべ~人気順だ・・・何も考えてないと思われるじゃん(汗)

いや、でもね~やっぱり私程度だとそうなるんだよね。

気を取り直して気になる人気薄をチョイス

④メイショウカドマツ

⑯ゼロス

この2頭を加えて④⑥⑨⑭⑯⑱の馬連BOXに各200P

今週もひねりがないのう。

単勝は⑭ゴールドシップに500P

理由は映画『バトルシップ』が公開されたから(笑)

落ちがついたところで失礼いたしますノシ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

グリフォンスピットだす(その9)完成

Spitfire FR.Mk.XIVe

グリフォンスピット完成です。

日曜日に完成していたのですが画像を撮る時間がなくてアップできませんでした。

サブタイプはF.R.Mk14E です。偵察戦闘型となってますが、ウィキやその他ぐぐって調べて見てもどういう運用がされたのかがいまひとつ解りません。

強行偵察とかするような局面がこの機体の登場時にあったのかいまいち不明です。

案外普通に迎撃戦闘機として使用されたのかも・・・

1

他の製作者のブログを見る限り機首周りに難がありそうですね、

確かに画像等でみるともう少し機首にかけて先細りだしフェアリングももう少し小さいようです。

2

この画像だとあまり目立たないけど斜め前や俯瞰でみると頭でっかち感が強調されてます。

まあ、このタイプにあまり思い入れはないので私的にはこれもありかなと・・・

3

プロペラはいまいちだなぁ、これから作る人は徹底的に削り込むことをお勧めいたします。

4

スピナーも太目らしいです。この角度だと主脚の脆弱な感じが強調されますね。

この方が強そうでいいんじゃない?という向きもあるような気もします。

5

着陸灯はポンチで打ち抜いたアルミテープを裏から貼り付けてます。

簡単にできるオススメ工作です。

6

バブルキャノピーの透明度はいまいちです、形的にゆがむのはしょうがないですけど。

まあ、これは私のパーティングライン消しの仕上げがいまいちのせいもありますね(笑)

7_2 

今回は自然光の下の画像も入れてみました・・・

ハイライトが付きすぎていけませんねい。

今後要研究だな。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

春のGⅠ競馬バトル

さて、一部の人にしか関係のない(いや、興味を持ってもらっても良いんですが 笑)

G1バトルの季節がやってまいりました。

まあ、風物詩的に捉えていただきたいですね。

ルールと対象レースです(HOTCOOL様ブログより転載)。

4月8日(日)  桜花賞
4月15日(日) 皐月賞
4月29日(日) 天皇賞(春)
5月6日(日)  NHKマイルカップ
5月13日(日) ヴィクトリアマイル
5月20日(日) 優駿牝馬(オークス)
5月27日(日) 東京優駿(日本ダービー)
6月3日(日)  農林水産省賞典安田記念
6月24日(日) 宝塚記念

全9レース。ここから、将来の日本競馬を盛り上げるスターホースが登場してもらいたいですね。

では、ルールです。
・持ち点は、30,000ポイント。100ポイント単位で使用。宝塚記念終了時、持ち点が一番多い 人が勝者。
・特別レースは、桜花賞・皐月賞・オークス・日本ダービー・宝塚記念とし、この5レースに 限って3,000ポイント以上を使用する。
・上記以外のレースはポイントの縛りなし。
・全レースとも投票方式の縛りなし。
・特別レースについては、別途1着馬を予想しこの5レースすべての1着馬を当てた方には、 特別ボーナス10,000ポイントが持ち点に加算される。よって、大逆転の可能性あり。
・「特別レース変則WIN5」は、1着予想馬を3頭まで選べる。よって、3頭選んだ場合、特 別レースの最低必要ポイントは3,300ポイントとなる。
・最高勝率バトラーには、特別ボーナス10,000ポイントが持ち点に加算される。ただし、例え ば同一レースで枠連、馬連がダブルゲットしても1勝とする。当然、元割れでも1勝は1 勝

******************************

さて、桜花賞

このレースは好きなんです、なんつーか一瞬のきらめきと言うか儚いというか・・・

本人も意味不明ですが(笑)

今回はチューリップ賞の一着馬が負傷回避

混戦模様の予感・・・

②エピセアローム

⑤パララサルー

⑧マイネエポナ

⑩ジェンティルドンナ

⑮ヴィルシーナ

⑰ジョワドヴィーヴル

6頭の馬連に各200P、

一着馬予想は

②エピセアロームに500P

合計3500P

う~ん堅いな俺

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グリフォンスピットだす(その8)もう少し・・・

久々に作業再開。

ここ一週間食べ物の味がほとんどわからないシロイルカです(笑)

あ、食欲はちゃんとあります(`・∞・´)

残るは小物の仕上げです、主脚はいつも通りオレオの部分にアルミテープを貼って雰囲気を出しで見ました。

1

タイヤは一応自重変形を表現していますが、なぜかタイヤだけでなくホイールも自重変形モールドになってます(笑)

ただしよく見える外側は別部品なので真円ですが・・・

2

目立つ部分ではないのでバックレます。

また、機体各部のコーションデータはデカール劣化のため一部省略してます。

続いてプロペラ・・・コチラはかなり削り込んだつもりですがまだもっさりしてますね。

あと、やはりプロペラの角度合わせが曖昧できっちり決まらないので5枚ピッチを揃えるのが大変です。

普通のプラ用セメントで位置合わせを慎重に決めて最後は流し込み接着剤のお世話になりました。

3

もうちょっとシャープにしたほうが良かったかなですけど今回はもう直しません。

あとはフラットクリアをかけて軽くウェザリングをかけておしまいにします。

4

こうやって見ると機首と5枚ペラの存在感がありすぎてスピットの均整の取れた感じが失われてますね・・・

零戦でいうと54型の違和感と同じかな。

これはこれで格好良いんですけどね~

次回で完成かな・・・

おっと、その前に春のGⅠバトルがあるのだった。

予想記事はこの後アップ予定

(いや、だれも待ってないし)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春ですか?

昨日はすごい荒れ模様でしたね。

休日出勤で銀座で作業(肉体労働)してたのですが街中をバケツやら何やらいろいろなものが吹き飛ばされていてアブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!な局面も・・・

気温も昼間は蒸し暑いぐらいだったのに作業終了の夜八時過ぎにはすっかり冷え込んで寒かったですわ。

というわけで肉体労働がたたって今日は動けません。

さらにここ数日鼻が詰まって食べ物の味が待ったく判らなくなっており食いしんぼ(≠グルメ)の私には辛い日々が続いております。

結局何が言いたいのかというと『模型作ってねぇ(||li`ω゚∞)』という

言い訳・・・

つ~わけで買い物ネタ

ここのところ新規の買い物は自粛しているのですが、必要に駆られてやむなく塗料や材料を買いにヨドバシにいくとついつい禁を破ってしまいます。

1

最近の掟破り・・・

立ち姿の将校殿が『3の倍数と3が付く数字のときだけアホになる』ヒトによく似ております(笑)

これは八九式中戦車にあわせて見ようかなと目論見だけは進んでいます。

2

コチラは先々月の掟破り(笑)

零式練戦は前回買い損ねていたので次に見かけたら必ず買おうと決めていたのでやむなく(笑)ゲット

しかしこれ零戦フルコンプでゲットした人にはかなり失礼な気もします。

十二試艦戦も結局単品で買えたしなぁ・・・

買った人が解かっていてあえて騙されると言う大人のモデラーさんばっかりだったんなら別にいいんですけどね。

もうひとつのパンター履帯はイタレリのベルゲパンター用に探していたのでこれもまたやむなくお買い上げしてます。

今年に入ってから買ったのはこれだけです。

え~全然自粛してね~じゃん

と言う声も聞こえてきそうですが・・・

皆様はいかがなものでしょうか(笑)

*ユーロ安のおかげでハナンツでポチると安いらしいですぜ

自粛中でない方はどうぞ~

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »