« 春のGⅠ競馬バトル(その3)天皇賞春 | トップページ | マルヨン(その3)仮組み »

マルヨン崖っぷち(笑)

マルヨン続いてます。

模型誌でもひそやかに物議をかもしたこのリベット表現をどう料理するかが当面の課題となりました。

方向性として、500番のサフを吹いてからリベットを増量するというやりかたでトライしてみます。

ざっと概観していやだなぁと思ったのはリベットの大きさ深さが場所によってまちまち(同じラインのリベットでも大きさ深さが微妙に違うんです・・・いったいどんなツールを使ったんでしょうか?)

まずはなぜかリベットが割と目立たない水平尾翼から・・・

1

なんとなく上手くいったかな・・・

このくらいの雰囲気で全体をリカバリーすればいい感じになりそう。

と、思いながら一番違和感のある主翼も同様の処理を。

2

これ、あかんですわ・・・

リベットが広範囲に等間隔で打たれているので

違和感バリバリです・・・

モールドを無視して完全に埋めてしまうか迷うところだなぁ。

そして、広範囲に修正が必要な胴体後半部。

3_2

左がサフの吹きっぱなし、そして右がリベット追加バージョン

遠目だとまあまあだけど近くで見ると案外気になるなぁ・・・

4

もうすこし足掻いて見ませうかね。

|

« 春のGⅠ競馬バトル(その3)天皇賞春 | トップページ | マルヨン(その3)仮組み »

模型製作記 F-104スターファイター」カテゴリの記事

コメント

ジェット機のリベットですか・・・
しかも場所によってはシルバー塗装ですよね。
む、難しそうでございます。

知っておられると思いますが、私はジェット機とモールド掘りなおしと
なによりリベット打ちが大の苦手!

見ているだけで恐怖を感じます(笑)

投稿: シミヤン | 2012年4月29日 (日) 22時47分

下にまっこと恐ろしいリベットですねぇ~(汗)

私だったら多分、サフで目立たなくしてお仕舞いに(笑)
いや、箱に仕舞ってクローゼットの奥へ・・・(爆)

投稿: ハヤテ | 2012年4月30日 (月) 00時02分

シミヤン様、私はどちらかと言うとリベット打ちを苦にしないほうだと思うんですが、これはキツイです(笑)
実機写真を見ると角度によっては見えないので更に目立たなくする算段を・・・考え中

投稿: シロイルカ | 2012年4月30日 (月) 08時09分

ハヤテ様、私は模型的なお約束表現には割りと寛大な方だと思うのですが修正しようとなると『余計なことをしやがって』な気分になります(笑)
特に主翼のリベットは縦に打ちたかったのか横に打ちたかったのかも解からず???な状態です。
昔台所に貼ってあった穴あきボードみたい。

投稿: シロイルカ | 2012年4月30日 (月) 08時17分

ランダムパンチ的リベットなんですか・・

全体をヤスッてのっべらぼうにしちゃうとかは駄目ですか(^-^)))
そのあと筋彫りしたくなる病が出てくることは必至でありましょうが・・・

投稿: SAIUN | 2012年4月30日 (月) 18時22分

SAIUN様、消すに忍びないモールドも一杯入ってましてみんなそれで悩むんだと思います。
私も何とか元のモールドを生かしたいと思って試行錯誤してます。しかしこんなことしてるとお題が・・・(汗)

投稿: シロイルカ | 2012年4月30日 (月) 20時06分

私はリベット打ちはした事無いので、まずキット自体からパスしますね。 このリベットはパテ埋め
することは出来ないのですか。 

投稿: あきみず | 2012年4月30日 (月) 22時16分

あきみず様、たぶん溶きパテや瞬着で埋めるヒトが多数派のような気がします。
思い付きでやりましたが案外上手くいくかもしれないと思い始めてます(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年4月30日 (月) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルヨン崖っぷち(笑):

« 春のGⅠ競馬バトル(その3)天皇賞春 | トップページ | マルヨン(その3)仮組み »