« 春のGⅠ競馬バトル(その6)オークス | トップページ | 春のGⅠ競馬バトル(その6)日本ダービー »

萬代屋零(その5)

しぞーかホビーショーも無事終わったようですね。

今日は私も不貞腐れて模型を作っておりました。

気候はわが模型部屋のコンディション的にも最高・・・なんですがさすがに捗りませんなぁ。

暑くなると恐怖のサウナルームに変わりますのでその前に終わらせてしまいたいところです。

今日のバンダイゼロ

1

やっぱり、後部隔壁はくり貫いて普通の零戦仕様にしてしてみました。

1/24ともなるとごまかしが利かなくなるのでデッチアップが非常にやりにくくなります。

タミヤ1/32をパーツを参考に手を入れていきますが、タミヤパーツの切れのよさに作っているそばから凹むのは避けられません・・・

2

まあ、なんつーか罰ゲームですね(笑)

右の側壁、左に比べて造作が少ないので小手調べに作っていきます。

3

空気取り入れ口は目立つのでアイキャッチになります。

着艦フックのリリースレバーは未装着と思うので基部のみ、その下の二本のレバーは脚とフラップ用でしたっけ?

末期なので空三号無線機は必須装備・・・

まだ各種つまみ類をつけてないのでちょっと変。

早くコクピは終わらせて士の字にしたいぞ。

とはいえ左の側壁の方」が大変なんだよな~

ちょっと後悔・・・

今日はここまでノシ

|

« 春のGⅠ競馬バトル(その6)オークス | トップページ | 春のGⅠ競馬バトル(その6)日本ダービー »

模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙」カテゴリの記事

コメント

色違いの改造部分がある製作途中ってなんか憧れます。
大スケールは良く見えるだけに大変ですよね。
一つ報告、我が72零戦軍団を並べたらハセ52型
が無かったので次行こうかと積みの52丙を見たら
隔壁塞がってました・・・。

投稿: やひち | 2012年5月21日 (月) 00時17分

やひち様、ただいま日蝕待機中・・・
>隔壁
あっ!そうだったですか、ということは工場出荷時は防弾鋼板着いていたということなんでしょうね。
とりあえずとっぱずし仕様ということで。

投稿: シロイルカ | 2012年5月21日 (月) 06時12分

52丙となると、右壁空気取り入れ口上に20mm機関砲管制器や
左壁13mm機銃同調管制器、後部隔壁左の自動消火器用
継電器がいいアイキャッチになると・・・・

え~とそれから・・・・と無責任にハードルを作ってみたりして(爆)

投稿: ハヤテ | 2012年5月21日 (月) 20時38分

アタシのキットにもなんも主要な装備は装着されていませんが・・・・

そうそう、コンロありがとうございました♪

投稿: SAIUN | 2012年5月21日 (月) 22時05分

ハヤテ様、タミヤの52型をパクリ中なので間違えてしまう公算大(笑)
ところで52丙の内部写真ってみたことあります?
防弾ガラスは見たことありますけど・・・
(外した状態にするので再現はしない 笑)

投稿: シロイルカ | 2012年5月21日 (月) 23時06分

ああ、SAIUN様、ハセの1/3252型丙はバンダイとあんまり開発年代変わりませんからねぇ・・・
でも何で当時は猫も杓子も52型丙だったんでしょう?不思議ですね。

投稿: シロイルカ | 2012年5月21日 (月) 23時09分

>52型丙
案外主翼の機銃が4門突き出てるのが見映えがいいからとか…。

そういえばハセガワの解説本でも52丙(48)でしたね。

投稿: XJunで〜す | 2012年5月22日 (火) 00時20分

XJunで~す様、重武装で重(?)防御というところが模型映えするということですかね。
もっと早く54型になるべきだった厚化粧の中年増というのが個人的見解。

投稿: シロイルカ | 2012年5月22日 (火) 09時54分

コクピの造作ってイチバンたのしーんじゃ内科医。
しかものラージスケール。
ここで逃げちゃオトコじゃないぞ。
タマキン抜いてホルマリン保存ぞなもし!。

  ↑ と外野のヨッパがヤジってる模様。

投稿: apuro | 2012年5月22日 (火) 20時17分

apuro様、はいはいおとーさんそろそろお家に帰りましょうね・・・
>イチバンたのしー
確かにそうなんだけど1/24はごまかしが利かないのがねぇ・・・
タミヤのキットがイチバンの資料って言うのが悲しい(笑)
まあ、組説にある写真だけでも三杯飯が食えるのはさすがです。

投稿: シロイルカ | 2012年5月22日 (火) 22時32分

かなりの厳しさが伝わってきます これをこなして
男を上げてください 組み立てで疲れてしまわないようにしないと、塗装にも頑張ってください

投稿: あきみず | 2012年5月23日 (水) 21時58分

座席後ろに8mm厚の防弾鋼板の図面は見つけました。
例によってここの写真は見つけていませんが
気が変わって再現されるようなことがあっても
薄いプラ板を貼ればいいんじゃないでしょうか?

でも書かれておられるように外してしまっている方が多かったような気もしますが。

投稿: シミヤン. | 2012年5月24日 (木) 00時09分

あきみず様、先輩に言われたらやめるわけにはいきませんね・・・はい、男を上げます(笑)
塗装のイメージは逆にもう出来上がってるんです。
自分あんまり塗装にはこだわりがないのかもしれないですね・・・

投稿: シロイルカ | 2012年5月24日 (木) 00時22分

シミヤン様、どうも戦記物を読みすぎているせいか重くなるだけで敵の13mmを止められないアーマーなんて取っちまえなイメージが固まってしまってますね。
B-29に突っ込む仕事だったら外さないけどそもそもフル装備ではあれに追いつけないですもんねぇ。

投稿: シロイルカ | 2012年5月24日 (木) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萬代屋零(その5):

« 春のGⅠ競馬バトル(その6)オークス | トップページ | 春のGⅠ競馬バトル(その6)日本ダービー »