« 春のGⅠ競馬バトル(その4)NHKマイルカップ | トップページ | 春のGⅠ競馬バトル(その5)ヴィクトリアマイル »

萬代屋零

バンダイゼロ

1998年のモデルアート零式艦上戦闘機モデリングガイドの素組みレビューを見るとあきらかにバランスがおかしい箇所がわかります。

1、主脚 : 形も変だし華奢で頼りなく見える。

2、機銃フェアリング : 中央部分が一膨らんでいる(本物は両サイドが膨らんでいて中央部はへこんでいる(ようにみえる))。

3、前部風防 : 面構成がもっと直線的・・・正面の角度も変だし高さも足りない

つまり主脚を改修して、機銃フェアリングから前部風防にかけての部分に手を入れればまともになる(はず)。

前部風防は本当はキットパーツをもとに修正して原型を作りヒートプレスが良いんだろうけど私には無理・・・

なのでキットパーツの厚み分削って面出しをして少しでも見られるようにしてみました。

機銃フェアリングはポリパテで裏打ちしてから中央部をひたすら削り込み。

そのあと全体形を確かめたくて仮組み。

カウリングは機銃マウントパーツにエンジンを取り付けないとセッティングできない仕組み(つまり実機と同じね)なので結構調整が大変。

1

正面から・・・ううう・・・やっぱり前部風防が変

それでもフェアリングを改修したので少しだけゼロらしくなった気がします。

胴体銃は13mm一丁に変更されているので左の機銃カバーにあるガス抜き穴は塞いでおきます。

あと、単排気管の耐熱用パッチはモールドだけだったのでプラ板を貼り付けでおきました。

2

カウリングは少しボリューム不足気味だけど修正するかどうかは微妙なところ・・・

ゼロのカウルって写真によって見え方が違うのよね(現物合わせなのか 笑)

スピナーがでか過ぎなのかもしれない・・・さらにすこし削り込むか 。

3

斜め後から・・・個人的にゼロのベストアングルですが、この角度だと結構見られますね。

欠点は機首回りに集中しているようです。

しかし考えてみると52型は久しぶりに作るなぁ・・・

水戦と21型をひいきにしてるので52型はあまり作ってないや。

小学生以来かも(笑)

新鮮だな

4

そして問題の主脚・・・

こんなんで着艦したら足が折れまんがな・・・

これも要改修であります。

|

« 春のGⅠ競馬バトル(その4)NHKマイルカップ | トップページ | 春のGⅠ競馬バトル(その5)ヴィクトリアマイル »

模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙」カテゴリの記事

コメント

やはりキットごとにベストアングルがあるんでしょうね。

シロイルカ様の根性には頭が下がります。

見てるとタミヤ72の零を作りたい衝動に…以下略。

投稿: XJunで〜す | 2012年5月12日 (土) 15時18分

それにしても迫力ありますね~(汗)
リベットもガッツリ、

機関砲パネルも開けられるという事で、
弾薬も搭載するのですか?

投稿: ハヤテ | 2012年5月12日 (土) 16時00分

第一風防の角度が寝過ぎなんですね。
やはり良くも悪くも日本の模型黎明期の
「零戦」なんでしょうね。

もしかしてタイヤはゴム製ですか?

投稿: シミヤン. | 2012年5月12日 (土) 21時15分

XJunで~す様、>ベストアングル
零戦の場合は斜め後ろ主翼フィレットが女性のわきの下みたいでいいんですね(笑)
例えるならノースリーブを着た清楚な女性です(いや・・・これは他人は説明しがたい 笑)

投稿: シロイルカ | 2012年5月12日 (土) 21時26分

ハヤテ様、主翼パネルは別パーツで機銃パーツ弾倉パーツも一応ついてます。
ただこの部分資料があまりないんです13mmはベルト給弾ですか?20mmはドラム弾倉じゃないんですか?状態・・・
52丙って実機残ってないんでしたっけ???

投稿: シロイルカ | 2012年5月12日 (土) 21時30分

シミヤン様、はい第一風防はダメダメです(笑)
これでもかなり手を入れたんですが、これ以上はヒートプレスの世界です・・・
きっと誰かがやれっていうんだろうなぁ
>タイヤはゴム製
ビンゴ!

投稿: シロイルカ | 2012年5月12日 (土) 21時32分

このキットを選んで黙々と修正しながら
組んでおられる、修行僧の心境でしょうか
ここまでくれば、かわいい奴と思えるように
なってきているのでしょう
頑張ってください

投稿: あきみず | 2012年5月12日 (土) 22時14分

なんか緑の成型色が懐かしいです。
昔は零戦といえば緑でしたよね。
古いキットの修正は大変そうですが
なんか楽しそう・・・。

投稿: やひち | 2012年5月12日 (土) 23時37分

丙型の主翼内20mm、13mm共にベルト給弾になります。
20mm=125発、13mmは240発であります。
弾倉は20mmは胴体側、13mmは翼端側になっていて
弾倉扉が上面にある筈です。

序に、機首右側の13mmは200発です。

スクラッチしてみたら面白いかも(笑)

投稿: ハヤテ | 2012年5月13日 (日) 01時17分

あきみず様、まだ肝心のコクピに取り掛かってないんです・・・
コイツの具はタミヤの旧1/48零戦並みです。
昔とはいえちゃんと資料があったはずなのになぁ・・・
70年代の1/20カーモデルとか1/48AFVと同じ会社の製品とは思えないのが不思議。

投稿: シロイルカ | 2012年5月13日 (日) 09時22分

やひち様、>成型色
確かに。子供の頃の零戦プラモを思い出します。
色を塗らない当時としては意味があったんでしょうね。
>楽しそう
・・・案外そうかもしれません。外形を修正して格好良くなっていくのは快感です。

投稿: シロイルカ | 2012年5月13日 (日) 09時28分

ハヤテ様、>弾倉扉が上面
ああ、キットで合ってるんだ(笑)アクセスパネルがフィクションだったらどうしようかと(笑)
そうすると多分板厚も厚くしただろうな・・・重武装化とあいまって低性能化したのも頷けますね。
整備兵にはやりやすくなって歓迎されたでしょうね。

投稿: シロイルカ | 2012年5月13日 (日) 09時34分

クソキットにもだえよ!。 苦悩セヨw。
とことんオモイシルがイイww。

(宇宙機キットってそんなモンなのよ。すべからず。)
けけけけ。

投稿: apuro | 2012年5月13日 (日) 19時38分

apuro様、コイツは当時の雰囲気を楽しみましょう的な作例が多いんです・・・
手を入れているアホな人は残念ながらWEB上にはいないようです・・・
コイツ10年ぐらい前に○イザらスでもよく見かけましたがあそこの顧客層だと完成もおぼつかない気がする

投稿: シロイルカ | 2012年5月13日 (日) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萬代屋零:

« 春のGⅠ競馬バトル(その4)NHKマイルカップ | トップページ | 春のGⅠ競馬バトル(その5)ヴィクトリアマイル »