« 春のGⅠ競馬バトル(その5)ヴィクトリアマイル | トップページ | 無差別爆撃おん埼玉 »

萬代屋零(その4)

バンダイゼロ続きます。

主脚柱ですがフルスクラッチは厳しいので元パーツを元に手を入れました。

フォーク部分はポリパテとプラ板で盛り上げて削り込んで形にします。

1

タミヤのプラパイプを芯にして主脚柱のモールドを再現します。

あとはオレオのリンクを再現しなきゃですね・・・

ちなみにタミヤの1/32ゼロは見てません、比べるとあまりの酷さに萎えそうなんで(笑)

2

タイヤそのものもちょっと厚み不足だよね、

このまま行っちゃうけど。

3

二個形を揃えるのは案外めんどくさい・・・

とりあえず気になる部分は修正したのでコクピに移ります。

あんまり気が進まないけどね(笑)

4

コクピットフロアの左右がコンソールのように構築されているので切り飛ばしてプラ板で面一にします。

ところで後ろの隔壁ですが普通のゼロはここが空いていると思うんですが防弾アーマー的なもので塞がれてます。

戦記や解説書を見ると防弾ガラス(正面とヘッドレスト)、防弾鋼板は実施部隊で外された例が多いと書いてありますよね。

これが52丙型の正規仕様か知らん?

タミヤゼロをパチりたい衝動に駆られますわん(笑)

それに計器板も少し小振りな気がするよ。

困ったもんじゃ

手が止まったところで今日はこんなもんでノシ

|

« 春のGⅠ競馬バトル(その5)ヴィクトリアマイル | トップページ | 無差別爆撃おん埼玉 »

模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙」カテゴリの記事

コメント

脚柱をパテで肉盛りご苦労様です 最低限の
工作にしても大変そうで、気持ちの折れないように
気合を入れて進めてください。

投稿: あきみず | 2012年5月13日 (日) 22時16分

こうなるとパーツ利用よりも完全スクラッチのほうが
逆に手間がかからないんではないですか?(笑)

前後の防弾ガラスはありますが後部隔壁はどの形式もあいていたと思うんですが…

資料が手元にないので何とも言えませんが
過去に作ったT社、H社の72,48とも後部隔壁は
11型以降あまり変化なく穴あきでした。
もっとも座席を付けるとあまり見えませんけどね(笑)

投稿: シミヤン. | 2012年5月14日 (月) 01時27分

あきみず様、作業自体はいいんですがポリパテの削りカスに閉口しています(笑)
>折れない気持ち
確かにそれが一番欲しい・・・

投稿: シロイルカ | 2012年5月14日 (月) 06時24分

シミヤン様、>完全スクラッチ
私の経験上(験担ぎ上 笑)元パーツに手を入れたほうが成功率が高いんです。
>後部隔壁
やっぱりそうですよね…これってバンダイのフィクションなのかな?それとも当時こういう資料が出回ってたという話か???

投稿: シロイルカ | 2012年5月14日 (月) 10時50分

そうか!そこを蓋しておけば後ろから撃たれても
大丈夫なんだ(笑)

私が搭乗員だったら整備兵に頼むでしょう♪

投稿: ハヤテ | 2012年5月14日 (月) 21時52分

丁度21型製作中なので出しておいたエアロディテールを
パラパラめくりましたが、MHIで復元した52甲はスカスカですねぃ。
前に呼んだ元パイロットの方の手記だと丙型は重いので
嫌われてたとか・・・あったのかなぁ防弾板??

投稿: やひち | 2012年5月14日 (月) 23時02分

ハヤテ様、うんにゃ、ハヤテ様なら絶対外すでしょ(笑)
こんなんで峠が攻められるとおもってるのか?とか(←違)

投稿: シロイルカ | 2012年5月14日 (月) 23時14分

やひち様、ぐぐってみるとウィキには8mm鋼板フンダラと書いてありますね。
設計上は付ける仕様だったと言う辺りが正解なのでしょうか・・・
とにかくたとえ工場出荷時には付いてたとしても実施部隊では外して運用されただろうことは想像に難くない。

投稿: シロイルカ | 2012年5月14日 (月) 23時21分

スクラッチ! スクラッチ!GO!GO!スクラッチ!。
「いやぁ観客席の声援がすごいようですね。チームベルーガの選手はこの満場の声援にどお応えてくれるのでしょうか。 ちんこさん。」
「そうですねぇ 計器盤は穴開けて、、透明塩ビ版と手描きの計器は当然のスキルですよねぇ。 スィッチ類もこの大きさなら華麗にに決めてくれるのではないでしょうか。 相手も相当手強い強豪ですが、ここは期待して良い結果を見せてもらいましょう。」
「本日の解説はちんこたろうさん でした。」

投稿: apuro | 2012年5月15日 (火) 19時02分

apuro様、副音声はベテラン解説員のせるじおです。あ~これは下手に手を入れると泥沼ですねぃ・・・うかつに乗ると一進一退の塹壕戦を余儀なくされるですね。
ここは男らしくそのま・・・うわなにをする、やめ・・・

投稿: シロイルカ | 2012年5月15日 (火) 22時34分

今週末にMA誌から別冊で零が出版されます。それ待ちがいいかも…。

投稿: XJunで〜す | 2012年5月16日 (水) 21時01分

苦行に突入されてましたか・・・ご苦労様であります!

まぁサイズを気にし始めたら大変なんで、ここは金型師の意向を・・とこっちに引き込もうとしている私(笑)

投稿: SAIUN | 2012年5月16日 (水) 22時20分

XJunで~す様、私は文章以外で52丙の防弾アーマーに関する資料を見たことないんです。
シートは救命筏用に仕様変更されているのと4枚合わせの強化防弾ガラスはヴィジュアル資料で見るんですけどねぇ。

投稿: シロイルカ | 2012年5月16日 (水) 22時55分

SAIUN様、この際タミヤの52型を全面的にパチろうかなと思ってます。
バンダイも根拠なくこんなモールドにはしないと思うんですが・・・見た目がイマイチなので(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年5月16日 (水) 22時59分

なかなかワイルドな作業が続いているみたいですね

もっとワイルドな作業を続けると気持ちも折れないんだぜぇ♫
ワイルドだろぉ?

ちょっと苦しいな

大変そうですが、頑張ってくらはい

投稿: もず | 2012年5月17日 (木) 10時54分

もず様、ワイルドで行こう!
そ~だ、恐れないでみんなのために・・・
これだと愛と勇気だけがトモダチのぼっちになっちゃう(笑)
皆様の叱咤激励(無茶振り)しか私を奮い立たせるものはありません。
無茶すぎると壊れます(≧∇≦)

投稿: シロイルカ | 2012年5月17日 (木) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萬代屋零(その4):

« 春のGⅠ競馬バトル(その5)ヴィクトリアマイル | トップページ | 無差別爆撃おん埼玉 »