« 春のGⅠ競馬バトル(ラスト)宝塚記念 | トップページ | 萬代屋零(その15)マーキング・・・ »

萬代屋零(その14)表面仕上げは続く・・・

昨日の続き・・・

カウリングは一発抜き、時代的にスライド金型などはあり得ないと思いますがカウリングのモールドがなんていうか切ないぐらいミジメです。

1

カウリング止めの小判型モールドはテンプレートを作って筋彫りしました。

あ、黒塗装は現状品で買った時から塗ってありましたので・・・

一応、前のオーナーさんも組み立てる気持ちはあったようですね。

2

そして機銃フェアリングの筋彫り。

パテを二種類使ってるので筋彫りやりにくいよ~

失敗してガビガビだよ~、無限ループだよ~

あ、ガス抜き穴は7ミリ7の涙滴型とは違って長円形です。

3

四点支持型増槽、これは画像資料がないのでキットに敬意を表してそのまま使いました。

裏返すと脚庫の中がすっからかんなのが丸見えじゃ・・・

4

カウリングもリベットを追加してサフ吹き。

そして様子を見るために仮組みします(いつもの 笑)

エンジンは完全にエンジン架に接着してないのでちょいと浮き気味。

本当はもう少し密着する感じです。

カウルフラップの隙間からロッド(何かの調速ロッドだった気がするけど失念)がチラ見えします。こだわりの造形(笑)

6

全体型、ほぼ私のイメージする52型になりました。

細かいことを言い出すとキリがないですがやっぱプロポーションは大事ですね。

さて、あとは主脚と脚庫の中だね。

だいぶ完成が見えてきた。

でわでわノシ

|

« 春のGⅠ競馬バトル(ラスト)宝塚記念 | トップページ | 萬代屋零(その15)マーキング・・・ »

模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙」カテゴリの記事

コメント

どのパーツも大味でご苦労されとるようですが
その甲斐あってかちゃんと零戦になってますね。
塗装頑張って下さい!!

投稿: やひち | 2012年6月25日 (月) 00時01分

着々と進んでいますね。
今気がつきましたが、よくみるとリベットが凸なんですね。

なんというか
このキットが出た当時の戦争映画に出てきそうな形態の零戦
というイメージです。

投稿: シミヤン | 2012年6月25日 (月) 00時09分

やひち様、そういっていただけるだけでテンションあがるんですよ(笑)
今や褒め言葉だけが心の栄養になってます(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年6月25日 (月) 10時38分

シミヤン様、はい凸リベットです。
当時から零戦は沈頭鋲なのになんだらかんだら的な指摘があったようですが、スケールを考えるとなんも入ってないよりナンボかありがたいです。
>当時の戦争映画
昔のほうが直接記憶のある人がたくさんいたはずなのに考証がこんなに進むなんて不思議な世界ですね。ミリオタってすごい。

投稿: シロイルカ | 2012年6月25日 (月) 10時44分

まぁ何だ。 ぶっちゃけ言うとサ。
ガワ(キット)にこだわるからジゴクになるのよ。
ハナっから素材として扱えば精神的に楽だよね。
いにしえの宇宙機キットを料理した者としての経験。 ヂゴクは常にそこにある。
結果、お手付きのブツからスタートってのは正解だったかも。←精神的に。

でも、すごいよ。 ここまで昇華させたる事実。
反面 バンダイゼロがこんなイモだったって、、、。

投稿: apuro | 2012年6月25日 (月) 20時21分

apuro様、完全同意、フルスクの手間と労力を考えたら全然マシであります。
もともとソリモの簡易版という認識だったわけだし、気に入らんところは自分で調整するで正しい考え方ですね…
厨房の頃は当時でいうPPCのレベルの高さにKOされて飛行機模型に絶望したのも事実ですが(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年6月25日 (月) 22時33分

うーん、まずいなぁ〜
このゼロと空飛ぶ桜花に持っていかれそう(笑)

何か考えないと…(爆)

投稿: ハヤテ | 2012年6月25日 (月) 23時33分

ハヤテ様、この馬鹿デカいのを持ち込むだけでおいしいのは計算ずくではあります(爆)
やはりこれに対抗するのはタミヤ1/48改造の桜花母機ですよ(笑)
にしても1/24は反則ですね~

投稿: シロイルカ | 2012年6月26日 (火) 07時41分

よくぞここまできました こういう厳しいのに
立ち向かう姿勢に、ほだされます
今まで見てきましたが、あまり大きいのに
抵抗ないのですね。

投稿: あきみず | 2012年6月26日 (火) 21時54分

あきみず様、確かに大スケールを好まない人は多いようですね…
個人的には大スケールのほうが自分の意図する工作がしやすいので好きだったりします。
多発機も好きだし(笑)
困るのは保管場所…だけですね。

投稿: シロイルカ | 2012年6月27日 (水) 09時50分

こんにちは、nananiya72 です。
ようやく姿を現しましたですね・・
スケールが実物に近づくにしたがって、本物っぽく
なるんだ。   

と言う人がいますが、どういうことなのか、
ワタクシ、理屈がよくわかりません(笑)

それにしても、ようやりますね。

投稿: nananiya72 | 2012年7月 1日 (日) 14時39分

nananiya72様、>ようやる
これもすべてオフ会での振りに乗ってしまった私の自業自得であります(笑)
本物っぽくなるかどうかはわかりませんが、スケールが大きくなるにつれて塗装は楽になると思います(個人の感想です…)
小スケールのほうが塗装が大変だと思ってます。

投稿: シロイルカ | 2012年7月 1日 (日) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萬代屋零(その14)表面仕上げは続く・・・:

« 春のGⅠ競馬バトル(ラスト)宝塚記念 | トップページ | 萬代屋零(その15)マーキング・・・ »