« 萬代屋零(その14)表面仕上げは続く・・・ | トップページ | 萬代屋零(その16)主脚 »

萬代屋零(その15)マーキング・・・

さて、やっと塗装に入ります。

マーキングは何にしようかなと考えているときが一番楽しいです。

さんざ迷った末、私の中で52型丙といえばこの人の203海軍航空隊所属機 戦闘303飛行隊谷水上飛曹搭乗機に決めました。

この機体写真が残っていて機体に貼られたパッチや剥がれかかった塗装やレタッチ跡が確認できるのですが、私が作るのは並行世界の谷水上飛曹機ということにします(笑)

頂くのは機番号と撃墜マークと塗装パターン、塗装の剥がれや汚れ方は私世界の私好みに改変してしまいます。

考証重視の方ゴメンなさい。

バンダイオリジナルのデカールにはこの機体は含まれておりません、なのでタミヤ1/48の52型丙のデカールを200%に拡大コピーしてトレースします。

1

機番号・・・いまいち揃ってないけど一から手書きするよりはレタッチするほうが楽なので・・・

2

日の丸とウォークライン?

52型丙は最初から白ふちなしの日の丸なのかな・・・(タミヤの取説参考)

この機体上下面色の塗り分けが中島式なんですが52型丙って中島でも作ったのかしらん?(←ちゃんと調べればわかることなのでスルーしておけー)

3

など、愚にもつかない疑問を連発しつつマスキングの儀を執り行います。

4

カウリングとプロペラはハゲチョロばりばりだじぇ~

ああ、でも調子に乗りすぎたかなぁ(汗)

5

まあ、いいか・・・末期の劣悪な塗料だとすぐこんなもんだろうて。

主翼と胴体の接着強度がないのですぐにひびが入ってきます・・・ううう、ちゃんと補強すべきだった(後の祭)

6

濃緑色は手持ちのストックがなかったのでオリーブドラブ+シーブルーという掟破りのアメリカン混色(笑)

でも、ほら・・・それっぽいでしょ?

8

あっ、しまったカウリングの白線入れ忘れた!

しょうがないからジャンクのデカールからパクって来よう(笑)

ハゲチョロこんなもんで止めといたほうがいいですかね?

1/24なので加減がわからない

過ぎたるは何とやらっていうからこんなもんか・・・

7_2

やり過ぎか・・・

|

« 萬代屋零(その14)表面仕上げは続く・・・ | トップページ | 萬代屋零(その16)主脚 »

模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙」カテゴリの記事

コメント

きましたね~。
いよいよ塗装ですね。
日の丸と濃緑色で一気に零戦ですね。
なんだか”この色だとなんでもかんでも零戦”のような
素人発言ですが(笑)

でも24なので実際に見ちゃうとでかいんでしょうね。
合宿でも一番目立ちそうでやんス。

投稿: シミヤン | 2012年6月30日 (土) 23時09分

オリーブドラブとシーブルーで濃緑色になるのか~。
ペラのハゲチョロがいい雰囲気ですな~。
ハゲチョロは不得意ですが、密なところと疎なところと
差をつけるとソレらしいとかなんとか見た記憶が
ありますが機体はそんな感じ?(良く判ってナイw)

投稿: やひち | 2012年7月 1日 (日) 08時56分

シミヤン様、もしこのカラーリングにしたら空冷単座の戦闘機はゼロ戦と100%の非モデラーが言うでしょうね(笑)
だいたい零戦と一式戦の区別がつく人が何%いるのやら…
あと、印象的なのが『黒い飛行機』と表現する人がいるらしいこと、目からうろこです(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年7月 1日 (日) 09時27分

やひち様、>密なところと疎なところ
それはAFVでもよく言われますね、面白いんですが実際には重機とか結構粗密なく剥げてたりするんですよ。
でも模型でそれをやっちゃうと自然な感じが損なわれるんですよね。不思議です。

投稿: シロイルカ | 2012年7月 1日 (日) 09時31分

及ばざるは過ぎたるより勝れり。
実際難しいんですよね~、何時もやり過ぎてしまいます(笑)
大戦末期、ある程度何でもありだったと思うます。
下面色に濃緑色混ぜて松葉色とか(笑)

>黒い飛行機

これって五色戦や隼のオリーブドラブに塗られた機体の事らしいと
何かの本で読んだ記憶があります。

投稿: ハヤテ | 2012年7月 1日 (日) 14時24分

こんにちは。
いや~、いよいよ全貌の出現ですなぁ~
迫力あり過ぎ!\(≧∩≦)/

このデカイのを楽々と作業できる机があって
羨ましいっすぅ~~
私の作業スペースは15cm四方ぐらいなので(爆)

投稿: 作左 | 2012年7月 1日 (日) 14時38分

片足あげて マーキング。 猫の場合はスプレーか?。
ハゲチョロ、いいじゃないですか。
「弾幕薄いぞ、もっとヤレ!」w。

投稿: apuro | 2012年7月 1日 (日) 18時10分

ハヤテ様、実はこの機体実機写真には色の薄い部分があるんです…
レタッチ跡だと思うんですが色合わせしている余裕とかなかったでしょうね~
それは再現してもあんまり格好良くならなそうなのでパス(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年7月 1日 (日) 20時00分

作左様、>作業スペース
画像をよく見ていただければわかるんですが私の作業スペースはベッドの上のちゃぶ台です(笑)
ここだけが私のテリトリー…
>15cm四方
ナナニイに特化してしまったんですね。

投稿: シロイルカ | 2012年7月 1日 (日) 20時04分

apuro様、>弾幕薄い
これ以上やると武装解除、放置された機体になってしまう気が…
しかしメンテフリーの米軍機に比べ手を入れられないとすぐに劣化する日本機って悲惨だなあ、整備員の手入れでかろうじて状態を保ってたんですねぇ

投稿: シロイルカ | 2012年7月 1日 (日) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萬代屋零(その15)マーキング・・・:

« 萬代屋零(その14)表面仕上げは続く・・・ | トップページ | 萬代屋零(その16)主脚 »