« 耳なし芳一 | トップページ | 一式砲戦車(その4)-いまいち »

一式砲戦車(その3)-枯草色?

あつうう~

今日は朝からとんでもない暑さですね・・・

昨日の夜は疲れて何もいじらず、さらに午前中は暑すぎて何もする気になりませんでした。

夕方からやっと作業開始。

1

あまり変わり映えのしない画像

細部を塗ってほぼ完成です。

襟章は軍曹と少尉にしてみましたが塗らんほうが良かったかな。

車体は素組なので基本色の枯草色で基本塗装。

2

タミヤの混色指示だと茶色に振れ過ぎるのでホワイトやデッキタン、カーキなどを混ぜて作りました。

まだ濃い目かな?

あとでどうにでもなるのでこのまま進めましょう。

資料を読むと枯草色≒カーキとなっていますが、このカーキという色も振れ幅の大きい色ですね。

私のイメージだと茶系なのですがグリーン系のイメージも強いらしい。

まあ、カジュアルウェアでも普通に使われている色名ですから仕方ないですね。

3

あらためて砲手と装填士を乗せて様子を見ました。

チハ車の豆鉄砲とは趣が違いますねぇ。

それでも欧州の戦場の化け物に比べたらかわいいものです。

さて、土地色と草色はどうしよう?

手塗りのほうが感じが出るかな。

4

寝ながら考えましょうかね(笑)

それではノシ

|

« 耳なし芳一 | トップページ | 一式砲戦車(その4)-いまいち »

模型製作記 一式砲戦車」カテゴリの記事

コメント

日本戦車(コレは自走砲か)は筆塗りが似合う・・・と、AFV門外漢のワタスが言ってみるるん。

投稿: やひち | 2012年7月29日 (日) 11時06分

兵隊さんが乗ると動きがでますね♪

そう言えばこの戦車作った記憶があります。
富山の方の策略で・・・・・(爆)

投稿: ハヤテ | 2012年7月29日 (日) 17時56分

>手塗り
日本車輛の塗りわけ迷彩は境目がはっきりしているのと、模型的にもリベットやボルトのごつごつした車体なので、σ(^_^)も、こてこての筆(刷毛)塗りが似合う気がします。(刷毛目が出ても日本車らしくて良さげな感じが・・・)

投稿: XJunで〜す | 2012年7月29日 (日) 18時23分

色はムズカシイ。
ラーメンの味に対しての個人差が大きいのに似てるが如し。
私的には☆☆のカーキでも充分だとオモウが、、国防色、カーキはビミョーなんだよね。 でも茶は強い。
ここでも ☆隊長さんの見解、完成品を参考にするべきかとオモウよ。
彼の情熱は特筆すべきもの。
http://ss-bass.oops.jp/01.kasei.html

投稿: apuro | 2012年7月29日 (日) 18時25分

やひち様、筆塗り一票!
筆塗りはいい思い出がないのですがやってみましょうかね…
JMC製作頑張ってください。

投稿: シロイルカ | 2012年7月29日 (日) 20時27分

えっ!ハヤテ様、戦車作ったことあったんですか?!
いいこと聞いたぞ(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年7月29日 (日) 20時28分

XJunで~す様、>塗りわけ迷彩は境目がはっきり。
そうなんですよ、マスキングゾルはアクリルの塗り分けにはご法度なのでやっぱり手塗りですかね~
日本戦車はうまく塗れた記憶がないんですよね。

投稿: シロイルカ | 2012年7月29日 (日) 20時32分

apuro様、私の持っているロットのアクリルカーキは緑すぎでした…
どっちにしろこの色はケイン(濃すぎ)のようであります。
>☆隊長様
これは素晴らしいですね~
自分がなぜ戦車やめたか思い出しました。
どの分野にも濃い人が一杯いてKOされたんだった…
やっぱり戦車のヒトは濃い…

投稿: シロイルカ | 2012年7月29日 (日) 20時47分

そういえば以前に1式砲を作ったとき
塗料の比較をしたような記憶があります。
近似色があるので特色を買う必要はなかったと結論したようなしなかったような。

縁をはっきりさせたい筆塗りなら輪郭(縁)だけ塗って
中をエアブラシで塗ると楽ですね。

全て筆塗りだとせっかちな私は下地が完全乾燥しないうちに上塗りしちゃうので
下地色が溶けだしちゃうことが間々あります。
タミヤアクリルではそういうことはないのでしょうか?

投稿: シミヤン | 2012年8月 1日 (水) 21時34分

シミヤン様、>下地色
クレオスのように下地色が泣く場合と、マスキングゾルのように薄皮が剥けるように剥がれる場合の両方あります…
完全に乾燥してから重ねればある程度防げるようです。
>近似色
色のコントラストに破綻が泣けれはそれなりに見えますよね。欧米モデラーさんはそのあたり鷹揚な気がします。

投稿: シロイルカ | 2012年8月 2日 (木) 10時13分

この戦車 自走砲 は対ソ連用に配備された
ものなのですか モンゴルの草原用の迷彩
になるのでしょう まったく初めて見るもので
イメージがわきません フィギアがおさまると
動きが出てきます

投稿: あきみず | 2012年8月 3日 (金) 22時29分

あきみず様、この車両はもともとは機動砲兵用の移動拠点というコンセプトなんだと思います。
ただ、日本の戦車が相手の戦車を撃破できないため砲戦車的な運用もされたんでしょうね。
活躍できたのはほぼフィリピンだけです。

投稿: シロイルカ | 2012年8月 4日 (土) 11時00分

昨日 太平洋の奇跡の映画見てて グリーンの服の色もアリ!と思いました、どうも皇軍戦車には手を出せない私ですが オープントップの一式砲 かっこいいですね。

投稿: マック | 2012年8月 5日 (日) 00時32分

マック様、>グリーンの服の色もアリ
日華事変の頃の大陸の日本兵は薄茶色のカーキだと思います。
古参兵は白っ茶けた黄土色にすると感じが出ると思いますね。
末期の制服は規格を揃えるとかいうレベルでもなかったんじゃないでしょうかね…と思ったり。

投稿: シロイルカ | 2012年8月 6日 (月) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一式砲戦車(その3)-枯草色?:

« 耳なし芳一 | トップページ | 一式砲戦車(その4)-いまいち »