« 一式砲戦車(その5)-完成だよ | トップページ | 沼津縁側爆撃被害者の会-P2V-7ネプチューン(その2) »

沼津縁側爆撃被害者の会-P2V-7ネプチューン(その1)

さて、空物に戻ります。

一式砲戦車と並行して進めていたP2ネプチューンです。

有名なP2Jではなくその前身のP2V-7になります。

試作開始は1944年・・・つーことはプライバティアの後継機?アブロシャクルトンと同世代ということか?

本家アメリカでは60年代後半にP3オライオンに更新されましたが日本では主エンジンをターボプロップに、補助エンジンを国産ジェットにアップデートしてP2Jとして使い続けました。

沼津の作左様から託されたこのキット、私が小学生の頃から模型店の棚にあったのを覚えてますので40年ぐらいは前のキットのはずです。

1

仮組みを済ませて、各胴体窓を面一に加工してから士の字にしました。

そしてキャノピーと機首の偵察窓を接着しましたが、予想通り合いが悪いのでパテのお世話になります。

2

クリアパーツをマスキングテープで養生しながらサンペでなでなでして段差を消しました。

4

これで士の字・・・あとはやすって無くなったモールドを再生してサフ吹き、マスキングになります。うう、まだ道は遠い。

士の字にして見ると中々精悍な機体で主翼も思ったより前後幅が狭くて細長い・・・

胴体もその細さゆえに居住性が問題になったようですがそのおかげでやたらと格好いいので良しとしましょうね(ヲイ)

私にとってはPS-1に次ぐ対潜哨戒機シリーズになります。

やっぱ、夏は対潜哨戒機ですね(え?)

それではノシ

|

« 一式砲戦車(その5)-完成だよ | トップページ | 沼津縁側爆撃被害者の会-P2V-7ネプチューン(その2) »

模型製作記 P2V7ネプチューン」カテゴリの記事

コメント

これこれ、いきなり士の字じゃコクピットの中がどーなってるんか
解らないじゃん。(ここ東京弁ね)

これって自衛隊仕様だと白色塗装になるんですか? 

投稿: ハヤテ | 2012年8月13日 (月) 22時48分

カッコイイですね
 昔 大村の海上自衛隊の機体がよく飛行訓練で田舎の空を飛んでいたのを思い出しました
 スリムな機体 楽しみにしています。

投稿: マック | 2012年8月13日 (月) 22時53分

このキットはエンジンが初期のものですね。
また難行を・・・(笑)
確か以前作られたPS-1と同じ開発時期のキットじゃなかったでしょうか。

個人的にはこのキットのエンジン形式だと
全面シーブルーのイメージがというか
シーブルーのイメージしかありませんが
ホワイト+グレーの塗装パターンでされますか?

投稿: シミヤン | 2012年8月13日 (月) 23時20分

ハヤテ様、コクピはすっからかんで椅子もなんだかなぁだったのでお行儀のよいパイロットに座ってもらいました。
中をイジってもほとんど見えないのはPS-1とホークアイで経験済み(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月14日 (火) 06時37分

マック様、P2-Jを生で見れたとは羨ましい。
もしこのネプチューンが無事完成したら海自シリーズでEP3も作りたいと夢想しています。
置くところがないのがネックですが(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月14日 (火) 06時40分

シミヤン様、取説の指定はシープレーングレイとホワイトのコンビです。
でも箱サイドのカラー図はネイビーとホワイトのコンビに見えます…
ネイビーブルー単色とグレー+ホワイトの間にネイビー+ホワイトの時期があったのかな?
調べてみようっと。

投稿: シロイルカ | 2012年8月14日 (火) 06時44分

PS-1と同時期のハセの作品ですね
模型店ではかっこいいなーと見たのですが
よう買わなかったです  97、二式、連山は
かったのですが、(完成してません)
大型機を抵抗なく製作される気迫に頭が下がります。

投稿: あきみず | 2012年8月14日 (火) 10時06分

うおう、デカっ!
大型機に挑む精神力に感服致します。
マジで大変そうです。
でもすごくカッコいいやつが出来そうな悪寒です。
進捗期待しております。

投稿: ドカ山 | 2012年8月14日 (火) 11時25分

あきみず様、このあたりの大型機シリーズは子供の頃の憧れでした。
しかし当時の粗末な工具やパテでこれを作るのはかなり大変だったと思います。
デカ専認定して多発機を選んで送ってくれた作左様の期待に応えます(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月14日 (火) 20時46分

ドカ山様、皆様の精力的な製作姿勢について行くのには手の遅い私は大きさで応えるしかありません(笑)
この機体、素組できれいに組み上げるだけでも充分格好いいと思います(決して手を入れないことに対する言い訳ではありません 笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月14日 (火) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼津縁側爆撃被害者の会-P2V-7ネプチューン(その1):

» ネプチューン 最新情報 - Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 [Nowpie (なうぴー) お笑い芸人]
ネプチューン の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2012年8月14日 (火) 05時43分

« 一式砲戦車(その5)-完成だよ | トップページ | 沼津縁側爆撃被害者の会-P2V-7ネプチューン(その2) »