« 一式砲戦車(その3)-枯草色? | トップページ | 一式砲戦車(その5)-完成だよ »

一式砲戦車(その4)-いまいち

三色迷彩・・・

オリンピック中継のテレビを聴きながら(笑)がんばりました。

結果はいまいちだすが。

2

これだから旧軍車両は嫌い(笑)

複雑な面構成に雲形迷彩は根性要りますね・・・

1

各色のバランスはまあまあかなと・・・

筆塗りのテカリはクリアー吹きで調整するとして、ウェザリングでうまいことアラを隠しましょう。

仕上げの工程でつじつまを合わせるこの戦車特有の段取りにまだなじめないっす。

やっぱり自分は戦車のヒトではないと実感します。

3

砲架と砲尾周りのデティールは案外見栄えがしますね。

オープントップ車両の醍醐味でしょうか。

4

OVMも独特のアレンジですね。

ちなみに私はOVM類を車体色で塗装する派です。

木部をレッドブラウンで塗装したりするのはアイキャッチとしてはいいんでしょうけど何となく昔から違和感を感じてます。

(これは個人の感想です、感想には個人差があります 笑)

さてと、とっととキャタピラ履かせなきゃですな。

それでわノシ

|

« 一式砲戦車(その3)-枯草色? | トップページ | 一式砲戦車(その5)-完成だよ »

模型製作記 一式砲戦車」カテゴリの記事

コメント

くっきりと三色迷彩 決まってますね
 カラーはラッカーでしょうか?アクリル?筆塗りで此処まで塗れるって羨ましいです。
 OVMは私は今までの刷り込みでどうしても木の色を載せてしまいます(汗)それよりもスコップあたりの金属の光、しょちゅう作業すれば角は光っているのでしょうがそんなに使わなかったなら錆びてているはずですよね、実際 土木屋さんのスコップも雨が掛かるとすぐに錆びている、 しかしこれを模型の塗装でやると上手くいかないんだよね~

投稿: マック | 2012年8月 6日 (月) 21時43分

お~っ!迷彩カッコイイですね~。
筆塗りご苦労様でございました。
完成までもう一息でしょうか??
ところで「おーヴぃえむ」ってナンですか??

投稿: やひち | 2012年8月 6日 (月) 22時28分

着々と進んでますね!

迷彩もばっちりじゃないっすか♪
アタシも今日もオリンピックのニュース見ながらだらりんと・・

投稿: SAIUN | 2012年8月 6日 (月) 22時59分

マック様、ああ、OVMの件は戯言です…
自衛隊の町で育ったので子供の頃からオリーブドラブの工具を見慣れてるんです。
仰る通り使い込むと部分的に光ったりするのが本物としては正解なんでしょうね。
ただ、模型的お約束は長い時間をかけて定着した必然でもあると思います。
本物とは違うけれど模型的表現としては正解というのはままあることですね(AFVに限らず)。
これを否定する気はないのです(汗)
追記:塗装はタミヤアクリル使用です。

投稿: シロイルカ | 2012年8月 7日 (火) 01時43分

やひち様、>OVM
on-vehicle materialの略でまんま車載品です(笑)
模型の世界では車載工具を指すことが多いです。
>筆塗り
ううう、疲れた・・・

投稿: シロイルカ | 2012年8月 7日 (火) 01時46分

SAIUN様、筆塗り苦手です~
最後にクリアーを掛けるとは解っていても筆目やテカリを見てしまうと萎えてしまうんです。
厨房の頃のトラウマでせう(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月 7日 (火) 01時50分

あ、この色はタミヤの指定色にものすごく近くありません?
というか指定色でしょうか?(濃淡はあると思いますが。)

どうもこの末期の日本戦車の明るいライトブラウンという色は3色迷彩にすると難しい色ですね。

私は過去に作った砲戦車は色合わせの難しいのが嫌でカーキに塗って逃げましたもの(笑)

投稿: シミヤン | 2012年8月 7日 (火) 01時51分

シミヤン様、この枯草色はタミヤの調色指示+私の偏見で味付けしてます。
ただ、タミヤカタログの製作見本が完全に脳内イメージで固定されてますのでほぼそれに合わせてしまってると思います(笑)
三つ子の魂…
タミヤ恐るべし(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月 7日 (火) 02時01分

>OVM
シロイルカ様ご指摘の通り、J隊車輛では車体色が標準ですよね。

旧軍の写真は見ていないんですが、迷彩の意味合いからすれば、車体色も道理に合いますよね。

>筆塗り
お疲れ様でした。
σ(^_^)はフネは筆塗りが多いんですが、刷毛目はあまり気にせずに、塗り残しがないように重ねてます。
しかも上から光が当たると考えてコントラストに破綻がなければオッケーにしてます。この辺は私のアバウトさが極端に出ているのかも(自爆)。
真面目な話、モノクロ写真から迷彩色の濃さを判断するのは無理と思ってます。(露出の関係や印画紙への焼き方でどうにでも変わりますから)

投稿: XJunで〜す | 2012年8月 7日 (火) 09時43分

フェンダーにキャタピラ確認穴を開けないと
福井のオッサンに怒られます(笑)

しかし、筆塗りとは恐れ入りました(羨望)

投稿: ハヤテ | 2012年8月 7日 (火) 19時33分

ハッキリ言うぞのオロカモノ!。
これのどこに不満があるの?。イロが?。工具が「???」?。
バカボンパパじゃないけど、これでイイのだ!。ぞ。
まだ下地じゃん。これ。 AFVってのはこれからが面白いの!。
作者の観察力と表現力が発揮されるのはこれからなんよ!。
どんどこヤルべし!。 オノレが持つイメージをバンバンぶつけるべし!。

   じぬんも忘れずにw。

投稿: apuro | 2012年8月 7日 (火) 19時44分

XJunで~す様、OVMに関して私の場合は子供の頃の刷り込みですので深い意図はないです。
>筆塗り
基本的にアクリルは筆塗りに向かないと思いますが以前教わったクレオスのレべリングシンナーで延ばすとうまくいくようであります。

投稿: シロイルカ | 2012年8月 7日 (火) 22時33分

ハヤテ様、キャタピラのテンションを調整するやつですか?
ううう、私の大昔の知識ではそんなデティールは存在してないのですが(きっぱり)

投稿: シロイルカ | 2012年8月 7日 (火) 22時36分

apuro様、陸物に関してはついつい頭でっかちになるのです…
理想とする方向性はあるのですが迷走中ですね。
あ、そちらで書き込んだ質感についてですが、つやのコントロールとハイライトのことを念頭に置いてたんですよ。最近私の中では過剰なドライブラシ禁忌なのですがどうもうまくいかないんですね。
あと、完璧につやを消す方法ですね…
一言でいうと塗装はムキーなのだ

投稿: シロイルカ | 2012年8月 7日 (火) 22時47分

水性アクリルの筆塗はむらなく塗るのは
大変でしょう 艶消しも私は炭酸カルシュームを
混ぜています シッカロール(てんか粉)なんかが
いいと昔は言ってました。 パターンも色も
思ったよな仕上がりでしょう。
お疲れ様です もう少しですから がんばって
ください

投稿: あきみず | 2012年8月 9日 (木) 20時59分

あきみず様、>艶消しの炭酸カルシューム
私はタバコライオンで代用しています。
タミヤアクリルはエアブラシだと見事に艶消しになるくせに筆塗りするとつやが出るんですよね…
しかもムラに…
なんでどんなに小面積でもなるべくエアブラシにしてたりします。
なんかもっと画期的に使いやすい塗料が出ないもんでしょうか(私が知らないだけか?)

投稿: シロイルカ | 2012年8月10日 (金) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一式砲戦車(その4)-いまいち:

« 一式砲戦車(その3)-枯草色? | トップページ | 一式砲戦車(その5)-完成だよ »