« 一式砲戦車(その4)-いまいち | トップページ | 沼津縁側爆撃被害者の会-P2V-7ネプチューン(その1) »

一式砲戦車(その5)-完成だよ

今日は今ちょうどBSプレミアムで大和の特集をやってるはず・・・

なんでBSなんだよ~(`Д´)ノウワァァン!!

不貞腐れてブログ記事アップしてます(笑)

*********************************

Type 1 Gun tank Ho-Ni I

さて、一式砲戦車完成しました。

このところの自分標準でドライブラシはせずにチッピングとパステルを中心にウェザリングを施してます。

1

箱絵のアングル・・・車幅が狭いのが目立たないアングルなので中々つおそうに見えますね。これならアメちゃんとも互角だ ・・・(土方総司風に)

2_2

戦車壕にダックインしてM4を狙い撃ちにする場面を想像の皆様、残念ながらベースは皆様の想像力で脳内作成してください(笑)

実際に活躍できたのはほんのわずかの車両のようですが、それはそれ。

ノモンハンの生き残りの精鋭が指揮していたとも言われてますし(ごめんなさい受け売りです)

そんな、想像力がはたらく程度には充分格好いい、とても30年以上前のキットとは思えませんねぇ。

3

キャタピラは真鍮線で押し下げるローテクで弛みを表現しております。

4

正面から・・・国内鉄道の貨車に乗せられることという条件を満たすため車幅も狭いし腰高ですね。

キャタピラ塗装は最初に水性アクリルのラストでエアブラシしてから数種類のパステルをアクリルシンナーで溶いたものを流し込んでます。

あ、最後にシルバーでドライブラシしてエッジを光らせました。

今回ドライブラシはキャタだけです。

5

シャドー付けやハイライト強調をしていないのであっさり風味ですがしばらくこの路線で行こうと思ってます。

6

みんな一緒だとつまんないしね、本当のところ。

さて、次は一度空物に戻ります。

それではノシ

|

« 一式砲戦車(その4)-いまいち | トップページ | 沼津縁側爆撃被害者の会-P2V-7ネプチューン(その1) »

模型-AFV・ソフトスキン」カテゴリの記事

模型製作記 一式砲戦車」カテゴリの記事

コメント

完成しましたね~。
ライト系の迷彩もなかなかいいもんですね。
軽めのクロージングが良い感じです。

タミヤの日本兵セットから指揮官もってきて
横に並べるとよさそうですね・・・・・
そう思いません?

私は思うだけですが(笑)

投稿: シミヤン | 2012年8月11日 (土) 21時24分

完成おめでとうございます!
迷彩も前回と比べ落ちついた雰囲気になり
良い感じですね。

投稿: やひち | 2012年8月11日 (土) 22時33分

完成お疲れ様でした。

>正面
まじに つおそうに見えます。ドイツのマーダーIIIロシアンPAKよりバランスのいいデザインに見えます。

>車体後部
ソ連のKVもそうですが、エンジンデッキが細長い感じですね。ディーゼルだとこうなるのかな?

ともあれ「掟」クリアお疲れ様でした(笑)。

投稿: XJunで〜す | 2012年8月11日 (土) 22時43分

暑い中 完成 お疲れ様でした
 筆塗りによる微妙な塗装ムラが非常にいい味を出してますね、ドライブラシは無しと書いてますが、私も最近はドライブラシをやって仕上げてないような気がします つ~か忘れて施してなくても十分見た目には差がないような、それじゃあ今までのバーリンデン並みのドライブラシって何だったんだろう?

投稿: マック | 2012年8月12日 (日) 00時06分

シミヤン様、>ライト系の迷彩
暗色系の立ち上げをしなかったので明るい感じになりました。重量感をとるか、明るい仕上げをとるかは気分次第だったり…
>指揮官
抜刀指揮官はある意味デフォでしょう、あとヤシの木も。
私も思うだけですが(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月12日 (日) 07時26分

やひち様、>落ちついた雰囲気
つや消しクリアや、各種パステルでしゃぶしゃぶしたのでフィルタリング効果が出ましたかね。
最初に薄いグレーをしゃぶしゃぶにして吹く人もいるようです。
戦車なかたがよく言うように最終仕上げでどーにでもなるということでしょう(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月12日 (日) 07時31分

XJunで~す様、>エンジンデッキ
確かに、デッキの上で宴会ができそうです(笑)
ディーゼルは容積あたりの出力がガソリンエンジンに比べて小さいんでしたっけ…
ソ連はノモンハンの戦訓からディーゼルにしたと聞きましたが、帝国陸軍がディーゼルを採用した理由がよくわからないんですよね、経済性?

投稿: シロイルカ | 2012年8月12日 (日) 07時38分

マック様、ああ、そうなんですかドライブラシは廃れていく方向なのかもしれませんね。
>筆塗りによる塗装ムラ
う~ん、自分でやってるとまさにその塗装ムラに萎えるんですが意外です(笑)
当事者以外には『味』に映るということか…
しかしこれ常にプラスに作用するとは限らんので狙ってやるのは危険ですね(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月12日 (日) 07時43分

おお~コンバーチブル! カッコイイですねえ~♪

弾込め~ の作業中、この動きも程好いウエザリングで
引き立つのですね。

完成おめでとうございます。

投稿: ハヤテ | 2012年8月12日 (日) 10時25分

こんにちは。
完成おめでとうございます!
雰囲気あるオープントップの車輛ですね!
また、フィギアの無理のない
ポージングと塗装が秀逸でございます。

嗚呼~、またAFVも作りたくなっちゃいまする~

投稿: 作左 | 2012年8月12日 (日) 15時17分

ハヤテ様、>コンバーチブル
(笑)確かに~、きっとキャンバストップ仕様もあったと思います。
弾込め~の兵隊さん達はキット付属です。
昔のタミヤは箱の中身だけで小情景になるんですよね~。しかも安いし(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月12日 (日) 19時15分

作左様、>またAFVも作りたく
やた~ヽ(´▽`)/お願いします。
つ~か現在の沼津工廠はまさに驚異です。
軍縮会議で非難されるレベル(笑)
この勢いで戦車も量産してください。

投稿: シロイルカ | 2012年8月12日 (日) 19時19分

完成おめでとうございますw

堂々の姿、力強いものがありますなぁ~
なんでも作っちゃう力量もすごいっすね!

投稿: SAIUN | 2012年8月12日 (日) 22時39分

>ディーゼル
仰る通り排気量当りのパワーはガソリンエンジンに劣るので気筒数を増やす傾向がありますね。

ただ低回転でのトルクはあるので軍用車輛向けではありますね。

しかもガソリンの副産物の軽油でいいし。

ただ燃料噴射ポンプの強靭さが必要ですが、キャブレターよりは整備は簡単かな!

いかんせん当時の本邦の工作精度がねぇ・・・。

結果、戦後彼の国の十八番の品質管理に我が国の製造業は力を入れたんですがね(^_^)。

投稿: XJunで〜す | 2012年8月12日 (日) 23時18分

SAIUN様、やっぱりチハ車の豆鉄砲とは趣が違いますね…
といいつつチハ改が作りたくなってしまったのは内緒( ^ω^ )

投稿: シロイルカ | 2012年8月13日 (月) 10時23分

XJunで~す。三菱自動車の直噴とターボ技術はまさにリベンジなんでしょうね。

投稿: シロイルカ | 2012年8月13日 (月) 10時24分

完成おめでとうございます♪
情景が見えてきました・・
戦車壕の周囲には無数のたこつぼ、着剣した
兵が展開中、その数1個中隊は下らず・・
そうしますとタミヤ日本兵キットが幾十箱w

チハ改が作りたく>
本車と並ぶ光景もたまりません(涎w)

飲んでばかりでちっとも進まない私、
恥ずかしゅうございます(汗;)

投稿: hagu | 2012年8月13日 (月) 12時46分

hagu様、抜刀隊が見えますか?
陸軍戦車隊は用兵思想の変化でなかなか活躍の場がなかったのは残念です。適切に運用されれば敵に消耗を強いつつ退却戦を有利に展開出来たようですね。
退却戦の苦手な旧軍ではまれなケースでしょうけど…

投稿: シロイルカ | 2012年8月13日 (月) 22時27分

遅くなりましたが 完成おめでとうございます
すすけた感じの仕上がり雰囲気があります
自分の知らない車両が、見られるのは
知識が増えるようです。

投稿: あきみず | 2012年8月14日 (火) 09時53分

あきみず様、ありがとうございます。
私にとっては戦車模型は飛行機と違って気楽に作れていろいろ変わったことを試せるのでストレス解消になります。
飛行機に煮詰まったら戦車が作りたくなるんですね(笑)

投稿: シロイルカ | 2012年8月14日 (火) 20時41分

おくればせながら、、
イイね。  雰囲気出てるとオモウよ。
カステンやらフリウルが主流な時分、キャタ&車輪表現が素晴らしい。
惜しむらくは、、じぬんが無い事のみ!。
うん、拍手!!。

投稿: apuro | 2012年8月16日 (木) 20時04分

apuro様、お褒めにあずかって光栄です、これでもかなりセンセの影響受けてるのよ、ベンチマークさせてもらってるんで。
>じぬん
うん、WEB上に戦車壕にダッキングしてるジオラマあって格好良かった、やるならあれですよね。

投稿: シロイルカ | 2012年8月16日 (木) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一式砲戦車(その5)-完成だよ:

« 一式砲戦車(その4)-いまいち | トップページ | 沼津縁側爆撃被害者の会-P2V-7ネプチューン(その1) »