« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

再開~

さて、JMCで素晴らしい作品をたくさん見てきたので気持ちだけは盛り上がってます。

今年はなぜか銀塗装の機体に目が行ってしまった・・・

ということで熱の冷めないうちに銀塗装の現用機を行っちまいましょう(いや、現用ではなかったw)。

もとい、銀塗装の6~70年代ジェット行きます。

1

ぬこ共に撃破されて、一度はお蔵入りしたF-104です。

脚周りをやられてしまったのですが、とりあえず修正は後回しにしてコクピの塗装、組み込みを済ませませう。

2

DUPは済ませてあったので細かく塗り分けて軽くドライブラシを掛けます。

酸素用のホースはギター弦の焼きなまし(ラウンド弦の細い奴)を使ってます。

シートベルトはファインモールドの米軍現用機用(50~60年代米製機)を使用、立体感を考えるとバックル部分だけ使用してあとは板おもりにすべきだったかも。

3

何故か尾翼の一部が撃破されたまま発見できなかったので(奴らが喰っちまったのかw?)プラ板を使用して再生

4

それらしく作っておけば目立つ部分ではないので気が付かないでしょう(笑)

とりあえず早く形にしてじっくり銀塗装に取り組みたいと思います。

5

組み込み終了~・・・と思ったらヘッドレスト横のリングが紛失してるorz

異次元に飛んで行ってしまった。

6

ともかく形にはなったぜ。

微妙にできてしまった段差(私の組み立てミス?)を整えて、表面仕上げをしたら銀塗装じゃ。

今回は練習がてらいろいろトライしてみるつもり。

しかしマルヨンはやっぱり格好エエずら。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

秋のGⅠ競馬バトル-ジャパンカップ

きましたねジャパンカップ

ここはJRA的にはオルフェーブルに勝ってもらいたいところでしょうか。

でもオルフェーブルはちょっと間が空きすぎた気もする

個人的には天皇賞コンビが押しだったりして・・・

というわけで本命は⑧エンシンフラッシュ

相手は④フェノーメノ

⑯トーセンジョーダン

⑰オルフェーブル

4頭の馬連ボックスに各500P

合計3000Pでつ

正座してみるかな(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

JMC2012クラブ展示編

JMC展示会の続き。

併設のクラブ展示はさまざまな作風の作品が並んで見飽きません。

完全に独断でほんの一部を紹介させてもらいます。

1

apuro様のフルスクラッチ、バチスカーフ・トリエステ、スケール不詳(タマコロスケールw)

これは見せ場の多い快作であります、画像では凄さが伝わらないかな・・・

2

特にこのバラストキャビン部分の造形は感動ものです。(*訂正、大いなる思い違い・・・バカだね~ごめんねバカで)

こんなガレキがあったら買うな・・・まちがいなく。

3

銀ピカコニー・・・

俺って銀ピカ大好きなんだな(←バレバレ)、コニーの美しいフォームが見事に再現されております。

4

同じ作者と思われるダグラスC-39、とりあえず何も言うことはないね。

5

ウエストランド・ウェセックス

遠くからでもひときわ人目を引くカラーリングと細部工作

6

エンジンルームが見えるのがまたおしゃれです。

こんな風に作ってみたいと思わせる一作

7_2

EEキャンベラ、存在感のある形とロービジのミスマッチが素晴らしい!

こんなキット売ってるんですね~

8

メッサーのG-14AS

これはやひちさんの作品、これも国籍標識、コードレターは塗装だったはず

こっちを出品しても良かったんじゃ・・・

9

これもみたかったやつ、これも画像より本物のほうが感動する・・・

ほかにも素晴らしい作品がてんこ盛り、つ~か時間足りないし。

まあ、いろいろと思うところがありました、

とにかく前に進もう!

10

そしてあきみず様にもらった秘密兵器

ふふふ・・・

これで勝つる!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

JMC2012に行ってきたの巻

今年も行ってきましたJMC。

前日遅くまで作業したものでボーっとしてしまい、今年は塾長様の入選作画像を押さえ忘れました(汗;)塾長様の受賞作はこちらでご覧になれます。

塾長様、スケールモデルファン賞受賞おめでとうございます。

今年は私も初出展・・・とーぜんスカ(選外)というわけで、事前にわかってはいたものの会場で自分の作品を見るとその地味さに改めてボー然(笑)

スカ仲間(やひち様マルボロマン様)とあーでもないこーでもないと選考基準について分析してました(←ちゃんと次に生かせよ)

その他、会場の出展作をボーっとしながら見て回りました。

何点か私のツボにはまった作品を画像に押さえてまいりました。

1_2 

1/32のマルヨン、表面仕上げとキャノピーのきれいさに圧倒されました。

個人的にはあなたが一番!でした。

2

1/72のP2V7これでも選外なんだからあとは推して知るべきかも・・・

やはり、工作4割、塗装(フィニッシュ)6割といったところでしょうかね。

3_2 

端正な作りの九七飛行艇は民間型に改造されてます。

うん、素敵だ・・・

4

ジョリー・ロジャース!!!

5

私はF-1の味方です!誰が何と言おうとF-1の味方です(キリッ)

6_2 

私の出展作品はこんな感じw

うん、地味だね・・・

会場でお会いしたapuro様は今年はエントリー忘れだって・・・

ダメじゃん!

7_2

やひち様とマルボロマン様のP-47編隊はこんな感じ・・・

やひち様とは2度目、マルボロマン様とはお初にお目にかかりましたが、会場でお相手してもらいました・・・知り合いの少ない私にはありがたい限り。

8_2

ノーズアート2態・・・両者ともに手描きなんですよ~

これでも選外さ・・・レベル高け~よ\(*`∧´)/

9 

つ~わけで、私的JMC作品展報告終わり・・・

会場ではあきみず様にもお相手いただきブログモデラーズ様の展示ブースのそばでウダウダしてました。BMの皆様、ご迷惑おかけいたしました。

次回は併設の模型サークル展示会のご報告~

まだ引っ張ります

また見てねヽ(´▽`)/(ヲイ)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

I-15bisかんしぇ~

完成しました。

JMC東京に間に合わせる(といっても展示するわけではなくお仲間に見てもらう用)ため、最後はやっつけ状態でした。

Polikarpov I-15bis Spanish Civil War(Republican Air Force)

ICM 1/72のI-15bis、ガル翼のチャイカではなく普通の複葉のほうです。

ガル翼特有の上翼配置が前方視界の妨げになるのを嫌って通常の複葉に戻したとウィキには描いてありますね。

bisとは付きますが見た目は退化形と言えないこともないな、コレ

1

共和国軍の標識って尾翼の塗り分けだけでラウンデル的なものはつかないのね・・・

塗装に関しては国民戦線側のほうが勇ましいですな。

2

お遊びとして金属部分と羽布張り部分の差を強調するためハゲチョロ表現をきつめに(もはやチョロではなく盛大ハゲ?)入れてあります。

そうでもしないと小さいし地味だし・・・見栄えがしないと思ったのよね。

キットは簡易インジェクションなので各部の(特に表面の荒れ)修正は必須です(笑)

でも、整形して組み上げると中々格好いいのはICMキットの美点ですね、原型士さんの腕がいいんでしょう。

東欧キットらしいといってしまえばその通り。

3

感想としては、とにかく小さい・・・ちいさすぐる

もうこんな小さいのは作るもんか\(*`∧´)/

4

ああ、楽しかった(笑)

次は何を作ろうかな?

ぼ~っと次回作の案を練るこの時間がいちばん楽しい。

あ、Ⅳ号終わってなかった(汗)

**************************

そして昨日はJMC会場に顔を出してきました。

JMCの俺的レポートは次の記事にするのでまた来てね(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

秋のGⅠ競馬バトル-マイルチャンピオンシップ

これまた混戦が予想される難解なレースだな。

なんとなく高配当が来そうな予感・・・
人気も割れ気味だし。

というわけで私の本命は⑩リアルインパクト

①サダムパテック
④ダノンシャーク
⑤コスモセンサー
⑥レオアクティブ
⑰ドナウブルー

6頭の馬連ボックスに各200P
合計3000Pです。

波乱の予感・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ドリームキットと翼間支柱

今日は中二のムスメの英検試験の送り迎え・・・

普段通らない道を通ってムスメを送った帰り道。

新しいオフハウスをめっけました。

古着中心でホビーコーナーはわずかでしたが、数少ないプラモデルを漁っているとスツーカのB/R型がありました。

『定価2,400円(税抜)が2,000円って高くね?箱もぼろいし』・・・と思いつつ、

『フム、アエロマスターデカール付の限定版ギリシャ戦線なのね、だからってこの価格は??』と思いながら、テープが貼っていなかったのでボックスオープン、

そのままレジに持っていきました。

6

中にはアイリスのレジン&エッチングのDUPパーツ入り・・・

なるほどだから高かったのね?って思いながらも、イヤイヤ中途半端な値付けだなコレ。アイリスの価値が解ってればもう少し高くつけそうな気もするよね。と頭の中のCPUがフル回転しました。

店員を見渡しても玄人筋はいなさそうだし・・・謎ですな。

7

ともかくもドリームキット入手!

なんか奥さんに無断で処分された系のキットですが私が成仏させましょう。

南無

**********************

I15-bisは相変わらずのろのろであります。

うすうす気付いてたんですが翼間支柱が短い!キャノピーを載せようとしてクリアランスがなさすぎるのに愕然、こりゃ無視できないわ・・・となりました。

修正-1

まずは胴体支柱に真鍮線を通して仮固定、上翼の位置決めをします。

1

位置が決まったらマスキングテープで固定。

修正-2 一度接着した翼間支柱を引っぺがして目測で採寸のうえ翼間支柱を延長!

2

目見当ですが約5ミリ延長しました。

修正-3 翼間支柱を仮合わせして下側だけ瞬着盛り付けで固定、パテ盛り整形。

4

やれやれ、やっと終わった。

5

小さいから完成させてJMC東京に持っていこうかと思ってたけど無理かも(笑)

| | コメント (19) | トラックバック (0)

秋のGⅠ競馬バトル-エリザベス女王杯

頭痛が痛い。

ちょっと根を詰めると翌日てきめんに頭痛になるなあ・・・
歳ですなぁ(´・ω・`)ショボーン

それはさておきエリザベス女王杯。

最近冴えませんがここは⑪ホエールキャプチャを本命に推します。
相手は①マイネイザベル
⑥ピクシープリンセス
⑦フミノイマージン
⑫ヴィルシーナ

5頭の馬連に各300P
合計3,000PでGO!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

いつものちまちま

I-15bis続いてます。

つ~か遅々として進まないというほうが正しい(;;;´Д`)

リブの再現には目途がついたので、他の気になる部分をちまちまと修正していきます。

コクピ開口部の縁は洋服でいうところの玉縁のよう になっているようです、キットではモールドがつぶれてしまってアレなので銅線で加工することにします。

1_2

ヘッドレストも整形の邪魔になるので切り取って作り直してます。

あとテレスコープ型の照準器が付きますがこれも自作になるでせう。

エンジンカウルの位置決めが曖昧なので、内側に付く環状の排気管パーツをあたりにして削り合わせます。

このあたりタボも何もないのでカウルが均等に浮くようにあちこち削っては仮合わせの繰り返し・・・

2

だいたいこんなもんかな?

こういうところがきちんと誰にでも形にできるようになってないのが簡易インジェクションの欠点ですね。

3

小さいけど手間はそれなりに掛かるのですな(笑)

早いとこ塗装に進みたい・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »