« 秋のGⅠ競馬バトル-阪神ジュベナイルフィリーズ | トップページ | 秋のGⅠ競馬バトル-朝日杯フューチュリティステークス »

マルヨン・・・リカバリーその2

昨日の続き。

主脚は中々気合の入った出来でして、ちょっと目立つ押しピン跡の修正以外は特に欠点もなく素晴らしい仕上がりになります。

1

リカバリー完了!左パーツを参考に右パーツの欠損部分を再生いたしました。

これで勝つる(←誰に)

やってみれば何とかなるもんですねぃ・・・蜜柑山行きにならなくてよかったよかった。

2

主脚の最終状態・・・

とくにデティールアップの必要は感じない出来であります。

3

みたか仔猫ども(笑)

あ、もう仔猫じゃないけど。

いろいろ手間は掛かりましたがこれで本格的に塗装に掛かれます。

っていうか寒くて塗装がしたくない時間つぶしだよねこれ・・・

4

気合を入れなおして、まずは背中のタンから塗装開始!

これからマスキング地獄だすなぁ・・・

がんがれオレ

|

« 秋のGⅠ競馬バトル-阪神ジュベナイルフィリーズ | トップページ | 秋のGⅠ競馬バトル-朝日杯フューチュリティステークス »

模型製作記 F-104スターファイター」カテゴリの記事

コメント

完璧なオペ(驚)
あの開放性複雑骨折など無かったかのような仕上がり。

しかも、脚の中には補強財まではいっているんですよね♪
大戦機と違って複雑な脚柱もなかなかそそります(笑)

投稿: ハヤテ | 2012年12月 9日 (日) 22時53分

>塗装…
マルヨンはもう積みはないんですが、フジミ72のハチロクの在庫があるので、興味津々であります。

そういえばクレオスからアルミナイズドシルバーとかの特色セットが出たんですよね。

投稿: XJunで〜す | 2012年12月 9日 (日) 23時15分

ナイスリカバリーでございます。
マスキングは慣れると悟りが開けるかもしれません、
頑張って下さいマセ。

投稿: やひち | 2012年12月 9日 (日) 23時30分

背中に「タン」があるんでSKY。
塩とレモンだよね、やっぱし。
つか、リカバリテクの補完として、鍋物材料ず の活躍を期待しますね。 

投稿: apuro | 2012年12月10日 (月) 19時46分

ハヤテ様、>開放性複雑骨折
うう、馬なら安楽死間違いなし…
大戦機とちょっと違う足回り、薄翼になって胴体への収納が当たり前になって収納シーケンスが複雑になった分メカメカしいですよね。
ビデオがパッカンからフロントローディング
に変わったみたいな(違)

投稿: シロイルカ | 2012年12月10日 (月) 23時06分

XJunで~す様、>アルミナイズドシルバー
ああ、見ました興味津々ではあるんですがクレオスの8番で行こうかなと思ってます。
世傑(旧版)の写真を見るとタミヤカラーのフラットアルミに黒を混ぜたような生っぽい色なんですよね…
模型としてはあまり格好いくないのでぴかぴかで。

投稿: シロイルカ | 2012年12月10日 (月) 23時10分

やひち様、むぅ…悟りですか。
模型神降臨の瞬間は経験あるんですが、マスキングで悟りを開けるには至ってないです。
やひち殿のマスキングは結構神ってますから…

投稿: シロイルカ | 2012年12月10日 (月) 23時13分

apuro様、むずかしい謎かけぞな…
>鍋物材料ず
むぅ…ポン酢、鶏肉、しらたき、マロニー、椎茸、白菜???
〆のご飯とか???
待ってねヒントなしで答えるからw

投稿: シロイルカ | 2012年12月10日 (月) 23時19分

素晴らしいリカバリーです こういうのって
意外とやってみると上手くいくんですね。
初めから頭にないことだから心配し過ぎるわけで、
強度も付いたわけでしょう。
私の紫電も撮影時風に向かって離陸して両足を
折りましたが何とか出来たので。

リンクさせてもらってもいいですか。

投稿: あきみず | 2012年12月11日 (火) 16時53分

あきみず様、パーツ欠損で一度はやる気をなくしたんですが、案ずるよりなんとやらでした…
この調子でフロートスピットも再開できるか?
>リンク
はい、喜んで!相互リンクにさせていただきます。

投稿: シロイルカ | 2012年12月11日 (火) 22時54分

綺麗な脚ですね。。脚フェチじゃありませんが
細くて華奢なわりには、メカニカルだったりして
手の入れ甲斐があって、、そそりますね。(^^ゞ

投稿: イッコー | 2012年12月11日 (火) 23時12分

イッコー様、この手の手前に引き込むタイプの主脚に私は弱いです(笑)
F-1、クルセイダー、コルセアⅡ…
なんか旧世代ジェットばっかりw

投稿: シロイルカ | 2012年12月12日 (水) 19時26分

こりゃまた繊細な脚柱ですね~。
これをリカバリーされたのはすごいですね。

寒くて塗装・・同意(笑)
こちらは+筋肉痛(爆)

投稿: シミヤン | 2012年12月12日 (水) 20時38分

こんばんは、 テールパイプが細いうえに反りあがっているので、
主脚が腰高に見えるみたいです。
仮組みで調整したらどうでしょう 提案です。

投稿: nananiya72 | 2012年12月12日 (水) 21時10分

シミヤン様、ハセガワさんにパーツを請求するのも業腹なので(ホントはびんぼーなので)意地で直しました(笑)
>筋肉痛
豪雪お見舞い申し上げますm(_ _)m

投稿: シロイルカ | 2012年12月12日 (水) 22時36分

nananiya72様、>主脚が腰高
斜め後ろから見た時ですね。
ノズルを大きくするのは現実的に不可能ですからちょっとお尻が沈み気味になるように調整する感じでしょうか?
大いに参考にさせていただきます。

投稿: シロイルカ | 2012年12月12日 (水) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルヨン・・・リカバリーその2:

« 秋のGⅠ競馬バトル-阪神ジュベナイルフィリーズ | トップページ | 秋のGⅠ競馬バトル-朝日杯フューチュリティステークス »