« Me262 A2a(その3)-士の字 | トップページ | Me262 A2a(その5)-自立しました。 »

Me262 A2a(その4)-うねうね

Me262ですが塗装前の地味な作業に時間と取られて更新が遅くなりました。

尾灯や翼端灯はクリアーパーツが用意されているんですが後付けだと段差がやっぱりできるのでいつものように瞬着固めの後磨きあげて仕上げます。

1

曇らせちゃったけど隙間ができるのが嫌いなのでコレはこれで良しとしよう(←負け惜しみ)

2

3

翼端灯は豆に色がついているタイプ・・・

ちなみに左翼が赤で右翼が青ですよ(お船と一緒)

4

防弾ガラス、フレームを残してマスキングのあと機内色を吹いて仕上げます。

毎度の工作なので特に画像に残す必要もないのですが、模型雑誌からも工作ガイド的な記事がなくなりつつあるので残すようにしようと最近は思ってます。

つ~か絶滅危惧種だよね飛行機モデラー・・・

AFVはガルパンのおかげで新規参入が増えたみたいだけど、アイマスでもやっぱりモデラーさん増えたんでしょうかね?

個人的には未経験者がアイマス機を仕上げるのはかなりハードルが高いと思う。

頑張ってほしいなぁ(←誰に??)

5

さて、今回はタミヤのこのキットのメリハリを生かすためぷりしぇーでぃんぐをやってみました。

タミヤアクリルでヲッシングすると必ず失敗するので先に影を付けておこうという魂胆です。

普段はあんまりやらんのでどうなるかな・・・

6

手順に従い下面色RML76を塗った状態・・・

このぐらいメリハリあった方が模型的にはいいかな。

7

一気に基本塗装終了(笑)

上面色もプリシェーディングを生かして欧州モデラー風の褪色した雰囲気にしてみました。

今回はKG51のマーキングをチョイス、うねうねは私の0.3mmブラシでは無理なので筆で書きこんでみました。

9

実機の画像・・・乱雑にスプレーで塗りたくった感じの再現がなかなか難しい。

8

もうちょっと乱雑なほうが良かったね・・・

タミヤの塗装図にはかなり近い雰囲気になってると思うけど。

つ~か塗装図に似せてどーする・・・

うねうね道は奥が深い。

でわ。

|

« Me262 A2a(その3)-士の字 | トップページ | Me262 A2a(その5)-自立しました。 »

模型製作記 Me262 A2a」カテゴリの記事

コメント

>ウネウネ
仰言る通り、この手の「ランダム」に描いたものって、難しくて、ランダムに、と意識すると余計わざとらしくなったりするんですよね。以前、1/72の262でモットリングを筆で描いた時に難儀した憶えがあります。

実際にはどうやってたんでしょうね?

投稿: XJunで〜す | 2013年1月20日 (日) 20時34分

こんにちは。
ご無沙汰っす。

う~む、いい感じに仕上がってますね!
ウネウネもいい雰囲気!
実際にスプレーガンでランダムに
吹いていたようなので、その感じが良く
伝わってますよ。

48だとかろうじて、ブラシでウネウネを
吹くことが出来るそうですが、
筆のほうがメリハリ・コントラストが
鮮明に表現できるので正解だと思います。
完成が楽しみです。頑張ってください。

投稿: yoshiyuki | 2013年1月20日 (日) 21時20分

すげぇ~! なんつーウネウネやるんでっか(汗)
あんまりハードルを上げられると困ります。

>工作ガイド的
いいですねぇ、こういうのを待ってるんです♪

投稿: ハヤテ | 2013年1月20日 (日) 21時42分

以前申し上げたかもしれませんが、かっこ良いデスネ。同時期の同種の機体ではスタイルも性能もジェット機らしさイチバンでございます。

>絶滅危惧種だよね飛行機モデラー・・

お呼びでせうか(笑)。
我が家もおそらく私一代限りでございましょう。

>アイマス機

最初見たとき何なのかわかりませんでした。新手の痛車かと思ったり(笑)。

投稿: realjukuchou | 2013年1月20日 (日) 22時12分

蛇行迷彩イイ!ですね~。
これはエアブラシだと超難しい・・・ッスね。
どちらにしても頭の中をカラにして無心で
描いていかなければならなそう・・・。
にしても上手く描けてますね~、他と差を
つけられる良い塗装かと。

飛行機モデラーもバイク乗りもワタシの
趣味は高齢化が進行中・・・(泣

投稿: やひち | 2013年1月20日 (日) 22時20分

XJunで~す様、この機体は工場出荷の通常塗り分け状態の上からうねうねしたように見えますね。

>実際には
太さが均一に見えるのでスプレーガンで殴り書きでせうか?
筆だとそのあたりが再現できない…

投稿: シロイルカ | 2013年1月21日 (月) 09時48分

yoshiyuki様、お元気そうで何よりであります。
いい雰囲気ですか♪ありがとうございます。
迷った末の筆塗りでしたが結果的には正解だったみたいです。

ニードル0.2mmのブラシを持ってればたぶんエアブラシでも可能なんでしょうが、指が攣りそうですよね(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年1月21日 (月) 09時52分

ハヤテ様、まあ、あきみず先輩や手描き組の皆様には負けますけどチャレンジということで。
ていうか、これはなかなかエアブラシでは再現できないと思うんですよ。

普段はもうエアブラシからは離れられません(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年1月21日 (月) 09時57分

塾長様、やはりMe262はこの先進的なシルエットですよね♪
外翼の後退角は重心位置を調整するための応急処置らしいですけどもうあの角度しかありえないですよね。
良くも悪くもWWⅡで最もドイツらしい機材かと思います。

>一代限り
もうどこの家もそれは・・・死ねば積み在庫は粗大ごみ

投稿: シロイルカ | 2013年1月21日 (月) 10時11分

やひち様、>頭の中をカラにして無心で
まさにその通りでやんす。

般若心経を書くのもかくやと思われるようなトランス状態で夢中で描き込んでおりました(笑)

>高齢化
バイクは本当に中高年が多いですね…ライダースーツにヘルだとわかんないけどヘルメット外すとあれ~の人がいっぱいいます(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年1月21日 (月) 10時15分

工作ガイドで ふむふむワクワク、、、。
で、イキナリうねうね塗装終了カヨ!。 謝罪と賠s

下にぶら下がるバクダン二個。
豊満なるオッパイなのか、ハシタナイふぐりなのか?
視覚的に難しいモンダイだ、、。

投稿: apuro | 2013年1月21日 (月) 19時53分

apuro様、>イキナリうねうね塗装終了
え~、そこに需要があるとは思わなかった…塗装苦手がこびりついてるんで塗装はどうもすっ飛ばしたくなるのです。
>下にぶら下がる
う~む、どちらかと言えばハクリュウののどのタマタマとかセントバーナードの樽とかそんな感じだと…
どっちにしろ吊るしものだからおぱ~いではないとおも。
PS:そちらでは振りにもならんコメ失礼しました。反省中

投稿: シロイルカ | 2013年1月21日 (月) 21時48分

こんばんは、
ウネウネ、実機写真より格好良いじゃないですか。
て、どっちが本物なんだか(笑)

やっぱ筆塗りですよね。
ブラシじゃ無理だと思います。昨年アメーバ迷彩をブラシで吹きましたがメリハリがつかず泣きましたので、この手の迷彩はしばらく眺めるだけにします。

投稿: イッコー | 2013年1月21日 (月) 23時18分

イッコー様、光栄であります。
>筆塗り
一度エアブラシを使い始めると小さな部品一つでも筆塗りするのが怖くなります。
やっぱり初心者の頃失敗したトラウマが大きいんでしょうね。
水性アクリルの場合、筆と溶剤がキモのようです(タミヤアクリルは専用溶剤よりクレオスのレベリングシンナーのほうがよく伸びる)。

>この手の迷彩
中学生の頃は模型雑誌でドイツ機のきれいな塗装を見て私にはとてもマネできないと思ったもんですから、少しずつは進歩してるんですよね…

投稿: シロイルカ | 2013年1月22日 (火) 09時38分

うねうねの唐草文様、一心不乱に書き込まないと
線が太くなったりパターンが単調になることがあります そんなことも無くきれいなパターンで
仕上がっています いっきの仕上がりに
驚きです 私も頑張らねばなりません。

投稿: あきみず | 2013年1月22日 (火) 20時48分

うねうねうねうね・・・気が遠くなりそうででありますっ!!

なんと継続力のある塗装なんでしょうか。。
超絶倫、いや超絶技やと思いました★

投稿: SAIUN | 2013年1月22日 (火) 22時55分

意識的に書きなぐったような迷彩を施すのはとっても難しいと思います しかしながらこの迷彩 上手いなあ でもシロイルカさんの腕があればブラシで十分対応出来ると思うのですが?

投稿: マック | 2013年1月23日 (水) 00時54分

あきみず様、今回は以前製作されたあきみず先輩製作の手描きパターンも念頭に入れて塗装しました。
というのも、買って最初に塗装図を見たとき、このパターンはエアブラシじゃ無理…消しだなと思ったマーキングをあきみず先輩が普通に筆塗りでやられていたからです。

手描きならこのパターンも塗れるんだと、目からウロコだったんですね。

投稿: シロイルカ | 2013年1月23日 (水) 09時44分

SAIUN様、確かに気が遠くなりましたです。
最初のうちはスカスカでこんなんじゃダメやろ状態なのですが、地味にうねうねうねうねしてるうちになんとなくよくなってきてあとはトランス(笑)
おにゃのこにもこのぐらいの執念を持つべき(え?)

投稿: シロイルカ | 2013年1月23日 (水) 09時47分

マック様、実は私のブラシ、塗料(タミヤアクリル)のせいかニードルのせいかはっきりしないのですが細吹きがうまくいかないんです。
検証のためもう一本0.2mmのブラシが欲しいのですがいつもお値段で躊躇してしまうんですねぇ。

でも、これだけみんなが喰いついてくれるとなると手描きうねうね今後もアリかも(ちょっと天狗w)

投稿: シロイルカ | 2013年1月23日 (水) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Me262 A2a(その4)-うねうね:

« Me262 A2a(その3)-士の字 | トップページ | Me262 A2a(その5)-自立しました。 »