« Me262 A2a(その5)-自立しました。 | トップページ | 息抜き »

Me262 A2a(その6)-完成

最終工程。

爆装させて射爆照準器を追加工作、塗装後接着、ループアンテナを金属線にリプレイス。

1

2

3

細かいデカール貼り終わりの後、いつものようにフラットクリアーを吹いて張り線を施したらかんしぇいです。

さすがタミヤ製は完成が早い・・・

****************************

Messerschmitt Me 262 A-2a "Sturmvögel"

Me262 A-2aはヒトラーの命令により、本命の戦闘機型の開発、配備を止められたドイツ空軍が不本意ながら先んじて配備した戦闘爆撃機型です。

ヤーボ仕様の『ブリッツボンバー』なのに4,000メートル以下への降下を禁じられ、なおかつ精密爆撃照準器がないという訳の分からない運用をされています。

4

シュツルムフォーゲルは直訳すると嵐の鳥・・・ドイツではミズナギドリ科の鳥を指す総称とのこと。

5

一発勝負の苦手な私ですが、今回は手描きうねうねに挑戦しました。

賭けに勝ってなんとかいい感じに仕上がったと思います。今後の糧としませう。

6

スジ彫り、モールド関係はタミヤらしくかっちりしているので自分の凝りたい部分だけ追加工作すれば格好良く仕上がる好キットだと思います。

7

実質一か月で完成は私にしては早い方でありますなぁ(自慢?)

この勢いで空自T-33もやっつけたいなぁ。

でも難物らしいからなぁ。

8

胴体がしもぶくれに太いせいで、画像を取る時のアングルがなかなか決まらず苦労します。

斜め後ろから見て全体が菱形に見える角度で撮ると一番格好いいかな。

9

なんとか一月中に終わったぜい(満足)

|

« Me262 A2a(その5)-自立しました。 | トップページ | 息抜き »

模型」カテゴリの記事

模型-AIR」カテゴリの記事

模型製作記 Me262 A2a」カテゴリの記事

コメント

完成しましたね。乙です。
このスケールだと手書きでも結構面倒そうですね(笑)

仕上げのフラットクリアーでも適度な光沢があるように見えるんですが
光源の状態によるものでしょうか?

投稿: シミヤン | 2013年1月31日 (木) 00時44分

うん斜め後がいいhappy01

投稿: pn | 2013年1月31日 (木) 09時42分

シミヤン様、>フラットクリアー
グンゼの水性つや消しクリアーですが、『適度な光沢』はおっしゃる通りライティングの加減でしょうか(光源が近い)。

>面倒
途中からトランス状態だったのでそれほどではありませんでした(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年1月31日 (木) 10時03分

pn様、そうですよねヽ(´▽`)/
良かった賛同者がいて。

投稿: シロイルカ | 2013年1月31日 (木) 10時05分

完成おめでとうございます
すごいアップに十分耐えていますね
コクピット細かな工作で見栄えがします
筆塗との併用で頑張ってください

投稿: あきみず | 2013年1月31日 (木) 20時26分

うねうねうねうね うねりんちょ!。
お見事ナリ!!。
>4,000メートル以下への降下を禁じられ・・
横滑り&急なピッチアップだとエンストしちゃうんだろうな、、。
機位を立て直して再始動するのにどのくらいの余裕があったんダロ。
翼面荷重高すぎそうだし、胴体のオムスビ断面形状だって、胴体で揚力稼いでる雰囲気。 オソロシイ。                                                                         

投稿: apuro | 2013年1月31日 (木) 20時55分

カッコええ・・・
ウネウネ塗装が他の262と差別化できていいですね。
出来の良い操縦席、やっぱり開けて見せたくなり
ますよね~。

投稿: やひち | 2013年1月31日 (木) 22時27分

あきみず様、私はマスキング命なので筆塗りは最後の手段となります…
タミヤのコクピットはメリハリが効いているのでちょっと手を入れるだけで見栄えがするんですよね。

投稿: シロイルカ | 2013年1月31日 (木) 22時52分

apuro様、低空飛行を禁じられたのは万が一敵地で撃墜や不時着するような事がないようにという機密保持の観点が一番だったようです。
ご指摘の通り一番怖いのはエンジンストール…

この機体を使用する際のキモはとにかく高速を維持することに尽きるようですね、速度を落としてしまったら敵戦闘機のカモになるんで離着陸の際は味方レシプロ戦闘機の護衛付きなのはご周知の事実。

投稿: シロイルカ | 2013年1月31日 (木) 23時03分

やひち様、>差別化
ありがとうございます。思い切ってやってみたかいがあります。
深く考えずにフィーリング重視でいきました。
個人的に気に入っているのは疲れてぞんざいになってしまった様に見える尾翼の塗装パターンがうまく再現できたところです(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年1月31日 (木) 23時12分

完成お疲れさまでした。

>シュトゥルムフォーゲル
なるほど…。
シュトゥルムの別の意味で「突撃鳥」の意味もあるのがドイツ語の面白いところかも^_^。この手の掛詞ってドイツ人も好きみたい。

投稿: XJunで〜す | 2013年1月31日 (木) 23時33分

XJunで~す様、対戦車砲を積むと『大砲鳥』ですもんね…その伝でいくとSturm(geschütz)vögelは空飛ぶ突撃砲という解釈になるわけですな。
名は体を表すってやつですね。

投稿: シロイルカ | 2013年2月 1日 (金) 09時57分

実は計器板に塗装済みエッチングを使っています。
・・・と言ってくれるとホッとするんですがね(笑)

筆塗りのウネウネ、アップ画像でも迫力ありますね♪
太さの調整やバランスも絶妙で素晴らしい(羨)

完成おめでとうございます。

投稿: ハヤテ | 2013年2月 1日 (金) 21時25分

完成おめでとうございます。
良い雰囲気ですね、
何だろな~~清楚な清潔感を感じますね。
こんな唐草模様初めて。。

やっぱこいつは非常に参考になる塗装ですね
ありがたくいただきます。


投稿: イッコー | 2013年2月 1日 (金) 22時53分

ハヤテ様、ありがとうございます。計器板はデカール&軟化剤です…
>ウネウネ塗装
なんか皆様に褒められて天狗になりそう(笑)
作業中は半分トランス状態だったので模型神が降りてきていたのかもしれません。
オカルトモデリングか?

投稿: シロイルカ | 2013年2月 2日 (土) 15時23分

イッコー様、もう完全に天狗でして(笑)
清潔感…ですか。
迷彩色同士が混ざり合わないような仕上がりだからでしょうかね…
実際は画像でもあげたようにもうちょっと乱雑ですが模型的に「アリ」な表現ということなんでしょうね。
>参考
光栄であります。

投稿: シロイルカ | 2013年2月 2日 (土) 15時27分

完成おめでとうございます。
う〜む、イルカが天狗になるのか?
一角獣がイメージに近いですな(爆)
トランスフォーマーになると、このウネウネ塗装が出来るんでっか!
多分、トランス違いでんな(墜落)

T-33、競作になるかも知れませんね。私はプラッツの1/72を考えています。
まだ1機目のミツビシXT-1の箱を開けたばかりですが(笑)

投稿: 夜戦部隊二等兵・まじり | 2013年2月 3日 (日) 01時43分

まじり様、T-33いいですね、ぜひぜひ共作で。
プラッツのやつは最新作ですからバッチリでありましょう。
といいながらまだT-33に掛からずに寄り道で現在ベルゲパンターを作っているという(笑)
何も考えなくていい奴を無心で作ってリセットするといいんですよ(本当か?)

投稿: シロイルカ | 2013年2月 3日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/56645441

この記事へのトラックバック一覧です: Me262 A2a(その6)-完成:

« Me262 A2a(その5)-自立しました。 | トップページ | 息抜き »