« 息抜き | トップページ | T-33始めては見たけれど »

ベルゲパンター(その2)

続きます。

キャタピラはこのキットのウィークポイント・・・昔ながらの扱いづらい素材なので、タミヤの組み立て式を奮発しました。

1

タミヤキットの場合片側83枚と書いてありますが、イタレリの場合82枚でちょうどよかったです。

起動輪もちゃんとピッチが合うので手間いらずでした。

2

さて、車上に付くホイスト(合ってる?)ですが、支柱の断面が型ずれしているので真鍮線で差し替えます。

出来るだけ素組みで手を入れないつもりだったんですが、ここは我慢できず(笑)

3

4

支柱リプレイス完了♪やっぱり交換してよかった。

こうなるとプラパーツのチェーン部分が気になって交換したくなってきた(笑)

まさに玉突き工作(笑)

5

6

元パーツのモールドを生かしながらチェーンを実装。

イタレリのプラは程よく粘性があるのでこういう加工がやりやすいですな~

7

工作はほぼ完了。

車体上下を接着する前に内部を塗装しなければです。

木製キャビンにむき出しの機関部・・・機関車○ーマスに出てきそうな造形ではあります(笑)

やっぱり働く車は格好いいですなぁ。

|

« 息抜き | トップページ | T-33始めては見たけれど »

模型」カテゴリの記事

コメント

真鍮線にチェーン、ツボに嵌ります(笑)

働く車、特に重機はかっちょええですよね♪
時々近所で動くユンボに見とれたりして・・・

投稿: ハヤテ | 2013年2月10日 (日) 12時22分

支柱などの単純な細い棒状のものは
型ズレの場合修正するよりも交換するほうが手っ取り早いですね。
チェーンもアイキャッチでいいですね。

やっぱりこのあたりのクレーンや巻き取り機などのメカメカしたところがところが魅力的です。

投稿: シミヤン | 2013年2月10日 (日) 13時03分

シミヤン部隊長殿に同意。
ご存知のように私は飛行機専科ですが、ミサイルやロケットの型ズレの
修正は嫌になります。
単純にズレだけ削ると楕円形だし、真円を出そうとすると、直径が細くなるし。

投稿: 夜戦部隊二等兵・まじり | 2013年2月10日 (日) 16時40分

ハヤテ様、戦車そのものも好きなんですが支援車両も格好いいです。私の場合実家のそばが施設団だったり補給処が地元にあったりしたせいでしょうね。
といいつつ私の一番好きな重機はクレーン車です、あ!はしご車も好き(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年2月10日 (日) 21時21分

シミヤン様、>手っ取り早い
その通りであります。初めてリプレースしたとき強度も見た目も格段に良くなるので目からうろこでした(笑)
タミヤは古いキットでも割と型ずれが少ない(成形型の手入れが行き届いている?)ですが、欧州物はたいていひどいですね…
ハセガワも古いのは案外型ずれ多い印象。

投稿: シロイルカ | 2013年2月10日 (日) 21時25分

ああ、まじり様が言うのは説得力あります。
難ありキットをモノにする腕力にはかねがね敬服しているので言葉の重みが違うです(笑)

ミサイル系はフィンを自作するのがめんどくさいんでついつい妥協したくなっちゃうんですが、ちゃんとしたやつを下げると印象がぐっと良くなるんですよね~
小物は大事ですな。

投稿: シロイルカ | 2013年2月10日 (日) 21時29分

まさに至れり尽くせりの定番工作というか、昔の某Tニュース風に言えば「これだけは直そう」…(自分でやってから…<-ワシ)
さすがに、このクレーンを治すアフターパーツは見たことがないってか、露出されてる作例は同じ工作をしているようです。

ちなみにキットには楯つきの20mm機関砲のパーツがついてますが、図面の記事は見ましたが実際には装備していないようです。また、車体前部にある板状のものは、ここにクランプで対空機銃(
MG34)を固定するようです。ではでは。

投稿: XJunで〜す | 2013年2月10日 (日) 21時42分

>型ずれ
型のメンテももちろんあるでしょうし、さらには型の設計と精度にも秘訣がありそう。
射出成形の場合、熱と圧力が、しかもパーツの形や大きさ、配置の関係で不均一にかかるので歪みは必ず出る筈。
なので、型には材質に始まりいろいろな要素のノウハウがあるんでしょうね。

至れりのランナーってパーツが凄い配置のパズルになっていて、湯回りは考えてそうですがその先はわかりませぬ。(バリは合っても湯回り不良の記憶はあまりないような〜。)

また至れりとか燐寸箱、えたひっくすはキットを素材と割りきってるかも…。それはそれで自分の腕相応に仕上がる醍醐味があるとも思います(笑)。

投稿: XJunで〜す | 2013年2月11日 (月) 01時03分

XJunで~す様、20㎜機銃は実際には装備されてないというのは以前に貴殿より伺っていましたので付けませんでした。無い方が「らしい」と私も思います。

>クランプで対空機銃(MG34)を固定
おお、そうでしたかコイツはなんだろうと思ってました。20㎜を装備しないのでそれは再現してみたいところです。

イタレリのきっとは押し出しピン跡もとんでもないところに入ってますからねぇ…
といいつつ嫌いではない(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年2月11日 (月) 07時11分

ふむ。
どのようなシュチュで演出するのでせうか?。

投稿: apuro | 2013年2月13日 (水) 19時16分

apuro様、休憩中の場面しか浮かんでこないですがな…あとは大洗学園自動車部がスタックした戦車を回収に(ウソ)
ところでコイツを運用するのは戦車兵じゃないんでしょうか(←そこから。。)

投稿: シロイルカ | 2013年2月13日 (水) 22時25分

>運用
ハイ、戦車修理廠中隊なので戦車兵ではありません。
18トンハーフに乗ってる兵隊さんみたく、ツナギを着ていると雰囲気抜群。

投稿: XJunで〜す | 2013年2月14日 (木) 19時45分

XJunで~す。修理廠中隊でツナギ(メモメモ…)
フィギュアと絡ませるのはかなりムズイですねぇ。

投稿: シロイルカ | 2013年2月15日 (金) 09時59分

前の記事へのコメントですみません。

このキット、かなりしっかりリサーチされていて、エンジンデッキにトウバーがあったり(18トンハーフのは使えなかった)、タグワイヤーとフックをつなぐシャックルが四つついていたりしていて、「確かに回収車なら必要だよね」という姿になってます。あ、組むとみえなくなるれど、バッテリーも増やしてあるのが芸コマ。
ウィンチに繋がるワイヤーも先端部分を凧糸か細いワイヤーにかえると鬼に鉄棒!

投稿: XJunで〜す | 2013年2月21日 (木) 21時59分

XJunで~す様、イタレリは80年代~90年代前半タミヤが元気なかったころ頑張ってましたよね…タミヤが復活しなければイタレリが1/35を主導してた?(いや、それはない笑)

投稿: シロイルカ | 2013年2月22日 (金) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/56730520

この記事へのトラックバック一覧です: ベルゲパンター(その2):

« 息抜き | トップページ | T-33始めては見たけれど »