« Ju188の続きとNHKマイルカップ | トップページ | 寄り道その2-完成 »

寄り道Ju188-完成!

寄り道で作り始めたJu188完成しました(笑)

Italeri 1/72 Junkers Ju-188 A1

実機はJu88の性能向上型として開発された機体です。

この時期の爆撃機の仕様を見るとブリッツボマーが欲しくてたまらなかったヒトラーの要求に何とかして答えようとした開発側の苦労を感じます。

1

武装は格段に強化されてますが、すべてキャビン周りなのが米英の大型爆撃機と違うところ・・・模型的には曲面で構成されたキャビンと重武装のコントラストがいい感じなのですが。

2

最後まで戦術爆撃機の域を出なかったドイツ爆撃機の悲哀みたいなものを感じますね(あくまで個人の見解です)。

Me262にも飛びついて高速爆撃機化を強制した伍長殿のアレのせいですかね。

3

キットは古いもので合わせもそれなりですが、曲面で構成されたキャビンの精度は心配したほどでもなくまあまあでした。

4

なんといいますか非常に立体映えする形なので 多少造形が甘く、細部がアレでも模型としての魅力は高いと思います。

5

スジ彫りは凸だったのですが整形のじゃまだったので凹スジに彫りなおしました、本来は凸スジのままでも全然構わんと思います。

6

ドイツ爆撃機伝統のグラスノーズですが、操縦士にとってはそれほどメリットあったとは思えないんですがどうでしょう?

アーマーじゃなくても金属に囲われてた方が安心感高いし、不時着の時も安心感あると思うんですよね。

7

なんてことを考えながら作ってました。

なんだかんだいってもこの形は好きです♪特に機首周りに萌えポイントが集中してますし(笑)

8 

1/48でも作ってみたいですねぇ。

|

« Ju188の続きとNHKマイルカップ | トップページ | 寄り道その2-完成 »

模型」カテゴリの記事

模型-AIR」カテゴリの記事

コメント

完成お疲れ様でした。

機首周りがいかついところがドイツ機らしいですね。
素人の疑問ですが、大戦後半になると爆撃どころじゃなくて、インターセプターの拡充に専念した方がと思いますが、自称天才伍長殿の…ですかね。

ともあれお疲れ様でした。

投稿: XJunで〜す | 2013年5月 6日 (月) 09時14分

おはようございます
完成おめでとうございます。
この姿を夢見て手を付けたはずなんですが・・。
そつなくまとめられて上手いですね~。
機首先端の長い突出機銃先端がおしゃれ。

完全に夜間作戦用迷彩ですね。

如何にも取って付けた様な延長主翼と面積が広くなった垂直尾翼はいかにもドイツって感じ。

投稿: シミヤン | 2013年5月 6日 (月) 09時19分

完成おめでとうございます。
長ーい主翼が魅力的ですね。
「それなり」と言われた合いですが、きっちりと
まとめられてかっちょええっす。

投稿: 夜戦部隊二等兵・まじり | 2013年5月 6日 (月) 15時26分

XJunで~す様、ドイツの場合V1とV2に過大な期待をかけ過ぎたんでしょうかね…
資材と人員を喰う大型爆撃機は資源に制約のあったドイツでは贅沢な機材だったんでしょうか。
ってどこかの国と同じ…V2と風船爆弾の違いは大きいけど。

投稿: シロイルカ | 2013年5月 6日 (月) 18時12分

完成おめでとうございます。
あっと言う間に完成しちゃいましたね。
仰る通り機首周りが面白くて並べておくと
目だって良さそうです。
そう言えばワタシはGW後半模型弄ってません。
今からやろう・・・。

投稿: やひち | 2013年5月 6日 (月) 18時14分

シミヤン様、この頭でっかちな姿は確かに制作意欲をそそります。
このキットに関しては案ずるより産むが易しでした(見た目より作りやすい)。
J88、188、288、388と全部並べてみたいという妄想が浮かびますね(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年5月 6日 (月) 18時20分

まじり様、お褒めいただきまして恐縮であります。
人のあんまり作りそうもないものを作る。が最近の製作ポリシーであります。
まじり先輩を見習って、ヤバイものでもとにかくモノにするをポリシーに加えたく努力中(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年5月 6日 (月) 18時25分

やひち様、ドイツ機って変態的だなと双発爆撃機を見てると実感しますね。
バトルオブブリテンで敗北したのがトラウマになったのか爆撃機に関しては迷走続き…
模型的にはおいしい機体がいっぱいですが(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年5月 6日 (月) 18時34分

おう!
こうやって見ると、ナチの航空機、ディフェンス思想が良く判る。 アホだと、、。
日本軍でさえテイルとウェスト銃座の重要性を認識してたのに、、(シナ相手時点でさえ) ノーズに関しては米英でもオロソカだったケドね。

投稿: apuro | 2013年5月 6日 (月) 19時26分

完成おめでとうございます
機首がオタマジャクシのような かたちが
面白いです ドルニエもそうですが 火力集中
が 本当に効果があるのですかね。
製作意欲をそそる機体です。

投稿: あきみず | 2013年5月 6日 (月) 20時57分

apuro様、戦記を読むと夜間戦闘機隊のヨーネンの手記に英米軍の爆撃機の重武装とドイツ爆撃隊を比べて憐れむ記述が出てきますねぇ…

被害が多い→さらなる火力強化を(アメリカ)
被害が多い→無人化すべき(ドイツ)
被害が多い→必中攻撃すべき(日本)orz

投稿: シロイルカ | 2013年5月 6日 (月) 21時17分

あきみず様、apuro様のコメにもありますがテイルに武装がないのはどうなんでしょう?
細い胴体にこだわりがあったのかな。
でも下部にゴンドラ銃座付けてたりするし…
何かしらの戦訓に基づいていたんでしょうかねぇ。
鴨中隊の鴨番機からやられていきそうです。

投稿: シロイルカ | 2013年5月 6日 (月) 21時25分

こんばんは、完成お目でとうございます。
このコクピ、、怖いですね。
パイロットの視界確保は必要だったんでしょうが
周囲から丸見えむき出し、、、
模型的には面白いんですが、絶対に乗りたくない
機体ですね。。

投稿: イッコー | 2013年5月 6日 (月) 22時42分

イッコー様、独軍伝統のグラスノーズですが、このほかにもHe111やAr234など双発爆撃機は軒並みこんな感じですね。
日本軍なら未亡人作成機と言われたでしょうね。

銀河の偵察員席もこんな感じですが、自分で操縦しない分もっと怖いでしょうねぇ…

投稿: シロイルカ | 2013年5月 7日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/57320932

この記事へのトラックバック一覧です: 寄り道Ju188-完成!:

« Ju188の続きとNHKマイルカップ | トップページ | 寄り道その2-完成 »