« タウロモデル マッキMc202(その1) | トップページ | タウロモデル マッキMc202(その3) »

タウロモデル マッキMc202(その2)

エンジンの続き。

前回記事の後さらにパイピングを追加、そして排気管を整形します。

1

バリで埋まった排気管パーツをしこしこと整形・・・

人生って何だろう・・・

などと思わず自分の人生を省みて不安になりながらも12個をなんとか整形終了。

形も不揃いですが付けてしまえばあんまり目立たないだろうと楽観(笑)

2

エンジン終了~~

過給器パーツがいまいちな気がするけどエンジンマウントの陰でよく見えないからこれでいいやの巻(笑)

排気管パーツはよく見ると不揃いなのがバレますが、決して気にしてはいけません。

そして次は機銃マウント・・・

飛行機の常で具をすべて組み上げて塗装して組み込まないと次のステージに進めません。

とは言いながらこの部分は入手時点で組み立て済み、整形とバリ取りを少し追加したぐらいです。

3

胴体機銃、ブレダ12.7mmって奴でしょうか、なぜかこいつは帝国陸軍のホ103と弾薬の互換性があるそうです。ふ~ん(ウィキ調べ)

そして最後にコックピット。

これは、細かい部品整形するのが難儀でしたので、一部スクラッチしています。

シートベルトを造作(デッチアップ)しようと画像を検索していたらシミヤン様のベルトロにぶち当たりました。

世間は狭い(笑)

4

イタ機のシートベルトは背当てに特徴がありまして、日本パイロットでいうと縛帯ごとシートにくくりつけたような感じと言いますか・・・

拾った画像を見ながら適当に造作しています。

面白いのはフットバー、フットペダルではなくてほんとに棒っ切れなのですね(笑)

サンダルのようにベルトに足を突っ込むだけなんだなこれ。

5

具の全貌、なんだかんだで組み立て終わりました、後は塗装して挟み込むだけ。

といいつつほんとに具が収まるのか戦々恐々としています(笑)

続きは週末だな・・・

でわでわノシ

|

« タウロモデル マッキMc202(その1) | トップページ | タウロモデル マッキMc202(その3) »

模型」カテゴリの記事

模型製作記 マッキMc202」カテゴリの記事

コメント

>ブレダ…
チェコの武器メーカでしたっけ?
機銃ってスイスのエリコンやらブレダやら小国だけど武器ビジネスで有名な国がいくつかありますよね。
日本もライセンス生産やら輸入品やらあったし←今も変わらんといっちゃいけないのか?

投稿: XJunで〜す | 2013年7月19日 (金) 00時40分

操縦桿の握りやベルト、金具に惚♪
冒頭、人生について考えさせられました。
人生・・修整がきく
模型・・修整がきかない場合がある

模型の勝ちっ(爆;)

投稿: mamo | 2013年7月19日 (金) 00時53分

想像以上の工作、素晴らしい!パチパチパチ

人生・・我慢が大事
模型・・我慢が大事

引き分けっ(爆2)

投稿: 夜戦部隊二等兵・まじり | 2013年7月19日 (金) 01時22分

XJun様、ウィキで読む限りイタリアのメーカーであります。ブレダSAFAT機関銃のWIKI日本語版はイタリア版をぐぐる翻訳しただけのような不可解な日本語になってます(笑)

互換性に関してはイ式重爆に付属してきたブレダSAFAT機関銃の実包をもとに開発したということのようです。

投稿: シロイルカ | 2013年7月19日 (金) 09時43分

mano様、
人生‥誤魔化しが効かない
模型‥誤魔化しはテクニックの一部

模型に勝って人生に負ける(涙)

投稿: シロイルカ | 2013年7月19日 (金) 09時47分

まじり様、ありがとうございます。
人生‥楽あれば苦もある
模型‥苦労は買ってでも…(略)

銭出して苦労買うモデラーの判定負けorz

投稿: シロイルカ | 2013年7月19日 (金) 09時51分

ブレダはイタリー たしか、、。
カルカノも6.5mm(約)で、イ式小銃で輸入してたハズ。
フットバー(ペダル)は、当時どこでもいっしょだよね。 ゼロもしかり。
空戦ペダルつーか、耐Gペダルを採用してたエゲレスがすごいよね。
女性・・我マンが大事
男性・・我マラが大事

投稿: apuro | 2013年7月19日 (金) 19時00分

アソコ はいま向かいに7-11(24H)があります。
利用ついでに、短時間(個人差あり)模型屋を覗く
というのはアリではないでしょうか・・・
手前(英橋がわ)にはショッピングセンターがあります。
利用ついでに・・・・以下省略(笑)

アノ迷彩、最近はオクラの輪切りにも見えます。

投稿: nananiya72 | 2013年7月19日 (金) 22時33分

おお!いかにも精密で合いの悪そうな画像ですね(笑)
各所のパイピングがとても効果的で良いではないですか。

仮組で合わないようでしたらいっそのこと
カウリングは閉じちゃって
エンジンは単体で架台を作って横に置くっていうのも良いですね。
あ、そうしちゃうと排気管が足りないか…

投稿: シミヤン | 2013年7月20日 (土) 00時23分

apuro様、あれそうでしたか、しかしこいつは足を乗せるところもないですね。
皮のベルトに踵を乗せて蹴っ飛ばす感じでしょうか?
>我マラが大事
わがまらがおおごと…と呼んでしまいました(笑)何があった?

投稿: シロイルカ | 2013年7月20日 (土) 11時53分

nananiya72様、ストリートビューで確認!
いかにも停めてくれと言わんばかりの駐車場ですね(笑)
我が家(川口)からは結構あるので時間のあるときに挑戦してみましょうか。

投稿: シロイルカ | 2013年7月20日 (土) 12時13分

シミヤン様、WEB上で完成品を一機だけ見かけました(笑)
蓋は閉まってないようでしたが具はきちんと収まっていたようです。
一応完成させるのが可能だということは確認済み(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年7月20日 (土) 12時16分

楽しそうな工作してますね~、
発動機取り付け架に目が行きます♪、

知識のみならずネットで資料を手に入れられる、
モデラーには良き時代になりました。

もっとも、腕と根気という条件も付きそうですが(笑)

立体化させたシートベルトは見ごたえ十分であります。

投稿: ハヤテ | 2013年7月21日 (日) 09時20分

イタ機のシートベルトって独特ですね。
実機の写真見て意味が判らなかったので、
エデュアルドのEP見ながらコピーした記憶が
あります。著作権違反か??

塗装はピーマンで決定ですか?
楽しみであります。。

投稿: イッコー | 2013年7月21日 (日) 13時22分

ハヤテ様、>モデラーには良き時代
まっこと、15年前には想像つかないほどネットの世界は便利になりました。
でも、なんといっても一番は同行の士との交流でしょうね♪
いい世の中です。
×同行→◯同好

投稿: シロイルカ | 2013年7月22日 (月) 09時30分

イッコー様、>EP見ながらコピー
ああ、私もよくやりますそれ(笑)

なんとなく構造の想像がつくとデッチアップもしやすいんですが、肝心なところが見えない(ぐぬぬ…)という経験もよくしています(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年7月22日 (月) 09時32分

最近DUネタはコメントが辛いでござるよw
しかもイタ公のマッキ202とか、全然わからねーしw
とりあえず、暑気払いで教えてくんろ(笑)

投稿: ⊥TT | 2013年7月22日 (月) 23時56分

⊥TT様、生ぬるい目で見守ってください(笑)

マッキは五式戦の逆パターンで空冷のサエッタを液冷に載せ替えたパターンですお。

投稿: シロイルカ | 2013年7月23日 (火) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/57818172

この記事へのトラックバック一覧です: タウロモデル マッキMc202(その2):

« タウロモデル マッキMc202(その1) | トップページ | タウロモデル マッキMc202(その3) »