« タウロモデル マッキMc202(その5)-蓋を閉める | トップページ | タウロモデル マッキMc202(その7)-士の字 »

タウロモデル マッキMc202(その6)-微調整

どんガメ続いています。

機銃カバーの必殺ポリパテ合わせをサンペで整形したところ。

1

微妙な段差は最後に微調整することにしてついでに風防の合いを確認。

感心なことに隙間ができないのはとても不思議(笑)

最初からどうせ合わないだろうと思っているので当たり前のことでも嬉しくなりますな。

2

つぎ、過給器インテイクのフィルター(これってサンドフィルターなの?教えて詳しい人)、

もともとは熔けたようなモールドでこいつは作り直さないとダメかな?と萎えたんですが、ここはPカッターで地道に彫り込んでそれらしくでっちあげました。

で、仮合わせしてみたんですがコチラは予想通り過給器パーツと位置関係が合わない・・・

仕様がないので切り離して真鍮線でつないだ状態で位置を合わせました。

最後はまたエポパテのお世話になります。

3

画像から判断した正しいと思われる位置関係・・・

インテイクのくせにムクだったのでドリルで穴開けと中の仕切り板を追加。

こういう時は『手間のかかるやっちゃ』と独り言を言って自分を慰めます。

4

エポパテで修正して再セット・・・

せっかく合ったはずのカバーパーツがずれてしまいましたorz

修正の無限ループに陥りそうな悪寒(笑)

P-63以来の修正地獄になるかな?

やっぱ簡易インジェクションはこんなもん。

自分に言い聞かせている。

続くのか?

|

« タウロモデル マッキMc202(その5)-蓋を閉める | トップページ | タウロモデル マッキMc202(その7)-士の字 »

模型」カテゴリの記事

模型製作記 マッキMc202」カテゴリの記事

コメント

あいやぁ、高等技術のオンパレードですね(羨)
キットその物に手を加えきっちりした形を作る。
素晴らしいであります。

現在船作ってる私はアフターパーツに逃げてますもの(汗)

投稿: ハヤテ | 2013年8月13日 (火) 22時32分

蛇腹みたいなのはサンドフィルターです。
初期の生産シリーズでは付いていなくて、ただのパイプ状のインテイクになっていますが、後には標準装備になっています。

メッサーだとサンドフィルターが付くのはtrop.型ですが、フォルゴーレやヴェルトロは付いているのが普通です。

投稿: かば◎ | 2013年8月13日 (火) 22時38分

美しく形成できるもんですねぇ。。
これが出来ればダンサーとか思い切って削り取って再形成できるのになぁ・・・・と思いつつ拝見しております(^^)

投稿: SAIUN | 2013年8月14日 (水) 10時04分

想像以上の難物だ!(笑)
修正したパーツが他の個所を修正したら
合わなくなるっていうのは気力との勝負ですね~

そう言えばこのキット
主翼面積(長さ)が左右ちゃんと違っています?

投稿: シミヤン | 2013年8月14日 (水) 11時26分

ハヤテ様、何をおっしゃいますやら。
高等技術でも何でもなくて形にしたいという執念だけですわ(笑)
簡易インジェクションのパーツから原型の形を掘りだすような感じですね。
化石掘りに似てるかも(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年8月14日 (水) 21時33分

かば◎様、ご教授ありがとうございます。
エンジンが一緒でも各国いろいろと特徴があって面白いです。
フォルゴーレの機首を見てるとキ60試作重戦闘機が思い浮かびます。
キ61にはあまり似ていないですね。

投稿: シロイルカ | 2013年8月14日 (水) 21時37分

SAIUN様、はい、ダンサーは思い切って面一にしちゃいましょう、気持ちいいですよ。

後先考えずにやってみちゃえばいいんですよ(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年8月14日 (水) 21時40分

シミヤン様、はい修正が修正を呼ぶ負のスパイラルです(笑)
力技は大体終わったにので後は細かい成型と小物工作です…自分との戦いw

>主翼面積
はい左翼がリブ一本分ぐらい長いです。
トルク対策ということは知っていたのですがエルロンの面積も左右違うのでびっくりしています。
カストルディ大胆だなぁ

投稿: シロイルカ | 2013年8月14日 (水) 21時46分

隙間やエァーインテイク かなりの強者ですが
上手く対処されています ここまで来ると
後には引けませんよね。猛暑の中体調に気をつけて
頑張って下さい。

投稿: あきみず | 2013年8月14日 (水) 22時44分

随所に必殺仕事人の技炸裂であります♪
カバー部分のナイスカバーも楽しみであります。
風防の合い>拡大してみましたが不思議?なくらいバッチリでありますねw
「もっと可愛がって♪」と声が・・(幻聴?w)

投稿: mamo | 2013年8月15日 (木) 02時41分

あきみず様、>ここまで来ると
後には引けません
はい、その通りであります(笑)
意地でもモノにしてやるといまは思ってます。
(↑多少めどが立った?)

投稿: シロイルカ | 2013年8月15日 (木) 09時27分

mamo様、>「もっと可愛がって♪」
う~ん幻聴ではないかもw
いま『艦これ』というブラウザゲームをやってますがドックに入れたり燃料を喰わせるとお礼の声が頂けます(笑)

コチラは飛行機ならぬ艦娘ですが(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年8月15日 (木) 09時31分

ホンヒ、陸攻が無事博多に着陸いたしました(感謝感激;)
張り線、前方機銃のみ小破損がありましたので修理し、次回の記事でマジリ様のF6Fと並べて飾らせていただきます!
まさに頂き物尽くし、感謝であります(嬉々;)

投稿: mamo | 2013年8月15日 (木) 23時58分

mamo様、やはり小破損ありましたか…
梱包下手は自覚しておりましてちょっと不安だったのですが修正可能で良かったです。

我が家にはホントに置き場所がないのでもらっていただけるのが一番よいのです。
F6Fともども秘密基地の装備にしてあげてくださいませ。

投稿: シロイルカ | 2013年8月16日 (金) 06時07分

シロイルカ様、ここまでの作業を拝見して「飛行機は曲面の連続」というのがよくわかりました。

戦車と違って誤魔化しが利かない代わりに、「面一整形、モールド再生」という大技を繰り出せるのですね。

こちらの雷電やってみて、細かいモールドより機体表面が滑らかな方が始末にいいと思いますた。

投稿: XJunで〜す | 2013年8月16日 (金) 18時04分

XJunで~す様、国産最新キットを作ればこんな作業とは無縁です(笑)
削るに忍びないモールドがあればこんなことはしないのですが、このキットに関しては心残り一切なく整形できました(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年8月17日 (土) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/57986688

この記事へのトラックバック一覧です: タウロモデル マッキMc202(その6)-微調整:

« タウロモデル マッキMc202(その5)-蓋を閉める | トップページ | タウロモデル マッキMc202(その7)-士の字 »