« 秋のGⅠバトル-秋華賞 | トップページ | 秋のGⅠバトル-菊花賞 »

タウロモデル マッキMc202(その11)-ピーマン迷彩

やっとピーマン迷彩を決行。

筆塗りと決めていましたので、気合の入ったときに一気に作業しました。

グリーンはタミヤアクリルのフィールドグレイ・・・

とくにこの色に決めた根拠はありません、単純に好みですね。

このまますぐにでもデカール貼りに移行したいのですが、細かい作業が残っているのでそちらをやっつけなくてはです。

1

機銃のプロペラ同調装置・・・

パーツはそのままでは使えないので基部だけを残して真鍮線でリプレイス。

パーツ化した心意気だけは評価(笑)

2

そして脚支柱パーツ・・・

こちらもとりあえずパーツだけは用意しときました・・・の出来なのでまたまた真鍮線リプレイス。

3_2

これでやっと脚柱のぶらぶらから解放されました。

ちょっと細かったかな?

それにしてもこの超長いアクチュエイターは油圧なのだろうか?

4

これでもまだ取り付け位置の解らないパーツが残っています(笑)

模型的な楽しさはもう充分(いや充分すぎるほど)堪能できました。

もう終りにしたい(笑)

5

迷彩の全景・・・私の作業机上だとピーマン迷彩の効果は抜群です(笑)

砂漠や灌木地帯での迷彩効果はかなり高かったのではと想像。

後は照準器とコンパスをセットすればデカール貼りに行ける(はず)・・・

あ、胴体下のベンチュリー管もあったorz

はやくデカール貼りたい。

|

« 秋のGⅠバトル-秋華賞 | トップページ | 秋のGⅠバトル-菊花賞 »

模型」カテゴリの記事

模型製作記 マッキMc202」カテゴリの記事

コメント

北アフリカあたりをGoogle Mapのストリートビューで見ると赤っぽい"沙漠"なんですよね。(鳥取砂丘の黄色ではない)。
あの色を見るとサンディブラウンに納得しました。
(便利な時代ですね)

そう言えばメッサーのE-4とかでもグリーンのモットリングがありましたね。

ともかく、お疲れ様でした。

投稿: XJunで〜す | 2013年10月14日 (月) 22時49分

なるほど、これがピーマン迷彩という物なんですね♪
それにしても抜け目の無いデティールアップは
流石でございます。

シャープな部品は全体を引き立たせますね♪

投稿: ハヤテ | 2013年10月14日 (月) 23時25分

XJunで~す様、迷彩はついつい格好いい悪いで語ってしまいますが、まずは迷彩効果ありきですよね(笑)
模型やってるとその辺がときどき曖昧に…

投稿: シロイルカ | 2013年10月15日 (火) 10時08分

ハヤテ様、まずはインストが解りにくいのと、パーツがやる気をなくす脱力物だったので、解りにくくて細かいデティールアップは後回しにしてしまいました。
今になってつけが回ってきてるわけです(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年10月15日 (火) 10時11分

どうもご無沙汰しておりますた(汗)
金属線の効果的な使い方、各所の的確なDUP等恐れ入りました。
元々の供出者として、改めて地雷キットの凄まじさを目の当たりにして
責任を痛感しております。

ま、私の場合は数だけで質抜きの二等兵ですから、気は楽ですけどね(笑)

投稿: 夜戦部隊二等兵・まじり | 2013年10月15日 (火) 21時28分

グリーンをフィールドグレーで表現するとは
大胆ですが、違和感全然ないですね~。
しかし普通ならもう完成間近なハズなのに
一筋縄ではいかないようですね、頑張って~!!

投稿: やひち | 2013年10月15日 (火) 22時23分

外皮を見るとなんだかなーーのキットですが
エンジンむき出しにすると、おっ、、行ける。
なんて感じさせるキットですね。
小生ならスパッとカバーは諦めると言うか、、
無かった事にします。。(^^ゞ

脚のアクチュエータもやってくれますね。
ゲートを処理する手間でスクラッチした方が
早い??正解ですね。

投稿: イッコー | 2013年10月15日 (火) 23時29分

もう少しなのにまだまだ完成への道のりは遠いと思わせるキットなんですか?

タウロ恐るべし(笑)

そう言えばこの具はハセガワには組みこめないでしょうかね~
タウロパーツなので無理か…

投稿: シミヤン | 2013年10月15日 (火) 23時38分

まじり様、いつぞやのトーネードを傍で見て楽しんでいた私ですからこれは因果応報であります(笑)

今年のドルニエも普通だったら結構な地雷だと思いますよ。

投稿: シロイルカ | 2013年10月16日 (水) 17時13分

やひち様、ドイツ軍のフィールドグレーはもともとかなりグリーン系なのでなじみが良かったです。

>一筋縄ではいかない
一時かなりいやいやモードだったのですが、これでもかなりモチベーション戻ってます(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年10月16日 (水) 17時25分

イッコー様、WEB上に完成品が見当たらないので一丁やってやろうという気になったのが運の尽きでした(笑)
時々見せる可愛さに騙されて性悪女に貢いでいる気分?(←ちょっと違う)

投稿: シロイルカ | 2013年10月16日 (水) 17時27分

シミヤン様、客観的にみると進捗率9割というところでしょうか。
小物の出来がいいと最終仕上げのストレスが無いんですよね。
前作がタミヤなのがまた…(笑)

>二個一
このキット筋彫りがあんまりなのでガワはハセを使った方がいいと思います。
調整すればオープン限定で組み込めるのではないでしょうか?

投稿: シロイルカ | 2013年10月16日 (水) 17時39分

にゃるほど のピーマン迷彩w。
ってコトは、どっかにGスポがあるはず。 探せぇー!。
だんだんパスタっぽくなって来た様子。
「だんだん」っては島根だったっけw。

投稿: apuro | 2013年10月17日 (木) 19時13分

apuro様、>だんだん
伊予松山じゃなかったですっけ?あれ?違うかな。
パスタ機は機動性重視で武装が貧弱…ってどこかで聞いたことがあるような(笑)

GスポはピーマンじゃなくてマンPでしょうが。

投稿: シロイルカ | 2013年10月18日 (金) 09時41分

えらく亀レスしてしまいました。(遊び過ぎ)
輪切りピーマンを散らした ピザ?のよう
砂漠迷彩も国によって 千差万別?国民性の
ちがいでしょうか。同調装置が 付いてるキット
なんて 有るんですね (気が付かなかっただけかも) だんだん は松江でも(NOKの朝ドラで
やってました)

投稿: あきみず | 2013年10月21日 (月) 17時01分

あきみず様、この同調装置は零戦と同じでピアノ線とカムでしょうかね。
取説にMachine―gun's Synchronizerと書いてあったので同調装置だと解った次第です。
そうじゃないと解りませんねこれ(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年10月22日 (火) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/58385639

この記事へのトラックバック一覧です: タウロモデル マッキMc202(その11)-ピーマン迷彩:

« 秋のGⅠバトル-秋華賞 | トップページ | 秋のGⅠバトル-菊花賞 »