« タウロモデル マッキMc202(その12)&天皇賞 | トップページ | 秋のGⅠバトル-エリザベス女王杯 »

タウロモデル マッキMc202(その13)-完成

やっと完成しました。

とはいえ3箇月はいくらなんでも掛かり過ぎですな、やはりモチベーションの維持が一番の問題ですね。

タウロモデルのMc202 フォルゴーレです。製作開始時にいろいろ漁ったのですが日本語ブログで完成品を見ることはできませんでした。

いわゆる完成させただけで誉めてもらえるタイプのキットのようです(笑)

イタリア人のHPで完成品を見かけたのが唯一かな。

(*きっとWEB上以外ではたくさん完成品はあるはず、あくまでもWEB上の世界の話です。)

Tauro Model 1/48 Macchi MC 202 Folgore

1

2013年模型合宿のビンゴキットです。

家に帰って良く眺めてた結果、そっと蜜柑山の奥に埋めるはずだったのですが、供出者の一言という後押しを受けて製作することにしました。

そこそこ精密な具が入っていますがハセのキット+アフターパーツでちゃんとしたものができると思うので、模型店で見かけても買わぬが吉(笑)

何より、パーツ表面の梨地というか凸凹のの処理とマッチボックスを越える運河彫りに心が折れそうになります。

2

しかし、完成するとあちこちにエンブレムや部隊マークが入っていてなかなか見栄えがします。

真っ赤に塗ってクワドリフォリオを入れても似合いそうだ。

いや、絶対似合う(笑)

さすがはイタ機

3

最後まで取り付け方の解らないパーツがあったり、主脚カバーが変(もしかして主脚が長すぎる?)だったりと、最後の最後まで楽しませてくれました。

ホビーとして工作を楽しむという観点からするとコストパフォーマンスは最高ですね。

でも、時間がかかり過ぎてブログには向きませんねぇ・・・

お客さんが来なくなっちまいます(笑)

4

ピーマン迷彩は筆塗り、フリーハンドで吹く技量のある方はそっちの方がおすすめかな。

あ、この迷彩の別売りデカールもあります。デカールが死んでいるのでそっちの方がいいかもしれませんね(←誰にアドバイスしているのだ俺は・・・)

5

カウル閉、閉状態にも出来まっせ~がやりたいためにいろいろと苦労しました。

こうでもしないとハセのアドバンテージに対抗できませんから~

6_2

というわけで完成しましたが、しばらく簡易インジェクションは勘弁ということで、次はなにかお手付き品を再開しましょうかね。

フジミの浜風&磯風を買ってきたので並行して大和随伴艦製作にも勝手に参加することにいたします。こっちは不定期更新かな・・・

え?いつも不定期更新じゃないかと?

ご指摘ごもっともであります(笑)

では、本日はここまで。

 

|

« タウロモデル マッキMc202(その12)&天皇賞 | トップページ | 秋のGⅠバトル-エリザベス女王杯 »

模型」カテゴリの記事

模型-AIR」カテゴリの記事

模型製作記 マッキMc202」カテゴリの記事

コメント

凄いですねぇ〜。ここまで来るとエンジンカバーは外して展示ですよね〜。(溜息)
ともあれお疲れ様でした。

投稿: XJunで~す | 2013年11月 4日 (月) 22時09分

完成おめでとうございます。
難物キットを完成させた技量と精神力に
感服いたしました。
ワタシもハセの48も72も積んでおりますが
迷彩をやる自信なくて仕舞いこんでますが
シロイルカさんに習って手書きも良いかもと
思い始めてたり・・・。

投稿: やひち | 2013年11月 4日 (月) 22時11分

XJun様、今年はJMCも無いし展示する当ては無いんですけどね(笑)
モチベーションダウンもJMCが無くなったせいっていうのは確実にあります…気が抜けた感じですか。

投稿: シロイルカ | 2013年11月 4日 (月) 23時32分

やひち様、いやいや、やはりマスキングしてブラシ仕上げが綺麗だし精神衛生上もいい気がします。

>手書き
スキルとして追求するのは楽しいのですが仕上がりが一発勝負的なのはやはり問題が(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年11月 4日 (月) 23時45分

もっと長い期間だった気が(笑)
俺はカスタムモデルガンを作ろうと1丁ばらして幾星霜、完成は無いような・・・(汗)

投稿: pn | 2013年11月 5日 (火) 06時48分

pn様、あ!訂正します4か月でした(笑)
>カスタムモデルガンを作ろうと1丁ばらして幾星霜
そうでしたか、そういえばpn様とはapuro氏、ルシファー様というスーパーガンフリーク繋がりでしたね。
良い趣味だと思いますので老後の楽しみに(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年11月 5日 (火) 09時51分

>ピーマン迷彩…
実際ははけ塗りだったんでしょうかね。
独機のモットリングもそうですが、エアブラシよりもはけ塗りの方が尤もらしく思えるパターンがありますね。
リターダーで少し薄めたのを筆塗りすると割りとムラなく塗れますよね。

投稿: XJunで〜す | 2013年11月 5日 (火) 17時19分

おう!
ピーマンの完成ですね。
シンプルなれど味がありますね。
ガーリックとオリ-ブオイルだけのパスタ。
おつかれさまでした!
ps コンパスいろいろ調べたんですが、コマ型コンパスしかヒットせず。
プリズム? ワレに画像をアタヘタマヘ。

投稿: apuro | 2013年11月 5日 (火) 19時20分

XJunで~す様、私はどちらかというとエアブラシ推奨はなのです(筆目が1/1でどうしても出てしまうのが筆塗りの欠点だと思うので)。

でも高い筆と穂先のコントロールを完全に身につければエアブラシを凌駕すると思います。
しかし私には無理だすわ(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年11月 5日 (火) 19時54分

apuro様、>シンプルなれど味のある
そう、ペペロンチーノ!ピザでいうとマルゲリータですかね(←単に仕上げに凝るのが苦手といううわさもあるのだw)

>画像
このリンクの2段目左から二番目がそうじゃないかと思うんですが…プリズムじゃないね、スノードームみたいw

https://www.google.co.jp/search?q=mc202+cockpit&hl=ja&rlz=1T4MXGB_jaJP524JP524&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=Ic14UuSmCommkgWzwIHADQ&ved=0CDAQsAQ&biw=954&bih=891

投稿: シロイルカ | 2013年11月 5日 (火) 19時57分

完成おめでとうございます。
やっぱエンジンカバー無ければ良いキットに見えてくる。
パネルの愛なんか無視してエンジン周りをDUPするのが
正解だったような。。

エンブレムや部隊マークがお洒落なんですけど
こいつは割れなかったですか??
もしかして外品?

投稿: イッコー | 2013年11月 5日 (火) 22時42分

完成乙です!
このキットの完成画像、個人的には大昔の雑誌作例以外に見たことがないですね。
しかもエンジンオミットのストレート組みだったような記憶が…(ニューキットレビュー?)

エンジン内蔵カウリングぴたりフィットは
お見事としか言いようがありません。

あ~、蜜柑山のベルトロを引っ張り出してきたくなりました。
エンジンないけど(笑)

投稿: シミヤン | 2013年11月 5日 (火) 23時59分

イッコー様、ありがとうございます。
エンブレム類のデカールは幸いなことに小破で済みました、小さめで丸いのが幸いしたのでしょうか、ラッキーでした。

確かにパネルオープンの方が見栄えしますねぇ。
モデラーの性でカウルやパネルの合いにこだわりましたが無駄な努力だったかもしれませんね(笑)

まあ、自己満足でしょう。

投稿: シロイルカ | 2013年11月 6日 (水) 09時51分

シミヤン様、ベルトロぜひ作ってください(笑)
かく云う私もだんだんよそでブロ仲間が作っているものが作りたくなる病が嵩じてきた気がします(笑)

まあ、祭りに準ずると思えばいいのでしょう。
というわけで浜風行きます。

投稿: シロイルカ | 2013年11月 6日 (水) 09時55分

あー、ジャイロコンパスみたいだねぇ。
上が方位盤で下にジャイロが有馬温泉。

投稿: apuro | 2013年11月 6日 (水) 19時06分

完成おめでとうございます。
パネル開閉可、中は具沢山・・・ええですねぇ~♪

しかも、手直し部が自然にフィットする作業は
やっぱり流石であります。

大和随伴艦、楽しみであります!

投稿: ハヤテ | 2013年11月 6日 (水) 23時42分

apuro様、そうでしたか、ところでWEBでコンパスや照準器について日本語でぐぐるとapuro様のページがいっぱいヒットするんですがもしかして第一人者?

投稿: シロイルカ | 2013年11月 7日 (木) 09時44分

ハヤテ様、ハヤテ様ならわかると思うんですが、精度云々ではなくてメーカーの姿勢を意気に感じたのですわ。

結構意欲的にパーツが用意されていてメーカーのやる気を感じられたのです。
もうちっと成型技術が上がればエデュアルドみたいに良いメーカーさんになると思うんですが…

投稿: シロイルカ | 2013年11月 7日 (木) 09時50分

エンジン見せるシーンはええですね♪
ここ数年したことありません(^-^)

そろそろ忘年会しましょか♪

投稿: SAIUN | 2013年11月 7日 (木) 20時54分

遅くなりましたが 完成おめでとうございます
長い道のりでしたが、立派に仕上がっています
拍手  イタリア機のエンブレムがみんな
個性がありアピールできます。意外と製作されてるの 見た事無いですから 楽しみました。
お疲れさんでした。

投稿: あきみず | 2013年11月 7日 (木) 21時20分

SAIUN様、わしら子供の頃は具入りのプラモいっぱいありましたよね~、うまく作れるのは稀だったけど。
当時から具入り可動が好きだったので三つ子の魂ですわ(笑)
>忘年会
やりませう、やりませう。

投稿: シロイルカ | 2013年11月 8日 (金) 09時39分

あきみず様、イタ機、イタ戦車はそれほど不遇でもないのに製作数が少ないですかね、やっぱり。

日本人から見ると早々と手をあげて連合国に寝返った感じがするのでしょうか?
私自身は味のあるデザインの機体が多いので意外と好きなんですが特にSM79とか。

投稿: シロイルカ | 2013年11月 8日 (金) 09時43分

完成 お疲れ様でした
 作りにくいキットをそう思わせ無いように仕上げる技量は流石ですね 迷彩も然ることながらカウルを開閉状態に仕上げるとは!参りました。

投稿: マック | 2013年11月 9日 (土) 00時06分

マック様、テクニシャンのマック様にそう言っていただけるだけで満足です(笑)

手の掛かる子ほど可愛いとはいいますが、めげずに一個一個問題点を処理していけば完成するということが解りました。
しばらくこの手のキットは御免ですが(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年11月10日 (日) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/58515689

この記事へのトラックバック一覧です: タウロモデル マッキMc202(その13)-完成:

« タウロモデル マッキMc202(その12)&天皇賞 | トップページ | 秋のGⅠバトル-エリザベス女王杯 »