« 春のGⅠバトル-オークス | トップページ | 春のGⅠバトル-日本ダービー »

百式司偵 乙+丙(その2)リベット打ちは続くよ。

リベット打ちは続くよどこまでも・・・

主翼下面-やっぱ双発機はエンジンナセルが邪魔よね~(笑)

かといってナセル別パーツだと今度は合わせが問題になるのでここは致し方ない所。

001

前回と全く変わり映えのしない画像なのね~。

かといって更新しないのも寂しいので今回は作業日報的なものだと認識ください。

003

胴体- 双発のくせに胴体は単発機並みに細くてアールがきついのでリベットが打ちづらいのよね。

土日の空き時間にテレビを聴きながら作業をした結果、現在の進捗率80%。

005_2

こんなユルユルではたして期日までに完成するのかな?

まあ、安心のタミヤクオリティだから大丈夫だな。

(↑いやキットじゃなくてお前の問題だから)

不安定のシロイルカクオリティ(笑)

ちがう

不安いっぱいのシロイルカクオリティ

こうか(笑)

|

« 春のGⅠバトル-オークス | トップページ | 春のGⅠバトル-日本ダービー »

模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙」カテゴリの記事

コメント

R部分のリベット打ちはなかなか難儀そうですね。

尾輪の扉は一体成型なんですね。
ここは別部品でもよさそうに思いますが…

ちなみに私は双発機あきらめました。
モチベーション持続困難理由
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

投稿: シミヤン | 2014年5月26日 (月) 20時49分

ワクワクドッキリのテーマパーク「シルイルカランド」!
マヂでおんぼろキカンシャが疾走するリベットサンダーマウンテン。 キッツイRが自慢のレールを文字どうり真っ暗闇を闇雲に突っ走る「 マウンテン」(スペース空けときました♪)死人ゴロゴロ愉快カイカイ けけけのけ。ラージだよー ビッグだよー♪。

投稿: apuro | 2014年5月26日 (月) 21時09分

リベットの密度が高いですね、惚れ惚れします。

日によってリベットの打ち込み角度が違ったり
密度の差が出ることってありません?
小生の場合、リベットのムラッ気に自己嫌悪になったり
することがあるのですが、修行の差ですかね。。

投稿: イッコー | 2014年5月26日 (月) 21時46分

>リベット…
う〜ん、魅惑の言葉ですね。
筋彫りがあっさりめだとリベット打ちの面目躍如なんですよね〜。

ウチの彗星のモールドもダルいのでリベットの誘惑はあるんですが、機体の整形しまくりで…(自爆)。

合宿当日を楽しみにしています。

※ あ、今年も賄いはお任せください(^-^)/SAIUN様のもとで準備中であります。

投稿: XJunで〜す | 2014年5月27日 (火) 00時02分

はてリベット、そんな事はすっかり忘れてスイスイ組んでる紫電改♪

自分に甘く人の苦労に喜びを感じ・・・・♪


しかし、曲面の∟出しはやっぱり大変ですよね(汗)

投稿: ハヤテ | 2014年5月27日 (火) 00時10分

シミヤン様、>尾輪の扉は一体成型
私も思いました、タミヤ的には完成品の破損防止的な配慮なのかなと思ったのですが、整形には少し邪魔であります。
気になる人は切り離して追加工作してね…という感じなのでしょうか?
>モチベーション
ブログ暦が長いほどモチベーション低下が著しい気が…人事ではありませんね。

投稿: シロイルカ | 2014年5月27日 (火) 22時07分

apuro様、そうです、ここは魅惑のワンダーランド!原始的なツールでリベットの仕上がりを競うオクトパスマウンテン、別の名をタコ部屋です。
徹夜のあなたには徹宵作業に最適のヒロポンもあるよ(莞爾)

投稿: シロイルカ | 2014年5月27日 (火) 22時16分

イッコー様、私的にはガイドのダイモテープが一番のキモでしょうか…
間隔とかにはこだわらず点の繋がりを意識して打ってます。良く見ると間隔は結構テキトーなんです(笑)
あと、自分の打ったやつは失敗した部分がわかってるので粗が目立ちますよね。

投稿: シロイルカ | 2014年5月27日 (火) 22時24分

XJunで~す様、彗星はリベットだけではなくリベットラインごと凹んでる画像が多いですね。
徴用工員のレベルがアレだったんでしょうか?
それとも治具の関係かな?
この外板のうねり表現はラッキー様の得意分野ですかね。

投稿: シロイルカ | 2014年5月27日 (火) 22時29分

ハヤテ様、こだわりは人それぞれですなぁ。
ハヤテ様の占有者が判っている機体を作らないというのもなかなか面白い縛りだと思います。

紫電改はあの塗料のハゲハゲ劣化表現がやってみたくなりますねぇ。
あ、綺麗に作っても全然いいです(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年5月27日 (火) 22時33分

双発機のリベットはエンジンナセル部分がネックですね

エジプトにナセル大統領っていましたよね(笑)

投稿: ラッキーユダヤ | 2014年5月31日 (土) 01時52分

リベット打ちは よく見てきているのですが、今まで考えた事もなかったです 釣りに興味が
ないのと同じでしょうか? 百式の尾輪について
昔マルサンのキットが 閉ブロックと車輪が出た
ブロックに分かれていた事で、物議をかもした
事もありました。

投稿: あきみず | 2014年5月31日 (土) 20時21分

ラッキーさま、そういえばむかしはエジプトとシリアも一緒の国じゃなかったですっけ?
いまはどちらも情勢不安定…かの地域は混沌として不可解ですよね~

投稿: シロイルカ | 2014年6月 1日 (日) 08時30分

あきみず様、興味が無いテクニックなんてそんなもんでしょうね。
といいますか、リベットはできればスルーしたほうが時間的にも精神的にもいいと思ってます(笑)

私の場合中学生のときにモデルアートでみたリベットバリバリの1/72ハセガワ飛燕がそもそもの原因です(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月 1日 (日) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百式司偵 乙+丙(その2)リベット打ちは続くよ。:

« 春のGⅠバトル-オークス | トップページ | 春のGⅠバトル-日本ダービー »