« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

百式司偵 乙+丙(その2)リベット打ちは続くよ。

リベット打ちは続くよどこまでも・・・

主翼下面-やっぱ双発機はエンジンナセルが邪魔よね~(笑)

かといってナセル別パーツだと今度は合わせが問題になるのでここは致し方ない所。

001

前回と全く変わり映えのしない画像なのね~。

かといって更新しないのも寂しいので今回は作業日報的なものだと認識ください。

003

胴体- 双発のくせに胴体は単発機並みに細くてアールがきついのでリベットが打ちづらいのよね。

土日の空き時間にテレビを聴きながら作業をした結果、現在の進捗率80%。

005_2

こんなユルユルではたして期日までに完成するのかな?

まあ、安心のタミヤクオリティだから大丈夫だな。

(↑いやキットじゃなくてお前の問題だから)

不安定のシロイルカクオリティ(笑)

ちがう

不安いっぱいのシロイルカクオリティ

こうか(笑)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

春のGⅠバトル-オークス

さてオークスですね。

ここは良血の⑧サングレアルと心中します。

お相手は

④ペイシャフェレス

⑤バウンスシャッセ

⑥パシフィックギャル

⑭ブランネージュ

いつもの馬連ボックスに各300P

合計3,000Pです。

今日もリベットを打ちながら中継を聞くとしよう(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

百式司偵 乙+丙(その1)

ワイルドキャットは今回お休み。

期日に間に合わなくなりそうなのでお題の帝都防空隊、タミヤ1/48百式司偵 乙+丙を始めます。

今回はいつもとは趣を変えて組み立て前にリベット打ちから始めました。

いつも途中から『そうだリベット打とう』(←そうだ京都行こうの口調で)と思い立つので、打ちにくいところが出てきたり、接着面を割ったりというトラブルが付き物なのです。

今回これでうまいこと行ったらこれからもパーツ状態でのリベット打ち作業をデフォにしよう(←しかしすぐ忘れる鳥頭なので次回まで覚えてられない可能性は高い・・・)。

003

試し打ちをかねて水平尾翼・・・

いつも最初は鼻歌混じりの楽しい作業なのです。

基本的にリベット打ち大好き人間なので前回のつらかった思い出をすぐ忘れるんですよね(笑)

001

そして主翼上面・・・このあたりからつらくなってすこうし後悔し始めます(笑)。

主翼上面を打ち終わって主翼下面⇒胴体になるあたりでもう早く終わらせることしか頭になくなります(笑)

今日はつらくなる前に作業終了~

002

工具はいつものカルコ+ダイモテープ。

以前に同じキットのⅢ型をリベットなしの素組みで作っているので素性の良さは確認済み。

当時あまりにもすっきりカッチリモールドだったのでリベット打ったほうがメリハリ付いて良かっただろうなと作った後で思ったのでした。

まあ、リベット打ちはウィークデーでも気軽に作業できるので今週いっぱいかければ終わるはず(←本当か??)

デカールはたぶん死んでいると思うので早めに士の字にしないとですわ。

しばらくF4Fと並行作業になりそうなので次回の記事がどちらになるかは来週のお・た・の・し・み(はあと)

でわでわ。

 

 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

春のGⅠバトル-ヴィクトリアマイル

さて、GⅠバトルのお時間です。

今週はヴィクトリアマイル。牝馬限定のマイル戦ですね。

私の本命は⑨ホエールキャプチャであります。

ムラ駆けな部分もありますがまあ、そこが良かったり(笑)

お相手は

①ストレイトガール

④メイショウマンボ

⑩キャトルフィーユ

⑱ウリウリ

5頭の馬連BOXに各300P

合計3000Pでございます。

それでは。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

F4F-4(その3)-士の字

今日はさわやかな陽気でしたね。

年に数日はこのぐらいさわやかな日があるんですが、本当に身も心も癒されますなぁ。

北海道育ちなので真夏でこのぐらいの陽気が理想的なんですが(笑)

まだ5月なんですよねぇ。

というわけでワイルドキャット。

こちらはあまり凝らずに仕上げたいので具を挟み込んで早々に士の字にいたします。

001

エンジンの塗装はインストには従わずにWEBの画像を参考に塗り分けました。

やっぱりクランクケースはライトグレイですよね(個人的意見)。

002

蓋をするとどうせよく見えないけどチラ見えがいい感じ。

004

主脚は追加工作一切無しのキットのままです。

こういうところはタミヤの面目躍如ですね。

ストレスなしできっちり組みあがります。

003

手を入れないとは言いましたが機銃口の整形が大変なので、切り飛ばして真鍮パイプに置き換え。

たぶんキットの機銃口を整形して穴開けるよりもこの方が楽だとおもう。

005

無事士の字・・・

士の字にしてみると想像していたよりも格好いいんですよね(笑)

ヘルキャットのような大味な感じが無い。

形は似ているのに何故だろう??

零戦と烈風の関係みたいなもんかな~と自らを納得させる。

いや、ちょっと違うかな。

いや、似てるかな?

まあ、個人的見解なのでヘルキャットのほうが断然格好いい!という意見も当然あるとは思うんですが・・・

話題の落とし所がうまく見つからない。

オチなしで本日はおしまい(笑)

でわでわノシ

 

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

春のGⅠバトル-NHKマイルカップ

とてもさわやかな陽気ですね。

今週のGⅠはNHKマイルカップです。

強そうなのが一頭いますが今週も勘頼り。

私の本命は③ショウナンアチーブ

⑦ホウライアキコ

⑧サトノルパン

③⑦⑧の馬連BOXに各100OP

合計3000Pで勝負です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

F4F-4(その2)-我慢できずに。

F4F続きです。

全体的に少ない部品でうまく再現されていてあまり不満点は無いのですが、唯一エンジンパーツだけが最限度が低いかな・・・

私がエンジンフェチなだけだろうか?(笑)

001

これが一列目のシリンダパーツ、プッシュロッドとプラグコード的なものがなんとなく再現されてますが 本物に似てない・・・

タミヤさんならもうすこしうまくアレンジできたはずなのに・・・大昔のバッファローのエンジンのほうがもう少し格好よかった気がするぞ。

というわけでモールドを削り取るところからスタート。

002

削り取り完了!あまりきれいじゃないけどどうせいろいろごちゃごちゃ着けてよく見えなくなるのでこんなもんで勘弁です 。

004

競馬中継を聞きながらプッシュロッド的なものを造作。

う~やっぱこの瞬着駄目だ、潔く捨てることにしよう(←つ~かすぐ捨てろよ貧乏性)

005

そしてプラグコードを28本植えます。

18気筒じゃなくてよかった(笑)

006

コードを受ける穴をほじってプラグコードを取り回し・・・

気持ち長めにカットしてそれらしくカーブさせるといい感じになるかな。

009

カウル越しに見るとこんな感じ、お?手を入れてあるのねぐらいにしか見えないから基本的には自己満足だけど、これでいいのだ。

これでいいのだ。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

春のGⅠバトル-天皇賞(春)

さて、天皇賞。

今年の天皇賞はゴール前が壮絶な叩き合いになるのを期待してわくわくしながら見るのがいいようですね。

というわけで予想というよりは自分の好きな組み合わせで選びます。

⑦フェーノーメノ

⑫ウィンバリアシオン

⑱デスペラード

うん、3、4、5番人気だ(笑)

⑦⑫⑱の三頭馬連ボックスに各1000P

合計3000Pです。

キズナがつよいよねぇ・・・(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »