« 春のGⅠバトル-日本ダービー | トップページ | 春のGⅠバトル-安田記念 »

百式司偵 乙+丙(その3)急がないと。

司偵の続き・・・

製作に使える週末は今週を入れてあと3回。

とっとと急がなければ間に合わぬ。

リベット打ち。予言どおり作業後半は後悔しながらも何とか作業完了!

さっそく具の製作に取り掛かります。

今回は追加工作は無しで塗装に凝って見ませうかね。

002

計器板は付属デカール。

ハヤテ様の工作に比べれば手抜きもいいところですがこのままで(笑)

003

操縦席はモールドもしっかりしているのでハゲチョロ+ドライブラシ。

シートベルトはデカールが用意されていますが、立体感に乏しいのでデカールを参考に板おもりででっちあげました。

004

偵察員席、いや乙+丙の場合は装填手席か・・・

37mm上向き砲の基部はあっさりした作りですが資料も無いのでそのまま、

そのまま、そのまま。

具を塗り終わったら即士の字にしないと間に合う気がしない(笑)

余裕出しすぎたな・・・

|

« 春のGⅠバトル-日本ダービー | トップページ | 春のGⅠバトル-安田記念 »

模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙」カテゴリの記事

コメント

う~ん、何時もリサーチ力と工作の丁寧さに惚れ惚れするのですが、
やっぱり塗装も綺麗なんですよね(羨)

投稿: ハヤテ | 2014年6月 2日 (月) 00時13分

>余裕出しすぎ…
キットの出来とシロイルカ様の腕ならば鎧袖一触かと〜

ウチは時間がないうえにジグソーパズル修整大会でつ((T_T))

投稿: XJunで〜す | 2014年6月 2日 (月) 02時50分

ハヤテ様、デジカメマジックですってば(笑)
最近コクピ内のハゲチョロ表現にハマってます。
塗装の剥がれそうなところを想像しながら剥がすのって楽しい(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月 2日 (月) 10時39分

XJunで~す様、>ジグソーパズル
ファインの彗星は模型誌でもさんざんいぢめられてましたからね~。
バリエーションにこだわったのが裏目に出るという典型的な新興メーカーの失敗ですね。
いまのファインさんからは想像つきませんが(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月 2日 (月) 10時41分

急いで何処行くウサギさん。
ハートの女王に頸ちょんぱ?。
新司偵のシートベルトのバックルは茶色でよろしく
操縦桿のシャフトには「鉛筆差し」が付いててオシャレ。 あらららら、ジャイロコンパスねーのかヨw。

ほんでもってサ、中央二段目のスペリー、上半分はスカイブルー、その左横に二列に並ぶのはブースト計。 右半分を赤くすれば、ゴージャスになることマチガイナシ!。
そっこんトコロ宜しくナリw。 ←クールなイヂメ 決まったナww。

投稿: apuro | 2014年6月 2日 (月) 19時28分

apuro様、こいつは司偵ぢゃなくて防空戦闘型ですからジャイロコンパスはどうなんでしょう?
>鉛筆ホルダー
う~ん、魅力的だけど画像がねぇ…
コスフォードのⅢ型画像とか拾えばありますかね?

計器板…ここまで至れり尽くせりでご指導いただいたらやらないわけにはいかない…あれっ!いぢめだったのか(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月 3日 (火) 09時33分

コスフォードの画像あるぞ。
私のブログの先日のログに追加しといたゼ。

お代は24マンルーブルぞな。 ナホトカ経由でヨロ。
イヂメはあとから内面的前頭葉ガリバルディ領域を浸食し、シュミット症候群+Ⅲ度のダメージを与へるのだ♪。  

投稿: apuro | 2014年6月 3日 (火) 19時33分

コクピットのハゲチョロは分かりますね
個人の秘密の楽しみ?
凄い画像が出て来るとスルーできないのでは
ないですか。

投稿: あきみず | 2014年6月 3日 (火) 20時49分

>計器盤デカール

前年お題で作った百偵3型ではついておりませんでした。おかげでつや消し黒の上にエナメルクリアを垂らしたつもりがほぼ真っ黒けで訳のわからんことになってしまいました。

>塗装

やっぱりどこかで見たような気がする箱絵みたく土色っぽい仕上がりにされるのでしょうか?

リベット楽しみです。

投稿: realjukuchou | 2014年6月 3日 (火) 23時10分

apuro様、画像提供ありがとうございます。
やっぱりコスフォードの画像ですね。
タミヤの塗装指示が画像と違うけどコスフォードのレストアを信頼したくなるね(笑)
英国人の頑固さ(依怙地ともいうか 笑)は筋金入りだからなぁ。

投稿: シロイルカ | 2014年6月 4日 (水) 00時24分

あきみず様、何かコクピに操縦者の気配を残すのっていいと思うんです。
シートベルトや塗装の剥げとかで操縦者がそこにいた雰囲気が出るような気がします。
フィギュア乗せるのも好きだったりしますが(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月 4日 (水) 00時31分

塾長様、ご無沙汰しております。
>計器板デカール
確かに私も昔作ったⅢ型には付いてなかった気が…
このキットはⅢ型とは数年時期を置いて発売されたのでそのときに追加したということはデカールなしが不評だったのでしょうかねぇ。

>土色
はい、あの色合いが好きなのでそうするつもりです。あとハゲチョロも(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月 4日 (水) 00時38分

座席にくらべなんと機関砲基部のごっついこと・・。
こんなの目の前でガンガンやられた日にゃ堪らんでしょうね。(笑)

操縦席の汚し、はまると面白いですよね。
うまくいくとキャノピーを開けたくなります。

だけど
私の場合キャノピー開けてコックピットを見せるか
キャノピー閉めて機体のフォルムを優先するか
そこでまた悩むんですよね。

投稿: シミヤン | 2014年6月 5日 (木) 21時26分

シミヤン様、>コックピットを見せるかキャノピー閉めて機体のフォルムを優先するか
はい、それは悩ましい問題ですね。それが嵩じると開けたり閉めたり病に変異したりするし(笑)
まあ、見えなくても資料があれば手を入れてしまうのも病気ですが(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月 6日 (金) 09時55分

>偵察席…
夜戦は基本ナビがいないと怖いでしょうね。(上下も判別つかなるとか…)

大口径砲だと連射しないから耳せんか何かして凌ぐんですかね。
彗星とか彩雲の20ミリ連射の方がかなんかも…

日本も出来そうになかったジェットエンジンよりもメッサ262に積んだ多連装ロケット弾を実用化した方がよかったような気がします(ペイロードが足りんか((T_T)))

投稿: XJunで〜す | 2014年6月 6日 (金) 20時18分

XJunで~す様、一応装填手とは書きましたが実際はよく判りません。このキット乙型と乙+丙型のコンバーチブルなんですが乙型には後部座席がないんです。
タ弾も装備してるんで一応昼間の迎撃を想定してるんでしょうか(資料が無いのでよく判りません)

投稿: シロイルカ | 2014年6月 7日 (土) 11時10分

追加工作なしでも塗装表現で視覚効果が上がりますよね
キャノピー閉だと工作なしの方がいいのかもしれません

双発なので見せ場はリベットと機体の塗装でプロポーションは十分かと思いますがやはり実物を見てみたいです(笑)

投稿: ラッキーユダヤ | 2014年6月 7日 (土) 16時02分

ラッキー様、キットはタミヤなので塗装だけでもそこそこ見栄えがします。
>キャノピー閉
1/72とかで中がしょぼいキットはキャノピー閉で我慢するんですが基本的に開に出来るやつは開にしてしまうタイプです(笑)
閉のほうがシルエットがよく判るのは判ってるんですが。

投稿: シロイルカ | 2014年6月 8日 (日) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百式司偵 乙+丙(その3)急がないと。:

« 春のGⅠバトル-日本ダービー | トップページ | 春のGⅠバトル-安田記念 »