« 春のGⅠバトル-安田記念 | トップページ | 百式司偵Ⅲ型 乙+丙(その5)塗装前のめんどくさいやつ »

百式司偵 乙+丙(その4)細かいところ

司偵に戻ります。

前回素組みの言い訳をいろいろと書きつのっていたところ、この方よりコクピットの画像と細部塗装の指示を頂きましたので(いぢめとも言うらしい)出来るところだけは再現してみました。

002

計器板に色を置きます。

一番気に入っていたラファエルの丸筆をおしゃかにしたので今、穂先のコントロールの効く細筆が無いんです(はい、いい訳です)。

気に入った筆は大事にお手入れしなきゃ駄目ですね・・・

というわけで画像を頂きましたが色を置いただけであまり能がありませんな。

004_2

操縦桿のえんぺつホルダーですが、機付き整備員のお手製の可能性が高いとのことであります。

しかし、画像提供の労に報いるためここはやらないわけには行きません(笑)

苦闘すること小一時間・・・なんとなくそれらしきものをでっち上げました。

『何か作ってあるな』以上のものではないことをあらかじめご報告しておきましょう。

(↑ただのアリバイ工作ではないのか?)

009

ハ112-Ⅱエンジン、板プッシュロッドですが、司偵のナセルは流線型かつ開口部が小さいのであまりよく見えません。

素組みで行こうと思ってたんですが一応アリバイ工作として前列のプラグコードだけ這わせてみました。

ハ-112(金星)系列ってエンジン画像あんまり無いのね。

あ、これは提供を希望しているわけではないですからね(汗)

提供していただいても作りこむ時間ありませんのでご無用に願います(笑)

008

主脚は構造上先にナセルパーツ固定してから士の字にする必要があります。

塗装の邪魔になるのは目に見えているんですが、後付け工作がやりにくい形状にデフォルメしてある(強度重視と思われる)のでそのまま先付けしました。

011

無事に脚付き士の字。

合わせはパチピタでまったく問題ありませんのでキャノピーのマスキングが終わればこのまま全体塗装に入れそうです。
第一風防はⅢ型通常の段無しよりもこっちのほうが強そうに見えるのは気のせいか?
ていうか段無しは偵察機だから当たり前か(笑)
というわけでラス前の週末が終わり、週末はあと一回だけか。

平日も作業しないと間に合わないねこれ。
仕事を○○休みするという奥の手も・・・

無理か(笑)

|

« 春のGⅠバトル-安田記念 | トップページ | 百式司偵Ⅲ型 乙+丙(その5)塗装前のめんどくさいやつ »

模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙」カテゴリの記事

コメント

みなさんペースが上がってきてますね~。
こちらは平日も突貫工事をせねば~な状況です。
>パチピタ…
何に力量をかけるか?の話ですがサクサク組めるのはやはりストレス解消になるような…

投稿: XJunで〜す | 2014年6月 8日 (日) 22時45分

計器に色差しするとちょっと美人さん?

司偵のコックピットはキャノピーが大きいのでよく見えるので
DUPも効果ありそうですね。

じつはこの機体、48ではキットの持ち腐れ、
72では古いLSしか作ったことがないので
想像で書いています。(笑)

エンジンのパイピングも割り切って前列だけが正解かもしれませんね。

投稿: シミヤン | 2014年6月 9日 (月) 01時44分

XJunで~す様、組み立てへの配慮はさすがのタミヤクオリティです。
私の場合塗装よりも追加工作に工期がとられるので、基本的な工程がサクサク進むのはありがたいです。

投稿: シロイルカ | 2014年6月 9日 (月) 09時44分

シミヤン様、この機体設計者のこだわりで外形が整いすぎなので、どこに見せ場を作ればいいか迷いますね。
中は良く見えるので計器板の薄化粧でも見栄えはしそうであります。
しかし、インジェクションで金星のいいパーツがないのはなぜでしょう?
(不死身の九九艦爆がいちばん追加工作しやすかったりする 笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月 9日 (月) 09時49分

やっぱしディーアップですね〜

ハ112−Ⅱだと五式戦ですか、
そこからなら画像が拾えると思います♪

あくまでも独り言です(笑)

投稿: ハヤテ | 2014年6月10日 (火) 00時07分

ハヤテ様、画像見ると進めなくなっちゃうんでやめときます(笑)
ためしにカウリング越しに見てみたんですがエンジン全然見えないんですよん(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月10日 (火) 00時43分

この機体は偵察機ではないんだ 機首にも
機銃が付くので 強そうなはずです
このスマートな機体に銃をつけるのは かわいそうな気がします。 鉛筆は使わなかったかも?

投稿: あきみず | 2014年6月10日 (火) 20時45分

計器パネルに色を挿すとパネルに息が吹き込まれる感じで
良いですね。カラーEPとも違う味を感じます。
やってみたいのですが、乗らない色に嫌気がさして
ドバッとやってしまいそうなのが怖いですね。

投稿: イッコー | 2014年6月10日 (火) 23時26分

やはりリベットが効いてますね
組んで形になると塗装の段取りを考えて・・・
作業に入ってしまうとアレですが構想中が一番楽しかったりします(笑)

投稿: ラッキーユダヤ | 2014年6月11日 (水) 01時03分

あきみず様、そう、えんぺつホルダーは迎撃タイプには不要かもしれません。
でも皆様の振りにはなるべく応えるのがこのブログの基本方針であります。
墓穴を掘ることもおいのですが(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月11日 (水) 09時32分

イッコー様、そうなんです。この作業は筆が命だと思います。
結構00番の面相筆各社から出てますが穂先のコントロールと塗料の含みが良好な筆はあまりないんです。
やっぱりセーブルとかコリンスキーがいいです。
でもめちゃ高い…

投稿: シロイルカ | 2014年6月11日 (水) 09時35分

ラッキー様、そうなんです、私も模型は段取りがすべてだと思ってます。やはり好きこそもののなんとやらですねぇ、リベット打ちを好むようなタイプのモデラーさんは脳内妄想系ですかね(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年6月11日 (水) 09時39分

常に段取りが嫌いなまじりです。
タンドリーチキンは大好きですが(爆)

筆に関しては選びません。だって何を使ったって指先が震えるんだもん(アル中)

さぁ長い前振りはこれくらいにして(笑)、塗装はどんなにするんでっか?(興味)

投稿: 夜戦部隊二等兵・まじり | 2014年6月12日 (木) 23時57分

まじり様、筆を選ばないのは弘法の証拠であります。また今年もまじり様の酔拳モデリングが拝見できるのがいまから楽しみであります。
塗装はいわゆる土色迷彩を予定してます。
暗緑色、濃緑色の中でなるべく異彩を放つようにしようと(目立ちたがり)。

投稿: シロイルカ | 2014年6月13日 (金) 09時56分

ラファエルの筆ってそんなにちっこいのですか?。
ルシファーの筆はおっきいようですがww。

いぢめは続くぞ どこまでも♪

投稿: apuro | 2014年6月14日 (土) 13時46分

apuro様、私はちっさいとはいってませんぜ、どちらかと言えばまとまりがよくて塗料の含みがいいのです。実はそんなにちっさい筆ではありませんw

ところで天使様にも筆がついてるんですか?
ラファエルはおフランスの筆のことざあますのよw

投稿: シロイルカ | 2014年6月16日 (月) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百式司偵 乙+丙(その4)細かいところ:

« 春のGⅠバトル-安田記念 | トップページ | 百式司偵Ⅲ型 乙+丙(その5)塗装前のめんどくさいやつ »