« 春のGⅠバトルファイナル-宝塚記念 | トップページ | F4F-4(その4)-基本塗装完了! »

百式司偵Ⅲ型 乙+丙(その8)完成

はい、シロイルカは大丈夫です!

冗談はさておきご無沙汰いたしまして申し訳ありませんでした。

理由はいくつかあるのですが一口で言うと『なんか調子悪い・・・(笑)』

アンテナ線を張って、排気汚れを入れれば完成だな・・・と思っていた司偵を合宿の帰りに搭乗した鉄火巻号に置き忘れたのが運の尽き。

鉄火ちゃんにお願いして保護してもらい翌週回収に行ったのですがもはやモチベーションが最低レベルまでダウンしておりました(笑)

先週末になってやっと仕上げる気になりましてごそごそと・・・

*****************************

Mitsubishi Ki-46-III Otsu/Hei (Defense interceptor)

キ46-III乙+丙完成です。

前々から暗褐色に白帯の司偵を作りたかったので、今回のお題『帝都防空戦』で真っ先に思い浮かんだこの機体を作りました。

作りながらこんな防弾が全然考慮されてない後部座席に同乗したら命がいくつあっても足りないなぁ・・・などと思ってたのですが、よく考えてみたらこれはほぼ全日本軍の防空戦闘機に共通だったorz

ちゃんとアーマー付けたら同高度に上がれないんだもんなぁ。

Imgp0024

もともと偵察機とはいえ大戦末期の実用機ではピカイチの高空性能を持つ司偵を防空戦闘機に改造というのは当然の帰結ではありますね。

Imgp0027


このキット非常にかっちり組みあがる好キットなんですが、表面の仕上げが非常に淡泊なのでそのままでは間延びすると思いリベットを打ってあります。

Imgp0028

仕上げに銀剥がしをしようと思ってリベット打った時のめくれをあえてそのままにしておいたんですが、遠目で見ると塩梅いいんですが近くで見たときにちょっとうるさいことに気付きました。

次からは普通にペーパーで均しませう(反省点)

Imgp0029

デカールが死にかかっていたのでマーキングはすべて吹付で仕上げました。

直線と丸だけなのでそんなに大変ではなかった(笑)

Imgp0034

なんか上から全体を俯瞰して写すといまいち司偵の美しさが出ないなあと思ったので同スケールの人間目線の画像が多くなってしまった。

Imgp0037

第一風防の合いが少しだけ悪かったのでパテを使ったんですがクローズアップにすると仕上げの雑さが目立つなぁ。

ここは飛行機の顔だからこれじゃあかんね。

Imgp0044

俯瞰で一枚、なんか全体を入れようとすると格好悪くなるんですよね。

(レンズの特性(収差)が関係してるんでしょうかね)

というわけでいまさらですが完成のお披露目でした。

それではまたノシ












|

« 春のGⅠバトルファイナル-宝塚記念 | トップページ | F4F-4(その4)-基本塗装完了! »

模型」カテゴリの記事

模型-AIR」カテゴリの記事

模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙」カテゴリの記事

コメント

紆余曲折を経ての完成誠にお疲れ様でした。

端整な仕上がり、誠に美しいでありますね。

やはりかけた力量が作品に反映されるわけで、素性の良いキットを選び、達人が手塩にかけると違うわけですね。

※8月に向けて月光チャレンジどす。

投稿: XJunで〜す | 2014年7月14日 (月) 19時58分

暗緑色と比べるときれいな色です 機体の
ラインも丸と直線でシンプルに構成されて
日本の飛行機です リベット頑張られた結果が
出ています。偵察機を迎撃機に改造した機体では
強度的にどんなものでしょう たわんでしまわないか どうでしょう。 

投稿: あきみず | 2014年7月14日 (月) 21時00分

御無沙汰しております、完成おめでとうございます。
リベットが美しいですね~。
ところで浅学にて御教授頂きたいのですが、
アンテナ支柱の先のラッパ状のブツはいったい
何者なんでしょう・・・?
まさか斜め銃がアンテナ支柱兼用なんて事は
ないでしょうが・・・。

投稿: やひち | 2014年7月14日 (月) 23時01分

カメラに詳しくないのでうまく書けませんが
デジカメだとどうしても局面になりがちといいましょうか
中心から外に行くにしたがって円状(放射状)に見えるといいましょうか
思ったような写真はなかなか撮れませんね。

タミヤ48のキットはモールドがあるにもかかわらずどれものっぺりした感じなので
大型機体になるにつれパネルののっぺり感が目立ってきて困りものです。
かといって個人的にはリベット打ち苦手なのでやりませんが(笑)

投稿: シミヤン | 2014年7月14日 (月) 23時55分

XJunで~す様、月光ということはヨD使用機種コンプ目指してますか?
確かにもうほかには使用機種が無さそう。

投稿: シロイルカ | 2014年7月15日 (火) 09時36分

あきみず様、>強度
それが私も気になりました、特に補強とかしてないだろうし胴体の半分より上側に貫通材がないのが気になります。
機動面ではちょっと無理がありそうですね。
あと胴体タンクの防弾が~

投稿: シロイルカ | 2014年7月15日 (火) 09時39分

やひち様、こちらこそご無沙汰です。
>アンテナ支柱の先
といいますかそのまさかなんです。
37mm上向き砲の砲身の下側がフェアリングに覆われてまして、それがアンテナ支柱を兼用(え~?)しているようです(あくまでも箱絵ソースでありますが…)
これって衝撃波で通信に障害出ますよねきっと(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年7月15日 (火) 09時45分

シミヤン様、>大型機体になるにつれパネルののっぺり感が目立ってきて
そうそう、その通りだと思います。
タミヤだから見る目が厳しくなるのかなぁ?
あまりハセガワのキットには感じないんですよね。
(タミヤキットの美点は認めたうえでの感想です 笑)

投稿: シロイルカ | 2014年7月15日 (火) 09時49分

>ヨD使用機種コンプ...
それ面白そうですね。ってかこれまで作ったのは零戦52型丙,雷電3機,彗星の三機種なんで,零戦52型甲,月光,彩雲夜戦が残ってますので向こう3年は...(ry」。零戦以外はデカイなぁ(苦笑)。
でも月光は厚木じゃなくて木更津なんでしたっけ?

投稿: XJunで~す | 2014年7月15日 (火) 19時08分

今日も暑いでありますね~

模型の塗料空けるだけでむせかえりそう(笑)

投稿: SAIUN | 2014年7月15日 (火) 20時42分

デジカメの多くは広角レンズですので、
生目とは違ってしまいますね。

合宿で拝見しましたからね♪
リベット、綺麗に打たれていてやはり
シロイルカ様の丁寧さがよく分かりました。

投稿: ハヤテ | 2014年7月15日 (火) 21時31分

XJunで~す様、あれ?そういう意図ではなかったでしたか。深読みしすぎたか(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年7月16日 (水) 09時35分

SAIUN様、まだ梅雨明けしてないなんて信じられません(笑)
スタミナのつくもの食べなきゃ…激辛マーボとか♪

投稿: シロイルカ | 2014年7月16日 (水) 09時37分

ハヤテ様、>生目と違う
そのとおりですね、人間の目は見たい範囲だけにトリミング勝手にするし、色補正も自動で入るし高性能ですなぁ。
コンデジは引きで撮ってからトリミングしたほうがいいんだな、やっぱり。
でもそのつもりで撮るとピンが甘かったりする(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年7月16日 (水) 09時41分

良い色気と仕上がりで、。taurus

後部銃座・
全ての銃座に言えることは、「ブロ50」に敵わない
7.7mmの有効弾幕は250m以内程度。 ブロは400mオーバーから弾幕張り始められる。 軽い機体で旋回Rの小ささで逃げる寸法なのでは、、?。 戦闘機も同じく旋回性能の良さで射線のリードを稼いだハズ 後のヒットアンドウェイも近距離ドッグファイトでの鋭角θ角を得るより遠距離鈍角θで撃ち取る。 なんにせよブロの強みw。

投稿: apuro | 2014年7月17日 (木) 13時50分

>ピント…
銀塩フィルムのカメラだと太陽光で撮るとかして焦点深度を稼ぎましたが、デジカメって絞りが無い?みたいなんでどうすりゃいいんですかね?
オートフォーカス外してピント合わせできればいいのかな???

投稿: XJunで〜す | 2014年7月17日 (木) 19時52分

apuro様、つまりいくら強力な武装でも相手の弾幕を抜けられないと役に立たんということですね。
長槍と脇差の戦いみたいなもんか。

ちょっとWEB上で漁ってたんですが、武装司偵の部隊は偵察機部隊から改変されたため最初は戦闘機動が全然できなかったそうであります。
で、他の部隊から戦闘機Pを引っこ抜いてくると今度は機体強度を超えた機動をして壊しそうになるとかそんな感じ…
特にこの37mm搭載型は7,500mあたりでアップアップなんだって。
泥縄は否めないですねぇ。

投稿: シロイルカ | 2014年7月18日 (金) 09時47分

XJunで~す様、マニュアルにたぶん書いてあるんですが読むのめんどくさい(笑)

デジカメは解像度が半端ないのでズボラな私は引きで撮ってトリミングが正解でしょうねやっぱり。

投稿: シロイルカ | 2014年7月18日 (金) 09時50分

やっぱりリベット打ち込んだ機体って良いですね。
特に大型キットだと映えます。

リベット跡のめくれの処理は判断難しいところですね。
綺麗に落とすとリベットの存在が寂しくなるし
処理しないと凸リベット臭くなるし。。
私は綺麗に落とす派です。


投稿: | 2014年7月19日 (土) 01時52分

名前書き忘れました。前のコメはイッコーです。

投稿: イッコー | 2014年7月19日 (土) 01時53分

nananiya72です。
デジカメの画像の件ですが
人間の目ってレンズに換算すると50mm程度と言われています。
ズーム倍率ゲージの中ほどにズーミングして撮影するのを常としています。
最大ズームを調べて、ゲージがその辺に来るように
ズームして撮ったらいかがでしょうか。。。

また、35mm銀塩のフィルムサイズよりもデジカメの撮像素子は小さい(本格一眼は別)ので、
機構的に数絞り深くなります。・・・少しお得感(笑)

しかし、光の量はたっぷりあったほうがよいのは
同じです。

それでも72の小さいのは撮るのが難しいです。
どうしても、接写よりになってしまうので、
深度が・・・・

投稿: nananiya72 | 2014年7月21日 (月) 22時01分

イッコー様、>綺麗に落とすとリベットの存在が寂しくなるし
>処理しないと凸リベット臭くなるし。。
ああ、まさにその通りなんですね。
今回リベットラインに沿って銀剥がしをしようと思ったのでリベットのめくれそのままなんですが、予想していたほど効果がなかったので次回は普通に処理してみるつもり(笑)
毎回試行錯誤(笑)

投稿: シロイルカ | 2014年7月22日 (火) 09時39分

nananiya72さま、わかりやすい説明ありがとうございます。
私も知らず知らず接写寄りの倍率をチョイスしていたのでしょうか…
光量とズーム倍率、次回ちょっと意識して調整してみます。

投稿: シロイルカ | 2014年7月22日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/59984435

この記事へのトラックバック一覧です: 百式司偵Ⅲ型 乙+丙(その8)完成:

« 春のGⅠバトルファイナル-宝塚記念 | トップページ | F4F-4(その4)-基本塗装完了! »