« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

F-5Aフリーダムファイター(その3)-サフ吹きました

F-5一人祭りの続き。

何とか三機とも士の字までもって来ました。

001

三機ともすべてインテーク周りの合いに難点がありましてパテ盛り修正が必須であります。

まあ、みんな古いキットなので仕方ありませんね(達観)

002

ところで脚パーツの比較、左がハセモノのF-20、右がテスターのF-5Aであります。

あまりにも差があるので今回は潔くF-20のパーツを流用することにします。

ビンボモデラーなのでこのような金満ビルドは普段しないのですが今回は特別ですね(笑)

ところでパーツを流用されたF-20の脚パーツはどうするのか?というと・・・

実はもう一個ハセモノのF-20を持ってたりする(何故だ 笑)

004

そしてサフ吹き。

修正した部分のチェックのためもありますが、このキットは主翼の前後縁が厚すぎるので盛大に削り込みを行ってます。

削り込みで消えたモールドを凹モールドで再生したのでその様子見ということもあります。

なんか全体的にイマイチのできですが宿題キットなので完成させることが第一であります。

(↑まあ、いい訳です 笑)

エッシー、ハセモノもサフ吹き必至なのですが、この二つはなんとか凸モールドのままで行きたいと思います。

さすがに三機彫りなおすのはつらい(笑)

というわけで本日はここまで。

また来週(進んでれば・・・)






| | コメント (26) | トラックバック (0)

F-5Aフリーダムファイター(その2)

うだうだとまた数週間過ごしてしまいました。

前回記事への皆様の熱いリクエストにお答えして(?)三機並行製作を鋭意(?)進めております。

(いや、進んでないか・・・)

002

ハセモノF-20のコクピ、モールド再現のみでデカールは付かないのでそれらしく塗り分けをいたしました。

あまり古さを感じさせない、いい感じのモールドでありますね。

003

エッシーのF-5Eは男らしく計器板、サイドコンソールともにモールド無しでデカールのみの再現。

シートの形状もイマイチですが比較対象の意味もこめて敢えて手を加えずシートベルと追加のみで行きます(お判りと思いますがホントは手を入れるのが面倒くさい 笑)

004

そしてスクラッチのF-5A、拡大すると粗が目立ちますが、しょせんデッチアップですのでこんなもんで勘弁させていただきます。

005

ここでこのまま放置するとまた軽く数週間は経ってしまいそうなので、F-5Aのみこのまま具を挟み込みました。

006

前脚は脚庫すらありませんので、プラ板現物合わせでそれらしく造作。

男らしくモールド等は一切なしであります(笑)

前脚パーツそのものも現物とは似ても似つかない感じですのでどうにかしないといけません。

あくまでも三機並行で行くか、それともこいつを先行して進めるか迷いますなぁ。

ていうか三機とも凸モールドなので消えた凸モールドをどう再現するのかも頭の痛いところ・・・

なんか停滞フラグが・・・(笑)

何とか週一更新にペースを戻すよう頑張って行く所存ぞんぞん。

ご無沙汰している皆様への訪問も再開せねば、ねばであります。

それではまた来週ノシ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »