« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

一人F-5祭り F-5E完成

佳境に入ってきました一人F-5祭りです(笑)

相変わらず低めのモチベーションですが、普段よりきつめのウェザリングを施して細部の仕上げ塗装をやっつけ、最後にキャノピーを取り付け無事完成となりました。

Northrop F-5E R.O.C. (Taiwan) Air Force "中正号戦闘機"

台湾空軍のF-5E『中正号戦闘機』完成です。

001

今回もノースロップ純正品(笑)ではなくライセンス生産(ノックダウン)のF-5となります。

WEB上で調べてみたところ台湾での生産は当初(ブロック1)は部品調達率9%でノックダウン生産に近いものであったが、最終(ブロック6)的には47%の部品が台湾で生産されるようになったとのことらしいです。

因みにこの『中正号』の中正とは蒋介石大統領のことを指すそうであります、ふ~む。

002

大昔のイタレリ(エッシー)1/48ですが、組み立ててみると凸モールドとリベットが思いのほか格好良く、精密感もそこそこあります。

中古キット屋さんで見かけたら買うが吉だと思います(笑)

003

ベトナム迷彩風の三色迷彩は、ちょっと実機と色のイメージが離れてしまいましたが、笑ってお許しください・・・

WEB上の画像で見る限り、実機はもう少し赤っぽい茶色でほぼベトナム迷彩と同じ感じに見えます。

004

F-5Aに比べると大型化したインテイクとボリュームアップした機首がなかなか力強くていい感じであります。

発展の過程が目で確認できるのが一人祭りの良いところ(笑)

005

現在は偵察型に改造された一部の機体を除き退役、一部はデコイ(!)として基地に配置されているらしいです。

なんともったいないデコイ(笑)

006


青天白日マークに漢字のマーキングが映えてなかなかエキゾチック(西欧目線 笑)でありますね~

007


中央翼部分も増積されてストレーキっぽくなってますがF-20に比べると控えめであります。

008


とF-20の話題に強引に持ち込んで、本日はこれにておしまい。

お後がよろしいようで(デンデン)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

一人F-5祭り F-5Eもう少し。

また少しご無沙汰してしまいました。

更新はしたかったんですがアップできるほど画像が揃いませんで・・・

製作以外のネタもちょっと考えねばいかんかな(笑)

というわけでF-5Eはデカール貼りと最後の細かい作業に入っております。

004


機首下部のVHFアンテナ類、モールドがだるかったので切り飛ばしてF-20からコンバートしました。

左右にもに2か所のアンテナ的出っ張りがあるのですがこちらは存在を確認できる画像が見つからないので切り飛ばしてそのままにしておきました。

006

照準器はイメージ優先ででっち上げ。

ライセンス生産の台湾製F-5Eに限っていうと画像自体は多いのですが細部まで確認できる画像はあまり見つけられませんでした(検索の仕方が悪いかもしれん)

まあ、最新機材じゃないしねぇ(笑)

003

こんな感じでだんだん完成形が見えてきました。

塗装がメリハリなくのっぺりとしてしまっているので仕上げのクリアー吹きの前にスモークを吹いて生きている機体の雰囲気を出してみようと思いました。

001

そして今の状態・・・タミヤアクリル愛用者の私ですが薄めると吹けなくなるタミヤアクリルの罠に嵌ってしまいました(笑)

細吹きしたくてトリガーを絞ると全く出てこない・・・トリガーを引くとある時点でドッという感じで噴き出してくるんですよね・・・

これ、ツィッターでも話題になってたけど21世紀のこの世の中にまともな模型用水性アクリルがいまだに出てこないのは何故なんだと?

日本のメーカーさんの怠慢ですよ\(*`∧´)/

いつまでもクレオス頼りでどうする!

っていうかタミヤさん頼みます改良してください。

おねがいねっ。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »