« Ⅱ号戦車L型LUCHS(その4)-工作はこんなもんで | トップページ | クロムウェル(その2?)塗装しました。 »

Ⅱ号戦車L型LUCHS(その5)-塗装&フィギュア選抜

塗装開始いたしました。

面記事のコメ欄にも書いたのですが成型色が白なのでエアブラシが入らない部分の塗り残しが目立ってしょうがありません。

仕方ないので筆塗りで吹き残し部分をレタッチしていきます。

まあ、筆も入らないような部分はそもそも見えないであろうということで、そこそこで切り上げておりますが(笑)

最初にサフ代わりのハルレッドで全体を塗装後、ダークイエローで全体塗装。

モデルアート刊のノルマンデイー戦1944の塗装図を参考に自分なりのイメージで3色迷彩と致しました。

Imgp0078

とりあえず基本塗装終了。デカールを貼ってウエザリングに備えた状態です。

ここで疑問発生、果たして私はどこの所属車両を作っているのだろうか。

前述のモデルアート別冊の塗装図のキャプションでは第9装甲師団第9偵察大隊となっているのですが、ICMのインストでは116 Pz. Div. Normandie 1944となっています。

さらに同モデルアート別冊内のテクモド製1/35製作記事内では同じ車両が第116装甲師団所属となっておりまして???

おそらく別冊の塗装図の校正ミスなのだろうと一応の結論。

尚、この車両の車両No.はICMのデカールだと『1121』なのですが、どうやらこれは間違いのようで『4121』が正解のようです(鹵獲車両で画像がいっぱい残ってる)。

なのでデカール貼後”1”を”4”にレタッチしております。

Imgp0079


そしてフィギュア選抜。

ハッチから上半身を出しているのはおなじみタミヤⅣ号付属の彼、砲塔に腰かけてキメポーズをとっているのはドラゴンの タイガーエース ノルマンディー1944のメンバーです。

ちなみにドラのタイガーエース ノルマンディー1944は⊥閣下から頂いた20年物の熟成フィギュアであります(50th anniversary normandie 1944 のシールが印刷されてます 笑)

とりあえず完成状態のめどが立ったので一休み。

あ、そういえばスターアンテナはどうしようか・・・

最悪現地で伸ばしランナーで製作だな。っていうか現地作業はそれだけにするのg

いやいやいや。

気を取り直してクロムウェルの並行製作も進めます。

こちらは安心のタミヤクオリティということで、早くも塗装直前まで来ました。

Imgp0081_2

サイドスカートは取り付けるとキャタの取り外しができなくなるので外したままにしておきます。

こちらもどうやら先が見えてきましたね。

というわけで少しだけ安心して今日はおしまい。

でわでわノシ

|

« Ⅱ号戦車L型LUCHS(その4)-工作はこんなもんで | トップページ | クロムウェル(その2?)塗装しました。 »

模型」カテゴリの記事

コメント

戦車記事考証はよくわかりませんが
航空機で言うところのN氏のような方がおられるのかも(笑)
車番も複数じゃなく1枚のみで判断したとか・・・?
1と4は角度によって同じに見える可能性もありますし。

今回の陸物、フィギュアが必須のようですね。
こりゃフィギュアは密かにバックレようと思っていましたが
逃れられませんね(笑)

投稿: シミヤン | 2015年6月 9日 (火) 19時47分

長文失礼

>116装甲師団…
私はグランパかマスターモデラーズの記事かで116装甲師団との刷り込みがあったんですわ。
ついでに第一SS独自といわれてるイタリアカモのズボンを履いてたりするみたいです(推してる訳ではないです)

ルクスなんてもとの数が少ないので配備したところは限られてると思われますが、定数表はアテにならないのでインシグニアがばっちり写っていればともかく写真のキャプションから場所とか写り込んでる人で推定してるケースもありますね。
ただ116師団は当時ノルマンディ近辺にいた国防軍装甲師団の中では装備がよくてここは新式機材のIV号駆逐戦車も持っていたので確率は高めでしょう。
(装甲教導師団でもパンター大隊は他師団からの借り物、第21師団はフランス製戦車も組み込みの二線級)

ターレットナンバーは写真合わせで良いと思います。スチルの写真だとはっきり写ってたりしますから。(プーマみたく鹵獲車輛だと英軍はマメに写真を残してますね。偵察部隊は欺瞞のためか4桁にしているのをプーマでも見ます)

迷彩パターンは普通四面写真があるわけでなし写真の焼き加減でパターンはわからなくなるし…そもそもドイツは現地判断で迷彩入れてましたから「ノルマンディで光との影」みたいなのでなければAFVモデラーはうるさいこと言わんですよ。

ちなみにデュンケルゲルプ一色とかつて言われていた無線操縦中隊のポルシェティーゲァも最近の説では三色迷彩といわれてるくらいなんで神経質になることはないかな…と。
細目の三色縞迷彩がノルマンディっぽさを演出できるとは思います。

(例外探したらキリがないです 笑)

投稿: XJunで〜す | 2015年6月 9日 (火) 23時26分

追伸
フィギュアですがSSと国防軍で仕立てが違うのはわかる人だけわかる(笑)
ご存じでしたらご免なさい。(IV号のは国防軍)衿章タミヤの戦車兵のデカール貼ってればオケーかと。

投稿: XJunで〜す | 2015年6月 9日 (火) 23時33分

あれ?シミヤン様、フィギュア必須のレギュレーションになっちゃいました?
クロムウェルは本体のみにしようかなと思ってたんですが…
>考証
今回のは考証ミスではなくて校正ミスのようであります。でも私みたいにうっかり者が転載すると間違いが独り歩きしそうですね。WEBみたいに随時訂正できない紙媒体怖い。

投稿: シロイルカ | 2015年6月10日 (水) 19時13分

XJunで~す様、ご教授ありがとうございます。
私は国防軍と武装SSの区別がつかない人ですのでもちろんそのまま行ってしまいます。

特にWWⅡ独軍考証沼とシャーマン沼は深いので陸に関してはなんちゃってモデラーで押し通す所存です。

投稿: シロイルカ | 2015年6月10日 (水) 19時19分

えっ、フィギュア必須になったんですか(汗)
まあだとしても人形師さんいっぱいいますので
現地〇投げで解決♪
シロイルカ様は立ち姿の将校でいいですか?

投稿: ハヤテ | 2015年6月10日 (水) 23時23分

ハヤテ様、人形師と言えばマック様ですがな。

まだ3週間あるとか思ってたらあっという間に一週間とちょっとになってしまいましたねぇ。
土日頑張って現地で楽しなきゃ(笑)

投稿: シロイルカ | 2015年6月11日 (木) 09時32分

考証に悩むな、好きにすべし!。
なんなら「どーぶつ」オススメするぞw。
大概のうるさがたは自己の守備範囲で攻撃してくる。
(その守備範囲事項もオソマツな資料コピペ)
実物と触れ合った事すらない。

ピンポイントな地点時間は別として、代表的な時代服飾ならサポートしますよ。
つか、3色迷彩、上手いナァ、、。

投稿: apuro | 2015年6月13日 (土) 17時49分

皆さんAFVで 燃えておられます
専門外を楽しむ?のはこういう機会がないと
出来ない事で、目標が出来ると 気分も
アップしてきますね フィギアもあると
余計に実感が増します。

投稿: あきみず | 2015年6月13日 (土) 21時44分

apuro様、今回はぐぐるさん頼みで自己完結しちゃいましたが、ドイツ軍軍装はまさに沼ですな…
ほら、ガキの頃はは武装SSも国防軍も気にせずに作って格好いいかどうかだけが評価基準で満足だったのになまじっか浅知恵が付いちゃうとアレですね。

apuro様のどーぶつ路線も深謀遠慮の産物だったのですね(←違う)
>三色迷彩
ほめ殺しはナシですぜ旦那

投稿: シロイルカ | 2015年6月14日 (日) 21時56分

あきみず様、いま私の廻りの狭い範囲でシャーマンとスピットがたくさん製作されてまして刺激されまくりです。

次はひさびさに大戦機かな~と考え中。スピットいいなぁ

投稿: シロイルカ | 2015年6月14日 (日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/61717750

この記事へのトラックバック一覧です: Ⅱ号戦車L型LUCHS(その5)-塗装&フィギュア選抜:

« Ⅱ号戦車L型LUCHS(その4)-工作はこんなもんで | トップページ | クロムウェル(その2?)塗装しました。 »