« 19世紀の捕鯨船(その1) | トップページ | 19世紀の捕鯨船(その2) »

MiG-15ファゴット(その2)

いやいや皆様暑いですね。

土日は冷房のない作業室にこもって工作・・・もできるはずはなく(笑)

最初はもっぱら読書やらゲームにうつつを抜かしてたのですが、

このままでは今週も無更新になってしまう(笑)という強迫観念が襲ってきたため、暑さにうだりながら工作をしておりました。

というわけで今週は捕鯨船はちょっとお休みしてMiG-15のエンジンに手を加えてました。

捕鯨船の評判は上々なのですが、やはりミリモデラーとしての矜持がある・・・わけではなく単純に目についたから(笑)

さて、クリモフVK-1エンジンのパイピングです。言わずと知れたロールスロイス・ニーンエンジンのパチモンですね(笑)

最初はWEBで拾った画像を見ながらできるだけ忠実に、と思っていたのですが、全体の5割ぐらい終わったところで・・・

004_2

『これ以上忠実に再現してもテキトーにやったのと見た目変わらないんじゃない?』

とか

『とにかくごちゃごちゃ感が大事なんだから、あんまり細かいところをリサーチしても・・・以下略』

などの至極もっともな指摘が第2の自分からありまして、結局最後は『らしさ』に重きを置いて(終わらせたい一心で)フィニッシュ。

001

ごちゃごちゃ感は出せたと思いますのでよしといたします(笑)

画像にしてみると細いほうのパイピングをもう少し太いのに変えたほうが模型的には見栄えしそうなのを認識。

めんどくさがらずにホムセンに0.5mmぐらいの銅線を買いに行ってそいつを使ったほうが良かったかな。

002

とはいえこれで見せ場の一つ目はほぼ完了と・・・

003

お次はコックピット。

こちらも画像は豊富に入手できるので、真面目に再現しだすときりがないんですよ(笑)

途中からテキトーになる自分が今から想像できてつらい(笑)

それでは皆様、熱中症にはくれぐれも気を付けて・・・

|

« 19世紀の捕鯨船(その1) | トップページ | 19世紀の捕鯨船(その2) »

模型」カテゴリの記事

模型製作記 MiG-15」カテゴリの記事

コメント

これが適当と言われたら私困りますけん(汗)

キットオンリーを見た事が無いのでデティールアップされた所は分かりませんが、
細かく回された配線にはやはり萌えます♪

投稿: ハヤテ | 2015年8月 3日 (月) 21時56分

ここまで配線されたということは、完成時には胴体後部は
外した状態で展示でしょうか。
モノホンを知らない私なんぞは、これで十分納得します。
ブラックバードはエンジンパーツのないキットで良かった(爆)

投稿: majirisan1954 | 2015年8月 4日 (火) 00時16分

暑中お見舞い申し上げます。

こういうパイピングをスマートに決めてしまう技量に感服致します。
得意とされる質感たっぷりな塗装で際立つんでしょうね。

私も、いつかやってみたいニャ~

投稿: ラッキーユダヤ | 2015年8月 4日 (火) 02時14分

ハヤテ様、キットデフォルト状態でも格好いい感じです。
適当というか例えると肝心なところが見えないエロ画像を延々とチェックして、結局肝心なところが見えなくて、キレて最後は自分好みに捏造した感じですね(笑)

投稿: シロイルカ | 2015年8月 4日 (火) 09時40分

まじり様、はい、胴体はドーリーに乗せた状態か、取り外し可能にしたいです。
>ブラックバード
いえいえ、あそこまでの見栄えにするのはなかなか大変なはずであります。

投稿: シロイルカ | 2015年8月 4日 (火) 09時43分

ラッキー様、本当に暑い日が続いてますねぇ。
歳のせいか今年の夏は例年に増して堪えます。

ハヤテ様のレスにも書きましたが技量というよりはエンジンをダシにしたエロ表現と言えないこともなく(←何を言ってるんだこいつは)

ラッキー様もぜひやってみてほしいニャ~

投稿: シロイルカ | 2015年8月 4日 (火) 09時53分

見慣れた(作り慣れた?)軸流式とは異なる遠心式の構造が興味深いです。やはりどこかで読んだ通り直径は太くなる傾向がありますが、全長は短くできる感じですね。
あくまでも私見ですが、初期のジェットエンジンに関して米英は遠心式中心、ドイツは軸流式中心で開発実用化を進めていたのかなと思ったり。

投稿: realjukuchou | 2015年8月 4日 (火) 22時56分

塾長様、昔読んだ本でうろ覚えなのですがイギリスは遠心式スーパーチャージャーの技術が流用できる遠心式で早期の実用化を図り、ドイツは理論的に多段化によって単位正面面積当たりの推力が大きくできる軸流式にこだわったということだったと思います。そのせいで高品質材料が払底した状態のJumo004はタービン寿命が短く15~20時間でオーバーホールの憂き目に…

投稿: シロイルカ | 2015年8月 5日 (水) 09時32分

パイピングは資料があり過ぎても 四捨五入
しないと細かく通せなくなりそうです。
胴体を外している状態が、浮かんできます
暑さに負けずに チョットはさわって進めたいです
 クーラー部屋でTVか本を見ながらぼーっと
したい気分です。

投稿: あきみず | 2015年8月 5日 (水) 21時36分

ちゃぶ台モデラーは不遇だと思ってましたが、この時期
エアコンが効いたキッチンで模型を作れるのはある意味
贅沢なのかもしれません(笑)
模型は露助ジェットですかね、わけがわからんですわ

投稿: ⊥TT | 2015年8月 6日 (木) 00時29分

あきみず様、私もクーラーの効いた部屋でアイスコーヒーを飲みながら読書がいいです(笑)
>胴体を外している状態
タミヤのキットはドーリーと機首おもり付きなのでキットデフォルトでもその状態になります。

投稿: シロイルカ | 2015年8月 6日 (木) 09時39分

⊥閣下、やっぱりちゃぶモデラーは不遇ですよ、私と比べてはいけないのです(笑)

>露助ジェット
う~ん、閣下の趣味からいうと180°対極ですよね~
ここは生ぬるい目で見てくださいませ。

投稿: シロイルカ | 2015年8月 6日 (木) 09時44分

パイピング、いいですね~。
ごちゃごちゃ感がたまりません。

雰囲気重視でいいと思います。

9割以上の方は正確かどうかはわからないと思いますし
逆に「お~配線パイピングが素晴らしい」と思うと思います。
本当に正確にしちゃうと変に嘘っぽくなるかもしれません(笑)

投稿: シミヤン | 2015年8月 7日 (金) 00時01分

シミヤン様、ありがとうございます。
最初はこれは多分電装系とかこのタンクは潤滑系?とか想像しながらやってましたが、ご想像通り最後はえいやっ…でやっつけましたです。

もし詳しい方にツッコミいただけたらそれはそれで本望だったり(笑)

投稿: シロイルカ | 2015年8月 7日 (金) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/62011123

この記事へのトラックバック一覧です: MiG-15ファゴット(その2):

« 19世紀の捕鯨船(その1) | トップページ | 19世紀の捕鯨船(その2) »