« 第10回模型合宿(その2) | トップページ | ドイツ野戦憲兵(その1) »

銀河(その-8)完成!

銀河完成です。

合宿で完成させた銀河ですが、記事のタグ付けの関係というまったく皆様にはどうでもいい理由で別エントリにしております。

決してじらしプレイとかではありませんのでご容赦ください(笑)

持ち帰ってからアンテナ線だけ施して完成です。

Kugisho P1Y1 Ginga ”Frances”Type11

もとは空技廠が開発した急降下爆撃も出来る陸上攻撃機というコンセプトモデルです。

量産を考慮した設計ではなかったので、生産に当たって中島飛行機が血涙をながすことになりました。

001

でもまあ、なんといっても格好良い、格好良いのは正義でありまして、これといった戦果が無いのも、故障がちで乾坤一擲の作戦で脱落機が多数出てしまうのも『まあ、しょうがないね。』で許せてしまうのです。

002

特に斜め45度ぐらい後方からの姿が細い胴体と長い主翼が強調されて好きです。

女子バレーボールの選手みたいな感じ(伝わるかな?)

003

欲張った設計の機体にありがちな、トラブル続きで活躍の機会が得られない感じも不憫さが強調されてよかったりして。

004_2

キットは1/72ということを考えると充分な出来ではありますが、ディティールに関しては少々寂しい感じが否めません。

1/48で気合の入った出来のキットが欲しいところです。

005

今回は日本機らしくリベットラインに沿って塗装の剥離した状態を再現したくて、フルリベット&銀剥がしを施しております。

単調にならず、かといってやりすぎないよう程よい塩梅に施すのに結構苦労しました。

006

最終的に満足という出来には至りませんでした。習作ということで次回の糧にしたいと思います。

007

というわけで、長々とお付き合いありがとうございました。

次回は合宿ビンゴキットのご紹介でも・・・

(まだ合宿ネタで引っ張るのか)

**********************

追記

これにて作左様よりの爆撃キット二個目完成であります。

忘れた頃に三個目を・・・

|

« 第10回模型合宿(その2) | トップページ | ドイツ野戦憲兵(その1) »

模型」カテゴリの記事

模型-AIR」カテゴリの記事

模型製作記 銀河」カテゴリの記事

コメント

これこれ、この出来で練習品などと言われると
困ります(汗)

斜め後ろ45°からの・・・・
賛成でありますが、少し後ろ直上からのアングルも
かっこよかったであります(^^♪

投稿: ハヤテ | 2016年6月26日 (日) 19時51分

銀河も細くしまった足首・・・じゃなく胴体と
長くサラサラな髪の毛・・・じゃなく主翼がなんとも言えませんね。

この銀河と零式三座と飛燕Ⅱ型の48キットが欲しいです。

投稿: シミヤン | 2016年6月26日 (日) 22時06分

横レスになります。
シミヤン様 ニチモの零式三座のキット
もうワンセットありますのでおくりましょうか?

投稿: ハヤテ | 2016年6月26日 (日) 23時13分

これって1/72だったんですね、今知って驚愕です。一面に打ち込まれたリベット痕を見ていたらてっきり1/48と思い込んでいました 大変素晴らしい物を拝見させて頂きました。

投稿: マック | 2016年6月26日 (日) 23時19分

ハヤテ様、いまでももう少し派手にやればよかったかなという気持ちと過ぎたるはなんとやらだからこのぐらいでいいのだという気持ちが交互に湧いてきます(笑)
もうすこし部分的にメリハリつけられたかな…と

投稿: シロイルカ | 2016年6月27日 (月) 12時35分

シミヤン様、そうそう肉が付きだす前の女子アスリートなんですよ、高校生の頃の大林素子とか(古っ!笑)
1/48の零式三座水偵のキットが出ないのは本当に理由がわかりませんね。バッテイングを恐れてるのかなあ?

投稿: シロイルカ | 2016年6月27日 (月) 13時53分

マック様、ありがとうございます。そう言っていただけますと作ったかいがあります。
1/72でフルリベットは私も初めてのチャレンジですが、やっただけの効果はありました。
次はリベット打ちなしで一機作りたい(笑)

投稿: シロイルカ | 2016年6月27日 (月) 13時53分

リベットに沿っての剥がし具合が、丁度
いいですね 空技廠の設計は理想を求め
過ぎて生産性を考慮してないのが
多いです フォルムは日本的に美しい
のが、愛されているのでしょう 
斜め後ろ45°から見た垂直尾翼までの
流れがいいですね。
お疲れ様でした。

投稿: あきみず | 2016年6月27日 (月) 21時21分

あきみず様、>日本的に美しい のが、愛されている
ああ、解るような気がします。設計主務の三木 忠直氏のセンスなんでしょうか。
すべてはエンジンの制約ゆえなんでしょうが日本機らしい繊細さが胴体ラインに現れている気がします。(思い込みかもしれませんが)

投稿: シロイルカ | 2016年6月28日 (火) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/63831468

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河(その-8)完成!:

« 第10回模型合宿(その2) | トップページ | ドイツ野戦憲兵(その1) »