« ドイツ野戦憲兵(その1) | トップページ | ドイツ野戦憲兵(その3)援護射撃着弾 »

ドイツ野戦憲兵(その2)

ご無沙汰でございます。

ドイツ野戦憲兵ですが、初レジンフィギュアなのでとりあえずマジックリン溶液に10日ほど漬けてみました。かなり古いキットで溶剤分はすでに揮発していると思うのですが、サンペかけるとほのかに溶剤のかほりが漂ってきますので念のため(笑)

そして下塗り。え~と、レジンプライマーなるものを持っておりませんので、手近にあったサフェーサーで下塗りを行いました。

001

うわさに聞くピンホールなるものが数点浮かび上がってきましたので、パテで退治しました(笑)

ほんとにレジン状態だとよく見えないのね。

002

MP40。銃身が少し長すぎる気がしたので少し切り詰めましたが、まだ少し長いかも・・・

003

フィギュアの顔のお化粧・・・さすがにこのサイズになるとフェイクは効かないので目にはアイラインを入れました。

このままだと大衆演劇の目貼り状態なので肌色で外側からラインを攻めて極細アイラインとしています。

顔の造形はいまいち気に入らないんだけど、修正するようなテクはない(というかどこがどう気に入らないのか時分でも把握できない 笑)のでこのままいきます。

004

うん、なんちうか悪役顔・・・

ターミネーター1945的な(笑)

で、次は小物をちまちま仕上げていきます。

気長にお付き合いください。

う~、飛行機が作りたい(←現実逃避)

それでは。

|

« ドイツ野戦憲兵(その1) | トップページ | ドイツ野戦憲兵(その3)援護射撃着弾 »

模型」カテゴリの記事

コメント

う~ん、何とも怪しげな・・・(笑)

夏は船がええであります。

投稿: ハヤテ | 2016年7月25日 (月) 20時22分

レジンプライマーなるものが必要なんですね、
ピンホールをパテでチャチャっと修正なさるとは流石です。

私は飛行機から遠ざかってクルマとバイクばかりですが飛行機の意欲は以前よりUPしています。
なので作りたい飛行機がどんどん溜まっています(汗)

投稿: ラッキーユダヤ | 2016年7月25日 (月) 23時09分

ハヤテさま、怪しげですか(笑)
このサイズのフィギュアは初めてなので私も手探りなのであります。
まだ手ごたえはありませんねえ(笑)

>夏は船
はい、私も船か水上機がよろしいと思います。

投稿: シロイルカ | 2016年7月26日 (火) 09時34分

ラッキー様、私も最近飛行機ばかり積んでまして今は気分的に70~80年代の主力戦闘機や攻撃機が作りたいのです。
プロペラ付きももちろん作りたいのですが、この時期水上機も捨てがたい…ああ(笑)

投稿: シロイルカ | 2016年7月26日 (火) 09時37分

もう完成しているのでは ないですか
顔の雰囲気はターミネーター的です
フィギアは目と肌色が難しですけど 
きっちりできています。

投稿: あきみず | 2016年7月26日 (火) 21時05分

このサイズのフィギュアは作ったことがないので
(大昔のDr.スランプ アラレちゃんとナウシカを除く)
塗装は未知の世界です。

ドイツ兵はコンバットを例にしてもごく一部を除き
つねに悪役なんで欧米製キットのドイツ兵はすべて悪役顔?(笑)

このサイズに限らずフィギュア塗装
特に顔の塗装は塗料の使いまわしさえわかれば
化粧のうまい女性のほうが素晴らしい作品を作られるように思うんですが
女性って、こういう趣味は無いんですかね?

投稿: シミヤン | 2016年7月26日 (火) 22時23分

あきみず様、まだまだ進捗50%ぐらいでしょうか。
フィギュアは飛行機や戦車などとは違う作業のキモがあるような気がしまして、最近何となくそれが掴めそうな気がするんですが、実はまだまだなのです。

投稿: シロイルカ | 2016年7月27日 (水) 09時35分

シミヤン様、仰る通りこのサイズになると立体塗り絵とかお化粧の呼び名がふさわしくなります。
実際キャラクターフィギュア界隈では女性が活躍してそうなイメージがあるのですが、実態はどうなのでしょう?
尚、私のヲチしてる周りだとガルパンフィギュアやフィギュア原型師皆さん男性ばかりの気がします(笑)

投稿: シロイルカ | 2016年7月27日 (水) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/63965613

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ野戦憲兵(その2):

« ドイツ野戦憲兵(その1) | トップページ | ドイツ野戦憲兵(その3)援護射撃着弾 »