« ドイツ野戦憲兵(その2) | トップページ | ドイツ野戦憲兵(その4)完成 »

ドイツ野戦憲兵(その3)援護射撃着弾

さて、人気のない120mmフィギュアです(笑)

塗装を始めるにあたって一番困ったのはマイナーな着衣、マック様いうところの『バイク兵のつなぎ』の資料がないこと、まあ適当に箱絵通りに塗っておこうと思っていたところ軍装の玄人apuro様より『ゴム引きのレインコート』であると詳細情報をいただきまして、画像も提供いただきました。

想像も含めて判明したこと、ゴム引きのレインコートですが裾がスナップ止め可能になっており、スナップを留めると裾がズボンのようになりオールインワン風になるやつ、のようです(もしかしたらスナップではなくボタンかもしれない)。

提供いただいた画像を参考に塗装を進めました。

001

素材感の違いをちゃんと出すように言われましたが、とりあえず塗るのに精いっぱいであります(笑)

002

後姿、背中にはツェルトバーンを背負っているのですが、そもレインコートを着た上にさらにポンチョ(ツエルトバーン)を持ったりするものなのかとの疑問を呈されました。

確かにそうなのですが、とりあえずこれが付かないと間抜けに見えるのでそのままにしておきます。

003

お次はガスマスク・・・

一応ストラップはモールドされているのですが、そのまま付けるとストラップ位置がおかしなことになるので片方を切り飛ばし鉛板でそれらしく作り直します。

0.3mm銅線でDカンをそれらしく自作して取り付け部分を造作。

004_2


さらにMP40もストラップをそれらしく造作いたします。こちらは豊富に画像があるのでそれらしく。

ちょっと幅が広すぎたかもしれん・・・作り直さないけど(笑)

005


現在の状況、停止信号用のシグナルボード(?)、これの正式名はなんていうのかな?○×ゲームで挙げるような持ち手付きのやつ、これを右手に握らせれば完成ね。

あとは各部の素材感の追求。

ていうかそれが一番むずかしかったりする。

レインコートはドライブラシのツヤが残るのでそれを生かせばよいかな。

あとは(ごにょごにょ)

まあ、試行錯誤します。

次回は完成予定ということで、今日はここまで。

それでは。

|

« ドイツ野戦憲兵(その2) | トップページ | ドイツ野戦憲兵(その4)完成 »

模型」カテゴリの記事

コメント

改めてみるとフル装備なんですね。
武器も拳銃(P38?orルガー?)にMP40、
ナイフは持っていないんですか?
装備品だけでも結構重そうですが、これに
制服の上にゴム引きのレインコート・・・
兵隊さんは強い!

投稿: シミヤン | 2016年8月 2日 (火) 00時55分

シミヤンさま、確かに全備重量結構なものになりますね。
前線で誰何するためにサイドカーで移動のようですので取り敢えず持てる物はすべて持っていく仕様なのかもしれません。
とにかくガスマスクは邪魔ですよね。

投稿: シロイルカ | 2016年8月 2日 (火) 09時32分

エエ具合にまとまりましたね。
このコートの裾、というか全てボタン止めです。
厚くて硬いゴム引きですのでボタン止めも難渋します♪。 シグナルボードはHALT大型憲兵指示棒らしいがでーつ語だとフェルトポリッツアイッテンゲンウンタラカンタラウントアチャラカナントカになる予感。
http://www.kampfbataillon.com/cgi-bin/shop2frame.php?PPPID8=05fcfd85d062f0adb067ad16dd71c30d&s0=121063106701&v=20&a=0&f=0&g0=140127194212&g1=001003003000000 ←○Xのウラはこんなふう。
ガスマスク缶はバイクのハンドルに付けて移動するよーん。

投稿: apuro | 2016年8月 2日 (火) 18時02分

なんか説明不足で返って悩ませてしまいましたね、すみません。
 ゴム製なのでその艶のコントロールが難しそう、変に艶を出すとおもちゃっぽくなるのが怖いですね

投稿: マック | 2016年8月 2日 (火) 21時00分

これで十分だと思いますが、私は解らない所は
好きにしてもいいと派で やっています。
ガスマスクやら色が、それらしくて、いいと
思います 艶の出し方って難しいです

投稿: あきみず | 2016年8月 2日 (火) 21時20分

apuroさま、及第点ですか?よかったっす。
>ボタン止めも難渋
あ、追加情報ありがとうございます。
匂いのことやらこういうことは本物の軍装コレクターじゃないとわからないですね。(軍装本があればいいのかもしれませんが)
授業料払って集めた情報を提供してもらえるんだからやめられません(何を?)

投稿: シロイルカ | 2016年8月 2日 (火) 22時02分

あ、マックさま、何を仰いますやら。
そも前提知識皆無の私に説明するのが一苦労ですし。
これからもお願い申し上げます。
>おもちゃっぽくなる
大型フィギュアのジレンマですかね、リアルと忠実の兼ね合いがキモですね。

投稿: シロイルカ | 2016年8月 2日 (火) 22時06分

あきみずさま、人様に読んでいただくので正確な情報がいただけるのはありがたいと思ってます。
(過去の記事で赤面物の手前薀蓄を書いていたりするので)
もちろんやり取りそのものが楽しいというのもあります。双方向コミュニケーションがWEBの醍醐味ですし。

投稿: シロイルカ | 2016年8月 2日 (火) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/63997721

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ野戦憲兵(その3)援護射撃着弾:

« ドイツ野戦憲兵(その2) | トップページ | ドイツ野戦憲兵(その4)完成 »