« F-16B始めました。 | トップページ | F-16B(その3)またまたひさしぶりに進めました。 »

F-16B(その2)ひさしぶりに進めました。

お久しぶりです。

皆様へのご訪問も、更新も滞っておりました・・・夏の終わりはメランコリーのシロイルカです。

常設の製作スペースがないちゃぶモデラーなので、ちょっと精神的に余裕がなくなると模型を広げる機会が激減するのであります。

まあ、言い訳ですが・・・

さて、自分でもさすがにまずいと思っておりまして、井戸水でいうところの呼び水的に何か作れば模型の神様が下りてくるのではないかと思いまして、新しい箱を開けました(えっ?)

001


開けたのはえあひっくすのホーカー・フューリーです。見るからに古そうな成型品ではありますが部品も少ないし形もわたし好みなのでモチベーションも上がるかなと(笑)

羽布張り表現のつもりなのか成型品の表面はガタガタでやる気をそぎますが思ったより合いも悪くないので丁寧に表面仕上げをしてやればいい感じになりそうです。

で、思惑通りちょっとだけ模型神が降臨する気配を感じましたので一気にF-16にも手を広げました。

002

三連休の最終日にやっとコクピを塗装、これだけを進めるのに一か月もかかる私って・・・

003


具を挟み込んで接着、胴体上下の合いが今一つよくないのでここで一頓挫。

それでも一か月ぶりの更新が出来ましたので良しといたします(笑)

やる気のあるうちにと、各部の放電索も造作いたしました。

004


005


私勘違いしておりましたが、この放電策は落雷用ではないのですね、飛行中の帯電放出のためだとは調べるまで知りませんでした(無知)

機首のライトニングストリップと同じ働きなのかと思い込んでおりました。

このへんは現用に疎いのでご容赦であります。

こういう発見があるのが雑食モデラーの楽しみでありますねぇ。

と、強引にオチを付けて本日はおしまい。

それではみなさま近いうちに。

|

« F-16B始めました。 | トップページ | F-16B(その3)またまたひさしぶりに進めました。 »

模型」カテゴリの記事

模型製作記 F-16B」カテゴリの記事

コメント

めらんこりーなチャブ?
>井戸水でいうところの呼び水的・・
井戸の呼び水なめんな
川水汲んでからこぎまくり。
ヘトヘトになったあたりで清浄なる地下水を得るのだぞ。

ま、模型的には正しいのカモ、、、。

投稿: apuro | 2016年9月21日 (水) 18時17分

呼び水、私の場合本流になってしまいそうで
チョット怖い作戦であります(笑)

脳内にはあれやこれと作りたい物はあるのですが、
現在の製作スピードを考えたらやっぱり無理そうです(汗)

計器類は塗り分けだけなんですか?
流石であります(羨望)

投稿: ハヤテ | 2016年9月21日 (水) 20時34分

呼び水作戦成功ですね ホーカー・フューリー
が出て来るのが、素晴らしい派手なマーキングを
期待しています。放電索の真鍮の模様は
付けられたのですか? バッチグー

投稿: あきみず | 2016年9月21日 (水) 21時13分

お久しぶりです。
エアフィックス48のフューリー!

もともとはパイロとかライフライクとか、そのあたりの製品ですよね。
そろそろ48で新製品が出てもよさそうな機種と言う気もするのですが、出ませんねえ。

投稿: かば◎ | 2016年9月22日 (木) 13時03分

apuroさま、実は手押しポンプの井戸に呼び水をしているのは子供の頃に1回しか見たことありません。
汲み置きの水をくみ出し口に流し込んで20回ぐらいだったような気がします。あれはちょっと面白かった。
たいへんさは水源の深さにもよるんでしょうね。
って、模型の話はどこいったw

投稿: シロイルカ | 2016年9月22日 (木) 17時53分

ハヤテさまは、コース料理のように一品づつ製作するタイプでありますよね。私には出来ないやり方であります(私は行き詰るとすぐ浮気するタイプです 笑)
依頼品もきちんと片付けながらのあの製作ペースはさすがだと思います。
>脳内
ああ、それは良くわかります私もあれこれ構想(妄想)だけはたくさん(笑)

投稿: シロイルカ | 2016年9月22日 (木) 17時58分

あきみずさま、このフューリーはビンゴでの頂き物であります。お店では見かけたことありませんで今回が初見です。
塗装は派手なのが2種デカールで付いてますのでご期待に沿えそうです。
(無事完成すればの話ですが…)

投稿: シロイルカ | 2016年9月22日 (木) 18時03分

かば◎さま、お久しぶりです。
>パイロとかライフライク
あ、そうなんですね、グラジエーターあたりの機種になるとキットに恵まれてますが、これとかブルドッグは古そうなキットしかありませんね。
やっぱり大戦間機は不遇なんですね、ICMあたりでやってくれないかしら。

投稿: シロイルカ | 2016年9月22日 (木) 18時14分

あ!あのエアフィックス48のホーカー・フューリーですね。
私のネタでしたが、箱を開けた途端ビンゴ行きとなったキットで
何故持っていたか不明(笑)

F-16Bも良いですね~。
コックピットの凹凸モールドは弄り無しのパーツですか?
放電索もGJです。

投稿: シミヤン | 2016年9月25日 (日) 19時31分

ああ、やっぱりシミヤン様の放出品でしたか♪
シミヤン様の放出品は制作意欲をそそるアイテムが多いですからね(作りやすいとは言わない 笑)
これ、欲しくても入手は難しいですよね。
>コックピット
ハセのこのキットモールドバッチリですが計器板デカール付いてません。昔のハセはそうでしたっけ?

投稿: シロイルカ | 2016年9月26日 (月) 10時35分

どうもすみません。私の記憶違いで、エアフィックスの48フューリーと、パイロのキットは別物でした。

ただし、エアフィックスのフューリーも、もともとメリットが半ばまで開発した未発売キットをエアフィックスが手直しして出したものだそうです。

元パイロ~ライフライクのキットはフューリーではなくグラジエーターでした。これもローデンの新製品が出るまでは48唯一のインジェクションでした。
もっともローデンの48も、せっかくの新製品だったのに主翼の迎え角がまるっと無視されていて、ちょっとがっかり。今のところ、グラジエーターの一番いいキットは最近出たエアフィックス72かもしれません。

投稿: かば◎ | 2016年9月26日 (月) 21時50分

かば◎さま、わざわざの訂正ありがとうございます。キットのルーツはそれとして『古くて表面処理がアレ』の割には合わせが悪くないので制作意欲が損なわれません。
>グラジエーター
ローデン/エデュアルドのキットはぱっと見はよさげに見えますがそうなのですね。

投稿: シロイルカ | 2016年9月27日 (火) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/64231471

この記事へのトラックバック一覧です: F-16B(その2)ひさしぶりに進めました。:

« F-16B始めました。 | トップページ | F-16B(その3)またまたひさしぶりに進めました。 »