« Hawker Fury biplane(その3)細かいあれこれ | トップページ | Hawker Fury biplane(その5)完成! »

Hawker Fury biplane(その4)リギング&雑多なこと

先週は寒かったですね・・・

今これを書いている月曜日は馬鹿みたいに暖かくて、おかげで体中あちこちが痛い(?)

これは体調崩すよね。

というわけで先週のあれこれ、

その1以前のエントリで書いたフィールドスコープのデジスコなんですけど、自作のアダプターがいまいち振動に弱くてホントは実用に難があったのでした(笑)

しかし、われらのビクセン(英軍機じゃないよ)さまが汎用のアダプタを発売してくれたのです。

001


これで流石に飛行機や飛行中の鳥は無理だけど、それ以外はほとんどいけそうな塩梅です。

とはいえ寒いのでまだ使ってなんですけどね。

その2

ちょっと用事があって普段より遅めに出勤した日についでに駅までの順路を変更して京急デハ236の展示してある公園を通ってみました。

わたしは鉄分低いのですが一緒に展示してある蒸気機関車(国鉄9687)は屋根付きの展示スペースなのに比べ、野ざらしで相当劣化しているという話を聞いたからです。

たぶんまじまじと見るのは5年以上ぶり・・・

002

自動露出で露出があってないので見づらいのですが、もうスクラップ寸前に見えます。

鉄ちゃんじゃない私でもさすがに胸が痛みます。

わが市は政令指定市以外では日本で三番目に人口の多い自治体らしいですが、ご多分に漏れず公共工事や環境整備の予算が減ってきているのが体感できるぐらいここ数年はビンボーくさい状態なのであります。

(道路が荒れてきてたり、公園のペンキが剥がれてフェンスが錆び放題だったり、街路樹が伸びていても剪定されなかったりしているのが目立ってきました)

もうね、メンテできないんだったら完全にスクラップになる前に払い下げるなりなんなり手を打とうよ・・・

追記:この件はかば◎様のご指摘で、すでに京急への返却が決定していることが判りました。(これを読むことは多分ないとは思われますが)関係者の方には申し訳ございませんでした。よかった。

**************

さて、複葉機の鬼門にしてメインイベントのリギングです。

過去の複葉機製作でリギングに使用した材料。

ピアノ線⇒(ギター弦)テンション、直線の維持はいいのですがちょっと太い&加工性が悪い

真鍮線⇒加工性は良いけれど、曲げ力に弱く直線が維持できないので取り扱いに難あり。

と一長一短なので今回はポリエステルのミシン糸にチャレンジしてみました。

金属線の場合はターンバックルを無視して長めに切った金属線をテンションを利用してはめ込んだわけですが、糸の場合はターンバックル埋め込みの下工作が必要。

画像を撮るのを忘れましたが極細の金属線をねじねじしてターンバックル風の金属環を大量生産します(すぐ紛失するので大量に必要です 笑)

すべての始点に埋め込んだら上翼側に長めに切ったミシン糸を縛り付けて下ごしらえ完了。

003

あとはひたすら忍耐です。

取り回し上内側になる部分から結束を開始して、弛まないようにテンションに気を付けながら作業を続けます。

途中で必ずキレます(精神的に)ので適度にストレス解消を図りながら作業をします(笑)

004

丸一日を費やして完了。

金属線に比べ細いので実機の画像に近いイメージになるのがいいですね。

但し、すぐに弛むのでテンションのかけ方に気を使う必要があります。

(数本あとから弛んでやり直しました。)

005

弛み対策としてはポリエステルスパンのミシン糸を使うのがいいかも知れません。

こんど手芸用品店を物色してみよう。

ちうわけで完成までもう少し・・・

ではまた来週ノシ

|

« Hawker Fury biplane(その3)細かいあれこれ | トップページ | Hawker Fury biplane(その5)完成! »

模型」カテゴリの記事

模型製作記 Hawker Fury」カテゴリの記事

コメント

黒パンスト。

投稿: apuro | 2017年1月30日 (月) 19時36分

いやはや凄い事やってますね。
南京締めでテンションOKなんちゃって(笑)

投稿: ハヤテ | 2017年1月30日 (月) 21時19分

apuro様、パンストは破るのは簡単ですが、ほぐして均等な糸を取るのが案外めんどい(笑)
あと、わっかをくぐらせるのが難しかったり。

投稿: シロイルカ | 2017年1月31日 (火) 09時32分

ハヤテ様、学生のころトラックの助手のバイトもしましたがあれは覚えられなかったです(笑)
亀甲縛りは…なんでもないです。

投稿: シロイルカ | 2017年1月31日 (火) 09時34分

最初の画像は、カメラの付属パーツなんですか。
張線よくターンバックルを作りミシン糸で
作業されました 。これがクリアーできないので
複葉機はパスしています。

投稿: あきみず | 2017年2月 1日 (水) 20時21分

張り線をまともに取り組む作業って憧れます!
私はいつもピアノ線なんで・・(('◇')ゞ

いつか頑張って貼ってみようと思いますっ!

投稿: SAIUN | 2017年2月 1日 (水) 20時39分

写真の京急車両、コレですかね?

http://mainichi.jp/articles/20161004/k00/00e/040/112000c

京急に引き取られるなら、きちんとしたレストアが受けられそうです。

投稿: かば◎ | 2017年2月 1日 (水) 22時57分

あきみず様、私には手書きマーキングのほうがハードル高く感じますので人それぞれなんですね。
>最初の画像
スマートフォンのカメラを望遠鏡などの接眼部に付けて撮影を可能にするアタッチメントになります。
手軽に望遠撮影が可能になるのです。

投稿: シロイルカ | 2017年2月 2日 (木) 09時52分

SAIUN様、零観ぐらいの近代的複葉機は金属線でも違和感ない気がします。
この機体ぐらいになると微妙にビンテージ感が出るので糸がいいかも(単に気分の問題かも 笑)

投稿: シロイルカ | 2017年2月 2日 (木) 09時56分

かば◎さま、あ、これであります!
このニュースは知りませんでした。
すでに無事に引き取り先が決まっていたのですね。それは良かった。
市立科学館も肩身が狭かったでしょうから京急に返すことができてホッとしてるでしょうね。

投稿: シロイルカ | 2017年2月 2日 (木) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/64829237

この記事へのトラックバック一覧です: Hawker Fury biplane(その4)リギング&雑多なこと:

« Hawker Fury biplane(その3)細かいあれこれ | トップページ | Hawker Fury biplane(その5)完成! »